イブの朝、映画「天使がくれた時間」を観て♪_静かな感動。

DSC_7246s.jpg

「 もしも、あの時違う選択をしたのなら... 」

そんな風に思うことも、人生にはありますよね。

イブの朝、頭が冴えてメチャメチャ早起き。(^_^;)
眠ることができなくて、けれど、ぬくぬくから出たくなくって...
ベッドでぼんやりと、amazonプライムの映画を観ました。

「 天使がくれた時間 」
前にも何度か観たことがありましたが、
改めて、グッと心を掴まれてしまいました。

クリスマスイブにお勧めな感じだったので、
こちらで紹介させていただきます♪


ニコラスケイジ演じる、やり手の金融会社社長ジャック。
ストイックに仕事をこなし富を手に入れ、
NYのペントハウスに暮らし、独身を満喫。
( ちょっと鼻持ちならない系...(笑) )

けれど、クリスマスイブの夜に起こった出来事で、
パラレルワールド...違う時空の自分になってしまい、
全く正反対の人生に遭遇。

違う次元では、昔別れたはずの恋人と家庭を築き、
平凡な人生を生きていて...それは、リッチな暮らしとは程遠いけれど、
愛に溢れる温かさに充ちていて。。

それが、クリスマスイブに、
ジャックが 'おこなったこと' に対しての、
天使のくれた 「煌めきの時間」 なのですが...

何が何だかわからないジャックは、
突然の出来事に、心底憤り怒り戸惑い落胆しながら、
平凡な暮らしを営んでいきます。。

そこで彼が感じて得ていくもの...

その過程が、この映画の見どころだと感じます。

これ以上書くとネタバレになってしまうので控えますが、
ざっくりいうと、そんなStory。

あの時選んだこと...
それがもたらす結果。
それによって拓かれる未来。

誰の人生にも、振り返ると、
「 あの時、別な選択をしていたなら... 」
と、思う大きな転機があると思います。

後悔があれば、尚更ですし、
例え、今の人生に 大きな不満 はなくっても。。
そうかもしれません。

↓ ここからは少しネタバレ。
↓ 映画をご覧になっていない方は、
↓ 読まないでくださいね。(^_^;)



ジャックは結局、、元の世界に戻ります。

愛妻ケイト、可愛い子供たちとの平凡な暮らし。
でも、そこに或る揺るぎない幸せを見出し、実感。
自分自身がこう在りたいという仕事(別次元で得ていた仕事)も諦めず、
その仕事復帰への足掛かりのチャンスも掴み、
ずっと、このままで過ごしたいと願っていた時に。。

そのタイミングが何とも...( つい感情移入して見てしまう )

もう二度と戻ってこられない世界に存在していた煌めき...
それを忘れられないジャックが起こした行動にもぐぐっと惹きこまれます。

天使が別世界に連れて行かなければ、
きっと、そのままの人生でもジャックは満たされ幸せだったのかも。。

DSC_7233s.jpg

この映画を観て、感じることは人それぞれだと思います。

選択することの難しさを感じ入ったり。。

私は、人生をやりなおしたいとは思いません。
後悔も多々ですし、どん底に辛く苦しく憤って悲しかった時期も、
子供の頃も大人になってからも、これまで幾度もあったけれど。。(^_^;)

それは、結局は、自分が 選んでしまったこと の結果。

選んでしまったこと...してしまったこと...は元に戻せないし、
「そのこと」 を後悔し続けても、何も良いことは無くって。。(^_^;)

けれど、「そのこと」で 引き起った出来事 に対して、
得たもの、、得られた感情はある。。
そして、それが悪いモノなら、謙虚に反省は出来る。。
そこから、 また違う未来を選ぶこと が出来るから。。

なりたい自分を描き、真摯に人生に向き合っていれば、
きっと、それに沿った展開が引き起こされる筈ですよね(*^-^*)

最後に、わたしが、この映画で好きなシーン。(BEST3)

3位_ジャックと娘アニーのやりとり
すっごく頭の良いアニーがとっても可愛い♪
唯一、別世界からジャックだということにアニーは気づくのです。

2位_ケイトが家への愛着を語る場面
平凡だけど、この家で年を重ねていきたかった...と語ります。
家ってそうだよなぁって。。しみじみ感じ入りました。

1位_ジャックのうた
別次元のジャックが愛妻ケイトの誕生パーティーで、
「 La La means I love you  」を熱唱する場面。

いい曲だなぁとぐぐってみたら、、
YouTubeなどで色んな動画がありましたが、
この映画のニコラスケイジの歌い方が、一番好きでした♡
映画のテーマ曲と重なるからか...じぃーーーんときます。

↓ You Tubeで見つけたので。。( 広告が入りますが...宜しければどうぞ♪ )



UPしたい記事は多々だったのですが、
クリスマスに観て、ほっこり出来る映画だったので...
つらつらと、思うまま綴ってしまいました。

スミマセン(^_^;)

原題は、「 FAMILY MAN 」

家族っていいなぁって思える...

今在るモノコトを振り返ってみて、
得たものを大切にしよう... って思えるし、

得たいもの があったとしたら、
どうすればいいんだろうって、
自分を振り返ることが出来るかも。


だから、おすすめ(^^)v

今日、土曜日はイブ。
日曜日はクリスマス。

この、クリスマスホリデイ...
どうぞ、素敵な休日をお過ごしくださいね(*^-^*)


  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...   

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて♪ (出美)



いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 別冊いいひブログはこちらから♪ ≫
「 オリーブのひとりごと。 」

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 わたし的クリスマス映画のおススメ♪ 」
「 イブの朝_日常の幸福感♪ 」
「 写し撮るシアワセ_クリスマスの贈り物♪ 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • IMG_2038S.jpg
  • 20220921 Collage.jpg
  • 20220713-IMG_0328.jpg
  • IMG_0816.jpeg
  • nhouse-kurashi-Collages.jpg
  • 20170619-R6190513.jpg
  • IMG_8230.jpeg
  • 20170619-R6190614.jpg

アーカイブ

  1. 2022年10月
  2. 2022年9月
  3. 2022年7月
  4. 2022年6月
  5. 2022年5月
  6. 2022年4月
  7. 2022年3月
  8. 2022年2月
  9. 2022年1月
  10. 2021年12月
  11. 2021年11月
  12. 2021年10月
  13. 2021年9月
  14. 2021年8月
  15. 2021年7月
  16. 2021年6月
  17. 2021年5月
  18. 2021年4月
  19. 2021年3月
  20. 2021年1月
  21. 2020年12月
  22. 2020年10月
  23. 2020年9月
  24. 2020年7月
  25. 2020年6月
  26. 2020年5月
  27. 2020年4月
  28. 2020年3月
  29. 2020年2月
  30. 2020年1月
  31. 2019年12月
  32. 2019年11月
  33. 2019年10月
  34. 2019年9月
  35. 2019年8月
  36. 2019年7月
  37. 2019年6月
  38. 2019年5月
  39. 2019年4月
  40. 2019年3月
  41. 2019年2月
  42. 2019年1月
  43. 2018年12月
  44. 2018年11月
  45. 2018年10月
  46. 2018年9月
  47. 2018年8月
  48. 2018年7月
  49. 2018年6月
  50. 2018年5月
  51. 2018年4月
  52. 2018年3月
  53. 2018年2月
  54. 2018年1月
  55. 2017年12月
  56. 2017年11月
  57. 2017年10月
  58. 2017年9月
  59. 2017年8月
  60. 2017年7月
  61. 2017年6月
  62. 2017年5月
  63. 2017年4月
  64. 2017年3月
  65. 2017年2月
  66. 2017年1月
  67. 2016年12月
  68. 2016年11月
  69. 2016年10月
  70. 2016年9月
  71. 2016年8月
  72. 2016年7月
  73. 2016年6月
  74. 2016年5月
  75. 2016年4月
  76. 2016年3月
  77. 2016年2月
  78. 2016年1月
  79. 2015年12月
  80. 2015年11月
  81. 2015年10月
  82. 2015年9月
  83. 2015年8月
  84. 2015年7月
  85. 2015年6月
  86. 2015年5月
  87. 2015年4月
  88. 2015年3月
  89. 2015年2月
  90. 2015年1月
  91. 2014年12月
  92. 2014年11月
  93. 2014年10月
  94. 2014年9月
  95. 2014年8月
  96. 2014年7月
  97. 2014年6月
  98. 2014年5月
  99. 2014年4月
  100. 2014年3月
  101. 2014年2月
  102. 2014年1月
  103. 2013年12月
  104. 2013年11月
  105. 2013年10月
  106. 2013年9月
  107. 2013年8月
  108. 2013年7月
  109. 2013年6月
  110. 2013年5月
  111. 2013年4月
  112. 2013年3月
  113. 2013年2月
  114. 2013年1月
  115. 2012年12月
  116. 2012年11月
  117. 2012年10月
  118. 2012年9月
  119. 2012年8月
  120. 2012年7月
  121. 2012年6月
  122. 2012年5月
  123. 2012年4月
  124. 2012年3月
  125. 2012年2月
  126. 2012年1月
  127. 2011年12月
  128. 2011年11月
  129. 2011年10月
  130. 2011年9月
  131. 2011年8月
  132. 2011年7月
  133. 2011年6月
  134. 2011年5月
  135. 2011年4月
  136. 2011年3月
  137. 2011年2月
  138. 2011年1月
  139. 2010年12月
  140. 2010年11月
  141. 2010年10月
  142. 2010年9月
  143. 2010年8月
  144. 2010年7月
  145. 2010年6月
  146. 2010年5月
  147. 2010年4月
  148. 2010年3月
  149. 2010年2月
  150. 2010年1月
  151. 2009年12月
  152. 2009年11月
  153. 2009年10月
  154. 2009年9月
  155. 2009年8月
  156. 2009年7月
  157. 2009年6月
  158. 2009年5月
  159. 2009年4月
  160. 2009年3月
  161. 2009年2月
  162. 2009年1月
  163. 2008年12月
  164. 2008年11月
  165. 2008年10月
  166. 2008年9月
  167. 2008年8月
  168. 2008年7月
  169. 2008年6月
  170. 2008年5月
  171. 2008年4月
  172. 2008年3月
  173. 2008年2月
  174. 2008年1月
  175. 2007年12月
  176. 2007年11月
  177. 2007年10月
  178. 2007年9月
  179. 2007年8月
  180. 2007年7月
  181. 2007年6月
  182. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ