5歳になった練馬の家へ_メンテナンスのことを改めて。

20141113khomestory2.jpg

丸5年を迎えた練馬の家...K邸に、先日お邪魔してきました!
( 先日と云っても、、10日ほど前...(^_^;) )

玄関前のウリンのルーバーも、経年を経て、、
実に良い感じの質感にウエザードしてくれていました。
ヘンリーヅタ...(だったかな...)も絡んで、、
設計当時の意図が叶えられてきました!!

ヒバの玄関ドアも、益々いい感じの色になってくれています♪

↓ こちらは、2011年秋だから、3年前の写真。

k'shomestory2011.jpg

ガーデンデザイナーさんによって植えていただた植栽も、
居心地が良いと見えて^^どんどん育っていますが、
年に一度、造園屋さんに手入れしてもらっているとのことなので、安心。

あまりに育ち過ぎてしまうと、
お家への悪い影響もあるので...

植栽ってムズカシイ。。

なるべく家の近くは風通し良くしましょう。
腐りやすい木を家のそばに置いたりしないよう...!!

余談ですが、この間完成した吉川の家で、
家に沿って薪小屋をDIYをしようとされていて、
それはダメです~!!!とアドバイス差し上げてきました。
( 板張りのお家なので特に...ダメなのです )

これはお家を守るために大切なこと。。
いいひの施主さんに伝えきれていたかなぁ...と、
不安になったので、改めてここでも書いておきますね。

今回は5年で保証が切れてしまう防蟻処理の相談で伺いました。
( 一般的な薬剤処理の効果は5年で効果が無くなると云われています )

当時、ホウ酸での防蟻処理は、今ほど一般的ではなく、
図面でホウ酸と指定していたのですが、
保証の件も含め施主さんと相談した結果、
薬剤による処理をしたのでした。

と、云っても、フラット35などの基準でいえば、
外壁通気層もあり、柱は桧、土台は米ヒバを使っており、
薬剤での処理は、基準上は不要なつくり。

床断熱なので、床下は全て点検できます。

白アリの被害は、交通事故のようなものだと、
近山スクールで学んでいて、
点検しやすい家にすることが最大の防御だと捉えています。。。

床下に潜っての点検。問題は無し。

外壁、バルコニー防水周りもチェック。

ほぼ白い外壁でしたが、
アロンウォールという外壁材を塗布しているので、
通常の塗り壁の家に比べると、とてもきれい。

最初に金額をかけただけのコトはあるなぁと感じました。

また、今年の大雪の時、
樋がゆがんでしまったトコロがありましたが、
ガルバリウム鋼板の樋でしたので、
グイッと力を入れたら、歪みが元通りになりました!

家は建てて終わりではない...

メンテナンスをマメにすることで、家は長持ちすること。

独立してから手掛けた家が、年を経ていくことで、
そのことを再び実感...痛感しています。

家づくりの過程で、打ち合わせをして決めた色んなことを、
施主のKさんも憶えていてくださっている。。

大切なことだなぁと改めて感じました。

ひとつひとつを納得感を得てもらってこそ、、
家に対してのメンテナンス感も無くならないし、
手をかければ家は答えてくれる。

この5年後の家の良い感じ。。

愛されている家の空気感は、やっぱり違いました。
いい家だなぁ~って。。自画自賛(笑)

↓ 吹抜けを介しての光がさんさん。

20141113khomestory4.jpg

一日中明るい室内。

チークの無垢床も、桐の扉も、造作材も、、
ますますいい色に経年変化して、
素敵な年の取り方をしてくれているK邸。。

完成した時より、素敵になっていくのは、
経年変化を愉しめる自然素材づかいの家だから♪

今、ご主人の趣味は...モダン盆栽!

20141113khomestory1.jpg

秋を感じるとても素敵な作品だったので、
お願いして撮らせていただきました♪

陶芸もやっていらっしゃるそうで、
確か、この鉢も作品だったと伺ったと記憶。
素敵です~♡

この家が完成してから続けてお嫁に行った...
ふたりのお嬢さんたちにも、子供が生まれて、、
当時と違う賑やかさになるK邸。

お話を聞きながら、別の気付きもあったので、
またの機会に記事にさせていただきますね^^

家族の変化に寄り添っていきながら、
これからも、愛されていく家で在ってほしいなぁと思います。

k'shomestory1-2010.jpg

本がたくさんのKさんの家は、個人的にも本当に好き。
ずっと居たくなる家です。
そして、
作例をみてくださった施主さんから、、
褒めていただくことの多いお家です。

ずぅ~っと以前に伺った時の暮らしの様子も、
写真ではお見せして参考にさせてもらっておりますが、
肝心のHP、、OBの暮らしと声にUPしていなくて...
牛尾(夫)に呆れられています...他のお家もまだで...(^_^;)


分身の術が使えたらいいなぁ。
三匹も居るにゃんこ...
ひとりくらい猫の手をかしておくれよ...

なぁんて。(笑)

  読んで下さった皆さまにとって

  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...   

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!
 
  心を込めて♪ (出美)
 

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
皆さまのあたたかい応援クリックに日々感謝です♪

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 20230123_iihiblog.jpg
  • 20230118_iihiblog.jpg
  • 2022hannohousecatlife.jpg
  • 2023hatsumoude.jpg
  • 244fb5a8434a650aa6857a6b43734e488884540e.jpeg
  • 20221224-IMG_5430.jpg
  • A18938C9-723E-43CA-B048-1875082E4255.jpg
  • IMG_4418.jpeg

アーカイブ

  1. 2023年1月
  2. 2022年12月
  3. 2022年10月
  4. 2022年9月
  5. 2022年7月
  6. 2022年6月
  7. 2022年5月
  8. 2022年4月
  9. 2022年3月
  10. 2022年2月
  11. 2022年1月
  12. 2021年12月
  13. 2021年11月
  14. 2021年10月
  15. 2021年9月
  16. 2021年8月
  17. 2021年7月
  18. 2021年6月
  19. 2021年5月
  20. 2021年4月
  21. 2021年3月
  22. 2021年1月
  23. 2020年12月
  24. 2020年10月
  25. 2020年9月
  26. 2020年7月
  27. 2020年6月
  28. 2020年5月
  29. 2020年4月
  30. 2020年3月
  31. 2020年2月
  32. 2020年1月
  33. 2019年12月
  34. 2019年11月
  35. 2019年10月
  36. 2019年9月
  37. 2019年8月
  38. 2019年7月
  39. 2019年6月
  40. 2019年5月
  41. 2019年4月
  42. 2019年3月
  43. 2019年2月
  44. 2019年1月
  45. 2018年12月
  46. 2018年11月
  47. 2018年10月
  48. 2018年9月
  49. 2018年8月
  50. 2018年7月
  51. 2018年6月
  52. 2018年5月
  53. 2018年4月
  54. 2018年3月
  55. 2018年2月
  56. 2018年1月
  57. 2017年12月
  58. 2017年11月
  59. 2017年10月
  60. 2017年9月
  61. 2017年8月
  62. 2017年7月
  63. 2017年6月
  64. 2017年5月
  65. 2017年4月
  66. 2017年3月
  67. 2017年2月
  68. 2017年1月
  69. 2016年12月
  70. 2016年11月
  71. 2016年10月
  72. 2016年9月
  73. 2016年8月
  74. 2016年7月
  75. 2016年6月
  76. 2016年5月
  77. 2016年4月
  78. 2016年3月
  79. 2016年2月
  80. 2016年1月
  81. 2015年12月
  82. 2015年11月
  83. 2015年10月
  84. 2015年9月
  85. 2015年8月
  86. 2015年7月
  87. 2015年6月
  88. 2015年5月
  89. 2015年4月
  90. 2015年3月
  91. 2015年2月
  92. 2015年1月
  93. 2014年12月
  94. 2014年11月
  95. 2014年10月
  96. 2014年9月
  97. 2014年8月
  98. 2014年7月
  99. 2014年6月
  100. 2014年5月
  101. 2014年4月
  102. 2014年3月
  103. 2014年2月
  104. 2014年1月
  105. 2013年12月
  106. 2013年11月
  107. 2013年10月
  108. 2013年9月
  109. 2013年8月
  110. 2013年7月
  111. 2013年6月
  112. 2013年5月
  113. 2013年4月
  114. 2013年3月
  115. 2013年2月
  116. 2013年1月
  117. 2012年12月
  118. 2012年11月
  119. 2012年10月
  120. 2012年9月
  121. 2012年8月
  122. 2012年7月
  123. 2012年6月
  124. 2012年5月
  125. 2012年4月
  126. 2012年3月
  127. 2012年2月
  128. 2012年1月
  129. 2011年12月
  130. 2011年11月
  131. 2011年10月
  132. 2011年9月
  133. 2011年8月
  134. 2011年7月
  135. 2011年6月
  136. 2011年5月
  137. 2011年4月
  138. 2011年3月
  139. 2011年2月
  140. 2011年1月
  141. 2010年12月
  142. 2010年11月
  143. 2010年10月
  144. 2010年9月
  145. 2010年8月
  146. 2010年7月
  147. 2010年6月
  148. 2010年5月
  149. 2010年4月
  150. 2010年3月
  151. 2010年2月
  152. 2010年1月
  153. 2009年12月
  154. 2009年11月
  155. 2009年10月
  156. 2009年9月
  157. 2009年8月
  158. 2009年7月
  159. 2009年6月
  160. 2009年5月
  161. 2009年4月
  162. 2009年3月
  163. 2009年2月
  164. 2009年1月
  165. 2008年12月
  166. 2008年11月
  167. 2008年10月
  168. 2008年9月
  169. 2008年8月
  170. 2008年7月
  171. 2008年6月
  172. 2008年5月
  173. 2008年4月
  174. 2008年3月
  175. 2008年2月
  176. 2008年1月
  177. 2007年12月
  178. 2007年11月
  179. 2007年10月
  180. 2007年9月
  181. 2007年8月
  182. 2007年7月
  183. 2007年6月
  184. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ