家の記憶

Memoryofthehouse2011may.jpg

家の記憶。
育った家で得た五感の記憶。。

寒さ、、暑さ、、涼しさ、、暖かさ、、匂い、、音。。


杉の木立がある裏庭。。
幹につく飴色の樹液。。
早春のタラの芽の匂い。。
大輪の花を咲かせる芍薬。。
真夏のにぎやかな蝉の声。。

裏庭に面した夏涼しい縁側。。
お仏壇がある座敷に飾られたお雛さま。。

吹抜けのある茶の間。。
時を告げる柱時計。。
母が作った文化刺繍の額。。
吹抜けをぐるりと囲む廊下。。

闇のような暗がりを持つ裏2階の納戸。。
表庭に面する父の製図台が置かれた明るい仕事部屋。。
階段を挟んで隣は、妹とふたりでつかった子供部屋。。
明るい陽だまりの窓辺。。
赤いトタン屋根に木製の物干し台。。
表庭のポールに元気よく泳いでいた弟の鯉のぼり。。

大雪で2階から出入りしたこと。。
軒先に垂れる大きなつらら。。
パチパチと音をたて燃える薪の匂い。。

裏庭に面した祖母の部屋。。
おばあちゃんの匂い。。

そこで過ごした家族の時間。。
ある日を境に終わってしまったその家での時間。。
生まれてから小学4年の夏まで過ごした家の記憶が、
今でも堪らなく懐かしく、想い出されます。

懐かしくて、、帰りたくて、、
幾度その家のことを夢にみたことか。。
子供の頃その家を離れてから、、
夢のなかで、その家に帰ることもしばしば。。
夢のなかで出合う家は、出ていった夏の日の家の様子がそのまま。。
今はもう無くなってしまった家は、私のなかで生きています。


それぞれの家の記憶。
多分、愛おしくて堪らない家の記憶。
この世界でのカタチは無くなっても、
心のなかでは決して消えない在り続けるカタチ。。想い出。。

今持っているもの、、過ごしている時間、、
多分、どんな些細な日常でも、、
人って無くした時に初めてその大切さに気付くもの。

今、、此処にある家での暮らしを愛おしみながら、、
今、、此処にある何気ない日々を大切に過ごしながら、、
自分の胸に、、心のなかに、、
素敵な家の記憶を、、そして、日々の想い出を刻めるようにしたいですね。


冒頭の写真は、以前持っていた軽井沢追分の家。
こちらも懐かしい、、想い出のなかの大切な家です。


  家での日々の暮らしが心地よく、、
  住む人の幸せに繋がりますように、、
  心を込めて ♪ (出美)


最後まで読んでいただき ありがとうございました!!

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
あたたかい応援クリックに感謝です♪


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ 人気ブログランキングへ


≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 どんな家に住みたい?」
「 「西の魔女が死んだ」おばあちゃんの家と間取り 」
「 オリーブ少女 」

Comments [4]

こんにちは♪

いいひさんの心の中に生き続ける、
大好きなその家の様子が、
私の心の中にも浮かんできて、
そして温度や湿度、明るさや暗さまで感じられます。

家だけでなく、そこでの暮らしや家族、
いろいろなことが愛しく深く心に刻まれて、
いいひさんの心の芯(支え)になっているのかなぁ
と思いました。

私も、子どものころの家のことを思い出しました。
今の私の半分ほどの年(!)の両親が買った小さな家。
小さな庭に、小さな砂場をつくって、
そこで、小さな私が遊んでいます。
日当たりが悪くて、ちゃんと育たなかったけれど
父が植えた芝生。
多分、若い二人にとって、夢の詰まった家だったのでしょうね。
あのころの若い両親の姿を思い浮かべて、
なんだか胸がいっぱいになっちゃいました。

家は、暮らしとともにありますね。
日々を大切に……心に響きました。

いいひ さま

こんにちは^^

今回のお話、胸がキューンとなりました。

私は高校2年の夏に今の実家になる家に引っ越しました。
その後10年余り新しい家で暮らし、結婚して家を離れましたが、
今でも夢に出てくるのは幼い頃に住んでいた家です。

狭いし、便利が悪くて家族5人で住むには不満が多かったので、
広くて使いやすい新しい家での生活は快適でした。
それなのに、です。

何なんでしょうね^^;

思い出がいっぱい詰まってるからなのでしょうか?

夫の転勤生活で全国を転々と回ってきた子供たちには、
どこの家が夢に出てくるのでしょうか。。。

今の家だったら嬉しいな。。
この家での楽しい思い出や苦い思い出がいっぱいできればいいな~。

ぎん様

こんにちは!

コメント、嬉しく読ませていただきました。
ぎんさんの子供の頃の家の描写も、、私の心にありありと浮かんできて、
胸にジンときてしまいました。
ご両親の夢の家、、素敵です☆

>家は暮らしとともにある

本当にそうですね♪
日々の暮らしが心地よく過ごせる家をつくりたいと思っています。
素敵なコメントを残していただき、ありがとうございました☆

こでまり様

こんにちは~♪
コメント嬉しく読ませていただきました☆

こでまりさんもやっぱり想い出に残る家って、
子供時代を過ごした家なのですね!!
しかも、、快適な今のご実家より、不便だった頃の家を思い出す。。
不思議なものですね~。

私も実家を出て自立してから、
一番懐かしいなぁと思い返すのが、
初めて住んだ狭くて暑くて寒かった2Kのアパートです。^^

こでまりさんのお子さんが懐かしく思い返す家…
暮らしを紡ぐ家・・想い出を紡ぐ家・・
想いをこめてつくられたであろう今の家であったら、
きっとホントに親として嬉しいのでしょうね♪

今の家での暮らしを存分に愉しんで良い想い出がたくさん残してくださいね^^

ありがとうございました♪

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • DSC_3897s.jpg
  • R9112833s.jpg
  • IMG_0948s.jpg
  • mimosaday.jpg
  • kshousestory20200301collage.jpg
  • 20200222shousestory.jpg
  • R0003134s.jpg
  • DSC_3061s.jpg

アーカイブ

  1. 2020年3月
  2. 2020年2月
  3. 2020年1月
  4. 2019年12月
  5. 2019年11月
  6. 2019年10月
  7. 2019年9月
  8. 2019年8月
  9. 2019年7月
  10. 2019年6月
  11. 2019年5月
  12. 2019年4月
  13. 2019年3月
  14. 2019年2月
  15. 2019年1月
  16. 2018年12月
  17. 2018年11月
  18. 2018年10月
  19. 2018年9月
  20. 2018年8月
  21. 2018年7月
  22. 2018年6月
  23. 2018年5月
  24. 2018年4月
  25. 2018年3月
  26. 2018年2月
  27. 2018年1月
  28. 2017年12月
  29. 2017年11月
  30. 2017年10月
  31. 2017年9月
  32. 2017年8月
  33. 2017年7月
  34. 2017年6月
  35. 2017年5月
  36. 2017年4月
  37. 2017年3月
  38. 2017年2月
  39. 2017年1月
  40. 2016年12月
  41. 2016年11月
  42. 2016年10月
  43. 2016年9月
  44. 2016年8月
  45. 2016年7月
  46. 2016年6月
  47. 2016年5月
  48. 2016年4月
  49. 2016年3月
  50. 2016年2月
  51. 2016年1月
  52. 2015年12月
  53. 2015年11月
  54. 2015年10月
  55. 2015年9月
  56. 2015年8月
  57. 2015年7月
  58. 2015年6月
  59. 2015年5月
  60. 2015年4月
  61. 2015年3月
  62. 2015年2月
  63. 2015年1月
  64. 2014年12月
  65. 2014年11月
  66. 2014年10月
  67. 2014年9月
  68. 2014年8月
  69. 2014年7月
  70. 2014年6月
  71. 2014年5月
  72. 2014年4月
  73. 2014年3月
  74. 2014年2月
  75. 2014年1月
  76. 2013年12月
  77. 2013年11月
  78. 2013年10月
  79. 2013年9月
  80. 2013年8月
  81. 2013年7月
  82. 2013年6月
  83. 2013年5月
  84. 2013年4月
  85. 2013年3月
  86. 2013年2月
  87. 2013年1月
  88. 2012年12月
  89. 2012年11月
  90. 2012年10月
  91. 2012年9月
  92. 2012年8月
  93. 2012年7月
  94. 2012年6月
  95. 2012年5月
  96. 2012年4月
  97. 2012年3月
  98. 2012年2月
  99. 2012年1月
  100. 2011年12月
  101. 2011年11月
  102. 2011年10月
  103. 2011年9月
  104. 2011年8月
  105. 2011年7月
  106. 2011年6月
  107. 2011年5月
  108. 2011年4月
  109. 2011年3月
  110. 2011年2月
  111. 2011年1月
  112. 2010年12月
  113. 2010年11月
  114. 2010年10月
  115. 2010年9月
  116. 2010年8月
  117. 2010年7月
  118. 2010年6月
  119. 2010年5月
  120. 2010年4月
  121. 2010年3月
  122. 2010年2月
  123. 2010年1月
  124. 2009年12月
  125. 2009年11月
  126. 2009年10月
  127. 2009年9月
  128. 2009年8月
  129. 2009年7月
  130. 2009年6月
  131. 2009年5月
  132. 2009年4月
  133. 2009年3月
  134. 2009年2月
  135. 2009年1月
  136. 2008年12月
  137. 2008年11月
  138. 2008年10月
  139. 2008年9月
  140. 2008年8月
  141. 2008年7月
  142. 2008年6月
  143. 2008年5月
  144. 2008年4月
  145. 2008年3月
  146. 2008年2月
  147. 2008年1月
  148. 2007年12月
  149. 2007年11月
  150. 2007年10月
  151. 2007年9月
  152. 2007年8月
  153. 2007年7月
  154. 2007年6月
  155. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ