通風を学ぶ。

bbSeminar20140224.jpg

南雄三先生が主宰するBB研究会に入っています。

2ヵ月に一度、セミナーがあるのですが、
先週、そのセミナーに参加してきました。

前回も、凄くオモシロクためになったのに、、
暮のバタバタでUPできなくって…(^_^;)
今回のはぜひぜひお伝えしたいなぁって思ったので、、
何とか一週間以内にUPです^^

題材は、 「 通風トレーニング 」

南先生の新しい著書を読み解きながら進められていきました。

 今、通風シミュレーション出来るソフトも世の中に存在。
 でも、すごく高いもので、一般の設計者には手が出ない。

 ただ、例えソフトを使えて設計したとして、 結果を読むにしても、、
 通風に対しての、” 感覚 ” を宿さないと読めないもの。。

 まして、ソフトを持たない設計者たちは、
 その 感覚 を宿して、通風に対する眼力を鍛え、
 設計することがとても大切になってくる。

と、南先生は力説。

   通風感覚を宿す ← トレーニングが必要 

「 眼力を育てる  → 絵を描く → 迷いが出たら → シミュレーション 」

そう、あって欲しいと。。

通風テクニックには様々な手法があり、
それも紹介されています。。

 ▽ ウインドキャッチャーの効果的な位置
 ▽ 高窓・地窓、、窓の配し方
 ▽ 吹抜けの活用

なるほど…納得というコトが多いです。

ただ、風向き・風速・開口の位置・大きさ・高低差など、、
時と場合によって条件が変わるため、、
無限の通風テクニックが考えられるからこそ、
トレーニングが必要なのだと仰っていました。


著書内では、

→ 中盤で、
計算式を知り、解析ソフトの結果を観て、
Q&Aでドリルを解くように、、風の流れを読むトレーニング。

→ 後半で、、
南先生流の 通風計画~通風設計 が提案されていきます。

通風の考え方は万人共通ではないので、
各々の通風設計を考えて行ってほしいと、〆られ、、
セミナーが終わりました。
 

この本の目的を抜粋。。
 
 - 深い軒を持った夏の縁側で、風を感じながらスイカを食べる心地よさ……。
 - いまでは現実ではなく想像の域になってしまった日本の風景ですが、
 - それでもわれわれ日本人は通風が大好きで、
 - どんなに冷房が当たり前になっても、通風を捨てようとはしません。
 
 - とはいえ、われわれは通風についてよく知っているかといえば、
 - 情緒的に感じているだけで、科学的にはまるで理解していません。
 - それが証拠に、家のデザインが変化する中で、通風に疎い設計が氾濫し、
 - 暑苦しく、空気が淀んでいる家が多くつくられています。
 
 - 通風を勉強しようにも、専門書として編集された本は見当たりません。
 - 改正省エネ基準でも「通風」の項目があっても、その評価手法はとても難しくて……。
 
 - そこで、誰にも理解でき、
 - しかも通風設計までの知識が得られる本をつくりたい……と思いました。

 ( 上記 通風トレーニング 南雄三著 (株)建築技術発行 より抜粋 )
 
南先生自身が、通風を学んでいった過程を追うことで、
読者にも、通風を理解してもらうことを意図され、
編集された本だそうです。
 
なので、計算式だらけ( 勿論出てきますが、、) じゃなく、、
難しいことばが連なる長文を駆使しない構成なので、
感覚的に、イメージしながら読み進めていけました。

( これ↑ ↑ 恥ずかしながら、、
  数学脳 を持たない私にとって、、重要ポイント☆ (^_^;) )

Wind-from-window_iihi.jpg

私自身、風通しの良い家が大好き。
幼いころの原風景が、まさに、、’縁側でスイカ’の世界^^

だから、風通しの悪い家が大嫌い。。

多分、多くの人が好きじゃない筈なのに、、
どこどこで設計中の図面ですと見せられる家に、
その配慮がされていない。。ことが残念ながら多い。。
アドバイス差し上げても通じないコトがありましたね。。(^_^;)

あと、デザイン優先で作られたと思われる立派な家で、、
換気をきちんと施主さんが理解していないと、、
住んでからしばらくすると、大抵かび臭いことが多い。

また、窓をあまり開けない前提で、
換気システムなどが完備されていても、
20年以上経過した家などでは、、
その換気システムも壊れたまま放られていることが多く、、
しかも、窓を開けて風を通すような設計になっていないから、
淀んで湿った空気はカビやダニの温床をつくり、、
かび臭い家になりがち。。。

風通しの悪い家って、、
どっか無理している家な気がするんですよね。。
そして、無理している家は、家の中の ”気” も淀むと感じます。。

これまで、今までの経験や自らの感覚を基に、、
「風通しの良い家」 を、、設計してきたつもりですが、、
この本をもう少し読み込んで、眼力を鍛え、、
テクニックを得たいと思いました☆

もうひとつ、、この本の設計事例の、
南先生が基本設計をされた狭小パッシブの家、、街弁Ⅱも、
すごく良かったです♪ ( 完成見学会がすっごく楽しみ~^^ )

設計者の頭には、間取りの組み立て時にも、、
使い勝手を踏まえながら、通風・採光・構造・インテリアetc…
施主さんには、その時点で見えてこない間取り以外のコトを
インプットしながら、考えているモノなのです^^

この事例での、南先生の設計過程を聞いて、改めて実感。

間取りの組み立て方、、
最近、特に回遊動線についての質問をよくいただきます。

間取りの組み立て方、、回遊動線の設計のコツ、、を、
記事としてまとめていますので、
また、ご紹介したいと思います(^_-)

  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な ’いいひ’ が訪れますよう… 

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて♪ (出美)
 

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
あたたかい応援クリックに感謝です♪

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

≪ 別冊いいひブログ も 日々ゆる~く更新中です♪ ≫
「 365日カメラが好き♪猫ときどき旅・花 」

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 学びの旅_2030年型省エネ住宅を訪ねて♪ 」
「 二世帯住宅設計 暮らしからの気付き_小さな花を飾る豊かさ_一年点検@三鷹の家 」
「 よそいき顔じゃない暮らし♪@足立伊興の家 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • P9190026s.jpg
  • P9170010s.jpg
  • ph_bf3911.jpg
  • pantly_madori_jiturei_iihi.jpg
  • 20140717-R0013688s.jpg
  • IMG_6457s.jpg
  • aojisoGenovese.jpg
  • 20180825-DSC04514s.jpg

アーカイブ

  1. 2018年9月
  2. 2018年8月
  3. 2018年7月
  4. 2018年6月
  5. 2018年5月
  6. 2018年4月
  7. 2018年3月
  8. 2018年2月
  9. 2018年1月
  10. 2017年12月
  11. 2017年11月
  12. 2017年10月
  13. 2017年9月
  14. 2017年8月
  15. 2017年7月
  16. 2017年6月
  17. 2017年5月
  18. 2017年4月
  19. 2017年3月
  20. 2017年2月
  21. 2017年1月
  22. 2016年12月
  23. 2016年11月
  24. 2016年10月
  25. 2016年9月
  26. 2016年8月
  27. 2016年7月
  28. 2016年6月
  29. 2016年5月
  30. 2016年4月
  31. 2016年3月
  32. 2016年2月
  33. 2016年1月
  34. 2015年12月
  35. 2015年11月
  36. 2015年10月
  37. 2015年9月
  38. 2015年8月
  39. 2015年7月
  40. 2015年6月
  41. 2015年5月
  42. 2015年4月
  43. 2015年3月
  44. 2015年2月
  45. 2015年1月
  46. 2014年12月
  47. 2014年11月
  48. 2014年10月
  49. 2014年9月
  50. 2014年8月
  51. 2014年7月
  52. 2014年6月
  53. 2014年5月
  54. 2014年4月
  55. 2014年3月
  56. 2014年2月
  57. 2014年1月
  58. 2013年12月
  59. 2013年11月
  60. 2013年10月
  61. 2013年9月
  62. 2013年8月
  63. 2013年7月
  64. 2013年6月
  65. 2013年5月
  66. 2013年4月
  67. 2013年3月
  68. 2013年2月
  69. 2013年1月
  70. 2012年12月
  71. 2012年11月
  72. 2012年10月
  73. 2012年9月
  74. 2012年8月
  75. 2012年7月
  76. 2012年6月
  77. 2012年5月
  78. 2012年4月
  79. 2012年3月
  80. 2012年2月
  81. 2012年1月
  82. 2011年12月
  83. 2011年11月
  84. 2011年10月
  85. 2011年9月
  86. 2011年8月
  87. 2011年7月
  88. 2011年6月
  89. 2011年5月
  90. 2011年4月
  91. 2011年3月
  92. 2011年2月
  93. 2011年1月
  94. 2010年12月
  95. 2010年11月
  96. 2010年10月
  97. 2010年9月
  98. 2010年8月
  99. 2010年7月
  100. 2010年6月
  101. 2010年5月
  102. 2010年4月
  103. 2010年3月
  104. 2010年2月
  105. 2010年1月
  106. 2009年12月
  107. 2009年11月
  108. 2009年10月
  109. 2009年9月
  110. 2009年8月
  111. 2009年7月
  112. 2009年6月
  113. 2009年5月
  114. 2009年4月
  115. 2009年3月
  116. 2009年2月
  117. 2009年1月
  118. 2008年12月
  119. 2008年11月
  120. 2008年10月
  121. 2008年9月
  122. 2008年8月
  123. 2008年7月
  124. 2008年6月
  125. 2008年5月
  126. 2008年4月
  127. 2008年3月
  128. 2008年2月
  129. 2008年1月
  130. 2007年12月
  131. 2007年11月
  132. 2007年10月
  133. 2007年9月
  134. 2007年8月
  135. 2007年7月
  136. 2007年6月
  137. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ