お勧めの本♪【住まいの解剖図鑑_心地よい住宅を設計する仕組み】


今日は、家づくりを考えている方に、とってもおススメの本をご紹介します!!


 

住まいの解剖図鑑―心地よい住宅を設計する仕組み 住まいの解剖図鑑―心地よい住宅を設計する仕組み

エクスナレッジ 2009-11-20
売り上げランキング : 9190
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
byG-Tools


帯には、こう書かれています。

  なぜそうなっているのか?
  現代の住宅をかたちづくるありふれたモノやカタチには
  「ありふれるワケ」があるのです。

その、ありふれるワケを知ること とは何なのか?

著書の前書きにもありますが、、
ありふれたカタチにこそ、先人が試行錯誤しつつ蓄積してきた定石があり、
「それ」 を知っているからこそ、、自分の判断力を照らし合わせて、、
確かな裏付けのもとに、設計することができる。。。
なので、、「 ありふれたワケ 」が、とても大切なヒントになるのです。

私たち設計者が心を配ること、、悶々と葛藤すること、、
その裏に、こんな、定石があるんだ~と知るだけでも、
ご自身の住まいを考えるときのヒントになってくれるハズです。

注文住宅、、家は、洋服と違って、
試着してその心地を比べることはできませんし
車と違って、試乗して買うこともできません。
間取りを決める時も、つくって住み比べることはできません。
また、気にいらないからと云って、簡単に手放すコトもできません。

よく私も使わせていただくフレーズに
「 家づくりは 取捨選択 の連続 」 というものがあります。
( この本のなかでは、CUT&GETの場面 と表現されています )

例えば家づくりの取捨選択の場面は、こんな感じ。。

   無垢の床がいいのか?床暖房がいいのか?
   キッチンのレイアウトを優先して特注するのか?既製品にするのか?
   将来を考えてトイレを広くつくるのか?つくらないのか?
   来客用の部屋ってホントに要るのか?要らないのか?

ひとつのモノを選びとるために、何かを取り、何かを捨てる。。
非常にタイヘンな作業で、家づくりの楽しさも吹き飛び疲れてしまうほど。。
でも、そんなとき、この本は、取捨選択の判断基準になってくれると思います!!

例えば、、
お客様の 「和室がほしい」 の一言から私たちが連想すること、、
和室を考えるときのプロセスは以下のような感じ、、

   住まい手の考えている和室がどんなものなのか?
   きちんとした設えがしてあっての和室なのか?
   そもそも畳が敷いてあれば和室なのか?
   応接?茶の間?くつろぎ?
  
   入口の取り方で、和室の性格も変わり、、
   段差の取り方で部屋の性格づけも変わるし。。

   畳の敷き方についてどうする??

などなど、、こうして私たち設計者の頭で巡らされるプロセスを、、
と~っても分かりやすく、図入り、、間取り入り、、イラスト入りで
この本では説明されているのです!!

こういったプロセスが分かると、、
住まい手である皆さんから つくり手側(私たち)への要望、、
皆さんが設計者に 「 こうしてください 」と伝える要望も
伝えやすくなるハズ☆

なぜなら、自分でも、設計のプロセスを辿るから、、
自分自身で整理できて、、提案された間取りや素材に
YES/NOをつけやすくなると思うのです。

ベッドのレイアウトで、どんな暮らし方になるのか?など、、
自分の暮らしに伴う行動を再確認も出来るし、、とにかくオモシロイです!!!

プロも改めて読むと、ウンウンと頷くこと多々。
素晴らしい視点で書かれた一冊です。ぜひ!

いいひブログで好評の、「間取りのヒント」もそんな視点から書いているモノ。
この本の素晴らしさには到底及びませんが、
また、私なりの噛み砕き方で、色々お伝えしていこうと思います!!

夜中に目が覚め、、珍しく眠れなくて朝を迎えてしまった今日。
新しい朝はキモチいいですね!!いいひにしよう♪
コーヒーを淹れキモチを切り替えガンバリマス☆
ではでは、、素敵な火曜日をお過ごしくださいね~♪ (出美)

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ  ←にほんブログ村参加しております
  最後まで読んでいただき
  ありがとうございました!

≪ 過去ブログ もよろしかったらどうぞ♪ ≫
 間取りのヒント「LDK続き間和室編」 
 1帖トイレ_バリアフリーレイアウト考
 間取りのヒント「シューズインクローゼット」

Comments [4]

いいひさんおはようございます

昔、幼少期、テレビが禁止でした。。。
その代わり、本だけはいろいろ買って貰いました。
なので活字に対してのアレルギーはまったくと言っていいほど
ないので、最近また本を読みはじめています。

寝る前の活字を読むひととき。。。忘れかけていました。
凄く新鮮でこんなにも楽しい物なのかと改めて感じて
おります。
僕が好きな作家はベタですが、村上春樹です。
ノルウェーの森を、中学生のクリスマスの日に親からプレゼントされ、それから村上春樹ファンになりました。

いいひさんの紹介する書物。。。凄く良さそうなので
チェックしてみます。

こんにちは

私も家造りをしている真っ最中です。
間取りはほぼ決まりかけですが使う素材で難航中です・・・。

アンテナを広げて情報収集・・・その、難しさを目の当たりにしているところです。

本屋さんで探してみます。
素敵な情報ありがとうございました。

ブログ300回おめでとうございます。
家つくりで迷っているときに道標のようなブログでした。
「間取りのヒント」・・本当に助かりました。

沢山の感謝をこめて・・・

jin様

こんにちは!コメントありがとうございます~♪

ノルウェーの森、赤と緑の表紙、、懐かしいですね。
村上春樹はこれしか知りませんが、
私も大好きで何回も読み返す本なんです!!

この本の世界観、、描写、、人物像すっごく好きです。
ワタナベ君のある意味孤独なところ、行動パターン、
ホント幾度となく読み返したことでしょう。。。

そんな本をプレゼントされるなんて、、
素敵なご両親ですね~!!
私も親だったらそうなりたいですね(笑)

今度映画化されるんですよね。
どうなのか楽しみ反面自分のなかで
映像化されているところもあるので
裏切られたくないな~みたいなところもあります。

この本も是非。今度お貸ししますよ~♪

cedar様

コメントいただきありがとうございます!!

>ブログ300回おめでとうございます。
>家つくりで迷っているときに道標のようなブログでした。
>「間取りのヒント」・・本当に助かりました。

そう仰っていただけて、私もとても嬉しいです。
家づくりは大変なこともありますが、
ひとつひとつ向き合えば向き合った分、
少なくとも知らなかったことで生じる後悔は無くなります。

ぜひ、家づくりのその過程を楽しんで
素敵な家づくりをしてくださいね!!!

いただいたコメント、更新の励みになりますし
ご相談内容から私も改めて学べます。
私こそ心から感謝いたします。
ありがとうございました!!!!

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 307627BB-6039-4614-A330-03165C540D00.jpg
  • IMG_6843.jpeg
  • 20180604-P6040849S.jpg
  • IMG_5281.JPG
  • 20190413-P4130078-2s.jpg
  • 20170619-DSC09192.jpg
  • 20150524-P5240030s.jpg
  • 06172017SUMMER.jpg

アーカイブ

  1. 2020年12月
  2. 2020年10月
  3. 2020年9月
  4. 2020年7月
  5. 2020年6月
  6. 2020年5月
  7. 2020年4月
  8. 2020年3月
  9. 2020年2月
  10. 2020年1月
  11. 2019年12月
  12. 2019年11月
  13. 2019年10月
  14. 2019年9月
  15. 2019年8月
  16. 2019年7月
  17. 2019年6月
  18. 2019年5月
  19. 2019年4月
  20. 2019年3月
  21. 2019年2月
  22. 2019年1月
  23. 2018年12月
  24. 2018年11月
  25. 2018年10月
  26. 2018年9月
  27. 2018年8月
  28. 2018年7月
  29. 2018年6月
  30. 2018年5月
  31. 2018年4月
  32. 2018年3月
  33. 2018年2月
  34. 2018年1月
  35. 2017年12月
  36. 2017年11月
  37. 2017年10月
  38. 2017年9月
  39. 2017年8月
  40. 2017年7月
  41. 2017年6月
  42. 2017年5月
  43. 2017年4月
  44. 2017年3月
  45. 2017年2月
  46. 2017年1月
  47. 2016年12月
  48. 2016年11月
  49. 2016年10月
  50. 2016年9月
  51. 2016年8月
  52. 2016年7月
  53. 2016年6月
  54. 2016年5月
  55. 2016年4月
  56. 2016年3月
  57. 2016年2月
  58. 2016年1月
  59. 2015年12月
  60. 2015年11月
  61. 2015年10月
  62. 2015年9月
  63. 2015年8月
  64. 2015年7月
  65. 2015年6月
  66. 2015年5月
  67. 2015年4月
  68. 2015年3月
  69. 2015年2月
  70. 2015年1月
  71. 2014年12月
  72. 2014年11月
  73. 2014年10月
  74. 2014年9月
  75. 2014年8月
  76. 2014年7月
  77. 2014年6月
  78. 2014年5月
  79. 2014年4月
  80. 2014年3月
  81. 2014年2月
  82. 2014年1月
  83. 2013年12月
  84. 2013年11月
  85. 2013年10月
  86. 2013年9月
  87. 2013年8月
  88. 2013年7月
  89. 2013年6月
  90. 2013年5月
  91. 2013年4月
  92. 2013年3月
  93. 2013年2月
  94. 2013年1月
  95. 2012年12月
  96. 2012年11月
  97. 2012年10月
  98. 2012年9月
  99. 2012年8月
  100. 2012年7月
  101. 2012年6月
  102. 2012年5月
  103. 2012年4月
  104. 2012年3月
  105. 2012年2月
  106. 2012年1月
  107. 2011年12月
  108. 2011年11月
  109. 2011年10月
  110. 2011年9月
  111. 2011年8月
  112. 2011年7月
  113. 2011年6月
  114. 2011年5月
  115. 2011年4月
  116. 2011年3月
  117. 2011年2月
  118. 2011年1月
  119. 2010年12月
  120. 2010年11月
  121. 2010年10月
  122. 2010年9月
  123. 2010年8月
  124. 2010年7月
  125. 2010年6月
  126. 2010年5月
  127. 2010年4月
  128. 2010年3月
  129. 2010年2月
  130. 2010年1月
  131. 2009年12月
  132. 2009年11月
  133. 2009年10月
  134. 2009年9月
  135. 2009年8月
  136. 2009年7月
  137. 2009年6月
  138. 2009年5月
  139. 2009年4月
  140. 2009年3月
  141. 2009年2月
  142. 2009年1月
  143. 2008年12月
  144. 2008年11月
  145. 2008年10月
  146. 2008年9月
  147. 2008年8月
  148. 2008年7月
  149. 2008年6月
  150. 2008年5月
  151. 2008年4月
  152. 2008年3月
  153. 2008年2月
  154. 2008年1月
  155. 2007年12月
  156. 2007年11月
  157. 2007年10月
  158. 2007年9月
  159. 2007年8月
  160. 2007年7月
  161. 2007年6月
  162. 2007年5月

最近のコメント

このページの上部へ

このページの上部へ