パリ~ロンドン~湖水地方へ♪旅のアクシデントは佳き思い出!?&今春公開のイギリス映画_2017初夏旅/旅の記録21

20170614-IMG_1381s.jpg

前回 に続き、
2017年初夏に旅したフランス~イギリス、、
旅の記録Vol.21です!

短くも充実していたパリ滞在を終え、
この日はパリからイギリスへの移動日。

しかも、一気に湖水地方までGo!

移動距離は長いけれども、
ゆったり電車の旅...の筈だったのですが、
まさかのアクシデント発生!(^-^;

今回は、湖水地方の玄関口、
Kendal駅到着までをUPいたします!

↓ こんなスケジュールでした...



パリ北駅(Paris nord駅)9:13発
 ↓ ユーロスター 2時間半
 ↓ ※ 時差が1時間あります

ロンドン(St-pancras駅 )10:39着
 ↓ 地下鉄で10分程の移動

ロンドン(Euston駅) 11:30発
 ↓ 3時間の電車旅 
   ファーストクラスでランチ付♪

ケンダル(Kendal駅)14:26着
 レンタカーピックアップ
 ↓ 車移動 約1時間半
 
ヨークシャー 庭の美しいB&B 泊

という旅程。

パリのアパートメントで最後の朝時間。

早起きして、お部屋を計測。(笑)
間取りを描いて、お掃除をして、
珈琲をのんで、チェックアウト時間を迎えました。

20170613-R6130785s.jpg

時間通りにオーナーさんが来てくれて鍵の受け渡し。

「 素晴らしい滞在でした!」

と、予習していた英語でお話すると、
ホントに喜んでくださいました。

これからイギリスを旅すること等も話すと、

「 ケイイチとイズミの再訪を待っています!」
「 良い旅を!」

と仰ってくださいました(*^-^*)

ものすごーーく名残惜しい。

初airbnbでしたが、実に素晴らしい滞在。
こんな素敵なリスティングをしてくれる、
オーナーさんのお蔭!!感謝ですm(__)m

さてさて、A美さん情報によると、
パリ北駅は、タクシーで行かずに、
地下鉄の方がかえって安心とのこと。

北駅は、かなり治安が悪いらしく、
タクシー降りて駅までの間で、
変な絡まれ方をすることもあるとか。。

A美さん、事前に地下鉄の切符と、
出国手続きのカードまで用意してくださったので、
北駅に着いた後も、スムーズにチェックイン出来ました!

A美さん、何から何までありがとうございましたm(__)m

20170614-IMG_1386s.jpg

備忘録として...

北駅は、とにかく人が多くって...
出国手続きの列が半端なかった(^-^;

ユーロスターの座席クラス、
ファーストクラスにすればヨカッタな...と。

何故なら、優先チェックインが出来たから。

座席指定はしてあるので、
まぁ急いだって仕方がないのですが、
とにかく延々と続く列が凄くって。。

案内のフランス語はよくわからないし、
今置かれている状況(長蛇の列)に居ていいのか常に不安。

ホントに出発時間までに、
電車に乗れるのかドキドキでした。

でも、発車時刻が近付くと、
優先的にその電車の乗客を列から出してくれ、
無事に乗車!

車窓からの景色を楽しみつつ、
2時間半の移動はあっという間。

定刻通り、ロンドン着です!

20170614-IMG_1410s.jpg

ロンドンは夏日でピカピカの晴天。
久しぶりのイギリスの空気感に安堵。

やっぱりイギリス好きっーー!!と、
旅気分も、ホントあがっていました。

ここユーロスター発着のセントパンクラス駅から、
湖水地方への電車発着駅...ユーストン駅までは、地下鉄で10分。

1時間弱の移動時間があったので、
慌てずに向かったのが、、仇に。。

なぁーーーんと!!
予定していた電車に乗り遅れてしまったという悲劇(>_<)

↓ このチケットが無駄になってしまったのです。

b91775da2a92b2393dbfe0ea3f0b088d7d42c8ac.PNG


タッチの差で、
無情にも出発してしまった電車。

空っぽのホームに居た駅員さんに、
このチケットを見せて、
乗り遅れてしまった旨を伝えました。

ものすごーーく困った顔で、
今にも泣きそうな顔だった私を見て、
駅員のお兄さん...少し考えた後に、

「 うん。次の電車に乗れるようにしてあげるョ。
  でも、ボクは今から用事を済ませる必要があるから、
  30分後に、○○ホームに来て!  」

と、云ってくれたのです。

と、いう意味を解せたのは、
夫ともに、3回くらい聞きなおしてから...(^-^;

「 えっ?乗せてくださるの?
  チケットはこれでいいの? 」

と、しどろもどろに尋ねると、

「 ファーストクラスのチケットを買ってくれているからね! 」
「 ノープロブレム 」

と、笑顔で言ってくれます。。。

それなのに、
まだ不安そうに泣きそうな顔をしている私を見かねたのか、
待ち合わせ場所まで連れて行ってくれて、

「 此処で〇〇分まで、待っていて 」

と、いうのです。

にわかに信じがたい私は、彼が去ったあと、
別の駅員さんを捕まえ事情を話すと、

「 チェンジ出来ないチケットだから、
  買いなおさないとダメだよ  」

そ、そうだよね。。
やっぱり。。。。。

待ち合わせのホームに行っても、
乗れなかったら嫌だ!!
絶対に次の電車で行きたいから!!と、
夫が止めるにもかかわらず、
スタンダードチケットを買うことにしました。

ちなみに、
チケット売場で、
ファーストクラスだと幾ら?と聞くと、
ひとり200£越え!

さ、さすがに、
それは買えませんー( ;∀;)

だって、元々は62£ですョ。

それだけ、買うタイミング次第で、
運賃が変わってくることを、
身を以て、実感した次第。。トホホ。。

チケットオフィスから戻った私を見て、
夫は、そんなの買わなくって良いのに...と、呆れ顔。
彼は、さっきのお兄さんを信じているのです。

イギリスの電車は、出発直前まで、
どのホームから出発するか分かりませんが、
ようやく案内が出ました。

↓ 多分、この12時29分発の電車。。

IMG_2004s.jpg

2番ホームに行っちゃった方がいいんじゃない?
と、云うと、

夫、「 ダメ 」の一言。

夫に従って、待ち合わせ場所で、待っていると、
駅員のお兄さん!!来てくれましたーー!!

にっこり笑って、

「 着いてきて 」と先導。

「 Kendal駅までは直接行かない電車だけれど、
  Lancaster駅で乗り換えればOKだからね! 」

と、ファーストクラス車両に、
乗せてくださいました( ;∀;)

でも、なんだか冴えないお兄さんだったので、
そんな権限とかあるのか??とか...
( ↑ 失礼極まりないオンナです; )
疑ってゴメンナサイ!m(__)mm(__)m

お兄さんが天使のように見えました。。
本当に本当に感謝です( ;∀;)

イギリスって、だから好き♡
と、イギリスLOVEが更に強まった瞬間。。(笑)

電車が発車して、
飲み物をいただいて、やっと一息。

IMG_1420s.jpg

↑ この疲れきった表情。
↑ でも安堵した表情(^_^;)

慌てふためいて、ごめんなさい。。

電車の中で、ランチをいただき、
車窓に広がるカントリーサイドの景を眺めながら、
新婚旅行の時のアクシデントの思い出話に...

私達の新婚旅行もイギリスだったのですが、
当時はまだインターネットの時代じゃなく、
個人旅行の会社に手配してもらって、
イギリスのカントリーサイドをドライブ。

コッツウォルズ~ウエールズと巡り、
ものすごーーく楽しい車旅でしたが、
カーディフでレンタカーを返す際に、トラブル発生。

指定された住所に、
ある筈のレンタカーオフィスが無いのです!( ̄▽ ̄;)

カーディフからは、電車でロンドンへ戻る予定。

電車の時間は迫るし、
でもオフィスは見つからないし、
かなりかなり焦りまくりました。

街の人に訪ねるも、分からないと云われ...
グルグルと、レンタカーオフィスのある筈の通りを周っていると、
それをずっと見ていたおじさまが、
お巡りさんを呼んできてくれて、窮地を救ってくれたのです。

ハーツレンタカーに電話して、
私達の情報を伝えてくれて、
これから車を返しに行く旨を説明。

そして、持っていた地図に、
そこまでの行き方をマーカーで印してくださいました。

当時はナビもスマホも無く、地図だけが頼りで、
よくぞ、たどり着けたなぁという感じ。

教えられた通りに、郊外のオフィスまで行き、無事に返却。
もう、閉店間際だったというギリギリ具合(^-^;

そんな私達を、ハーツレンタカーのお兄さんが気の毒に思ってくださり、
自分が帰るついでに、カーディフ駅まで送ってくれるという親切さ具合。

ホント現地の親切な方々のお蔭で、
事なきを得たのです。( ;∀;)

アクシデントの渦中は、
ホントに、ハラハラドキドキですが、
今では、一番印象深い思い出かなぁ(笑)

なので、今回のもそうなるかしらね?と、笑い合いました。

↓ 途中停車駅で見つけた面白そうな映画の広告!

IMG_1443s.jpg

大好きなダイアン・キートンさん!
そして、タイトルが、ハムステッド!!!

きゃー観たい~(≧▽≦)

この記事を書きながら、
思い出して検索したら、
今年、日本公開みたいです!

邦題は、「ロンドン人生はじめます!」
ですって。

↑ 公式サイトへリンクしておきますね(*^-^*)
↓ 予告編も♪



そうこうしているうちに、乗換駅。

湖水地方への玄関口...
ウィンダミア行のローカル電車に乗車。

↓ Kendal駅に無事に到着!

20170614-IMG_1449s.jpg

Kendal駅は、無人駅。

鳥たちのさえずりが聞こえ、
カントリーサイドの匂いがします!
それだけで、もうごきげん♪

駅から5分ほど歩いたところにある、
Enterpriseレンタカーオフィスへ。

IMG_1451s.jpg

Hertz以外、初めてのレンタカー会社。

湖水地方を車で周る情報が少なかったので、
GoogleMAPで沿線沿いのレンタカー会社を探し、
見つけたところ。

ちょっと不安でしたが、
ネット予約していたバウチャーを見せると、
すぐに車に案内してくれました。

さぁ、初めての湖水地方!!
GoogleMAPでナビを設定して出発です!!

次回 は、ヨークシャーにある、、
庭の美しいB&Bまでのドライブ模様を♪

今回も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました(*^-^*)

↓ 湖水地方を車で旅するのに便利なレンタカー会社さん
↓ GoogleMAP情報をリンクしておきますね♪






旅は私の人生にとって、
暮らしと同じくらい大切。

また旅にいきたいなぁ(*^-^*)
まずは妄想トリップで。(笑)
  


  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 



いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 今回の旅記事一覧はこちらから♪ ≫
→ フランス&イギリス旅_2017初夏 一覧

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • PC110088s.jpg
  • IMG_7261s.jpg
  • DSC04969s.jpg
  • 20180601nanfutsutabidaily_vol3s.jpg
  • PB280030s.jpg
  • nhouse20181124s.jpg
  • bhouse20181114s.jpg
  • DSC04941s.jpg

アーカイブ

  1. 2018年12月
  2. 2018年11月
  3. 2018年10月
  4. 2018年9月
  5. 2018年8月
  6. 2018年7月
  7. 2018年6月
  8. 2018年5月
  9. 2018年4月
  10. 2018年3月
  11. 2018年2月
  12. 2018年1月
  13. 2017年12月
  14. 2017年11月
  15. 2017年10月
  16. 2017年9月
  17. 2017年8月
  18. 2017年7月
  19. 2017年6月
  20. 2017年5月
  21. 2017年4月
  22. 2017年3月
  23. 2017年2月
  24. 2017年1月
  25. 2016年12月
  26. 2016年11月
  27. 2016年10月
  28. 2016年9月
  29. 2016年8月
  30. 2016年7月
  31. 2016年6月
  32. 2016年5月
  33. 2016年4月
  34. 2016年3月
  35. 2016年2月
  36. 2016年1月
  37. 2015年12月
  38. 2015年11月
  39. 2015年10月
  40. 2015年9月
  41. 2015年8月
  42. 2015年7月
  43. 2015年6月
  44. 2015年5月
  45. 2015年4月
  46. 2015年3月
  47. 2015年2月
  48. 2015年1月
  49. 2014年12月
  50. 2014年11月
  51. 2014年10月
  52. 2014年9月
  53. 2014年8月
  54. 2014年7月
  55. 2014年6月
  56. 2014年5月
  57. 2014年4月
  58. 2014年3月
  59. 2014年2月
  60. 2014年1月
  61. 2013年12月
  62. 2013年11月
  63. 2013年10月
  64. 2013年9月
  65. 2013年8月
  66. 2013年7月
  67. 2013年6月
  68. 2013年5月
  69. 2013年4月
  70. 2013年3月
  71. 2013年2月
  72. 2013年1月
  73. 2012年12月
  74. 2012年11月
  75. 2012年10月
  76. 2012年9月
  77. 2012年8月
  78. 2012年7月
  79. 2012年6月
  80. 2012年5月
  81. 2012年4月
  82. 2012年3月
  83. 2012年2月
  84. 2012年1月
  85. 2011年12月
  86. 2011年11月
  87. 2011年10月
  88. 2011年9月
  89. 2011年8月
  90. 2011年7月
  91. 2011年6月
  92. 2011年5月
  93. 2011年4月
  94. 2011年3月
  95. 2011年2月
  96. 2011年1月
  97. 2010年12月
  98. 2010年11月
  99. 2010年10月
  100. 2010年9月
  101. 2010年8月
  102. 2010年7月
  103. 2010年6月
  104. 2010年5月
  105. 2010年4月
  106. 2010年3月
  107. 2010年2月
  108. 2010年1月
  109. 2009年12月
  110. 2009年11月
  111. 2009年10月
  112. 2009年9月
  113. 2009年8月
  114. 2009年7月
  115. 2009年6月
  116. 2009年5月
  117. 2009年4月
  118. 2009年3月
  119. 2009年2月
  120. 2009年1月
  121. 2008年12月
  122. 2008年11月
  123. 2008年10月
  124. 2008年9月
  125. 2008年8月
  126. 2008年7月
  127. 2008年6月
  128. 2008年5月
  129. 2008年4月
  130. 2008年3月
  131. 2008年2月
  132. 2008年1月
  133. 2007年12月
  134. 2007年11月
  135. 2007年10月
  136. 2007年9月
  137. 2007年8月
  138. 2007年7月
  139. 2007年6月
  140. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ