湖水地方~ヨークシャー、カントリーサイドの景を愉しむドライブ♪緑の丘と羊たちと♪_旅の記録Vol.22

kosuitihou2017saummers.jpg

初めてなのに、
とても懐かしい。。

鈍色の雲間からの柔らかな光。
野原を風が吹き渡る音。
羊の鳴き声、遠くの水音、
賑やかな鳥たちの囀り。。

心の奥底より深いところの記憶があるのなら、
その記憶が呼び覚まされた感じ。

そんな景に出合えたイギリス湖水地方。

前回 に続き、
2017初夏に旅したフランス~イギリス、
旅の記録Vol.22です♪


20170616-IMG_2739s.jpg

↑ Kendal駅のホーム。
マーガレットの群生がきれい♪

20170616-IMG_2740s.jpg

白い鳩さんが、ひと休み中(*^-^*)

20170616-IMG_2734s.jpg

↓ 石積みの家の向こうには、なだらかな緑の丘陵地。

20170616-R6160068s.jpg

人の手が入って調和している、
イギリスカントリーサイドの景。

ビアトリクス・ポター、ワーズワース、
小さな頃から読んでいた本の世界観。

それらを裏切ることのない景に、
まず出合えたことでゴキゲン♪

レンタカーも無事に借りられて、
ルートを決めて、さぁ、出発です!

↓ ヨークシャー・リッチモンドまでのルート。

kendal-millgate_route.jpg

高速道路の方が若干早いのですが、
折角なのでヨークシャー・デイルズ国立公園を抜けるルートにしました。

車の旅は、やっぱりいい!!
羽根をもらったように、自由。

電車に乗り遅れてしまったこともあるけど、
つくづく時間に縛られるような電車旅は向いていないなぁ(^-^;

↓ 小さな町を抜けると、

R6141014s.jpg

すぐに、カントリーサイドの景♪

DSC08782s.jpg

コッツウォルズ辺りとは違う、
荒涼とした緑の丘が広がります。

この重苦しい曇天ですら、
湖水地方のイメージそのまま!(笑)

20170614-R6141009s.jpg

曇天の厚い雲間から、
突然光が差し込み青空が覗いたり、
目まぐるしく変わるお天気具合とかも。

けれど、それが、いいんです(≧▽≦)

↓ 横道にそれてみます。

20170614-R6140994s.jpg

湖水地方という名の通り、
大小さまざまな池や湖が点在。

20170614-R6140993s.jpg




20170614-R6141003s.jpg

↓ 丘の上には羊さん達。

20170614-R6140995a.jpg

車を停めて、ちょっとだけお散歩。

石積みの塀。
足元には、Blueの小花♡

20170614-R6141013s.jpg

忘れな草なのでしょうか。。
こういう景に、胸がキュンキュンします♡

もっと上手に撮れるようになりたいなぁ(^-^;

コッツウォルズの石とは違う色。

調べると、レイクランドロックと云われる石のよう。

ダークなグレイの色味。

この辺りの家々の壁や屋根や塀にも使われていました。

その土地で採れる石を使うので当たりまえですが、
コッツウォルズ地方の家々と景色が異なります(*^-^*)

ちなみに、コッツウォルズでは、
蜂蜜色の石...コッツウォルドストーン。

カントリーサイドの景で、
もうひとつキュンとくるのが...

↓ この牧場ゲート。


DSC08787s.jpg

フットパスやガーデンを歩いていると、
こうしたゲートが有る景に出くわします。

↓ 違う旅の写真ですが、こんな。
↓ ベスチャトー ガーデン です♪
( ↑ 過去記事にリンク )

P7140647s.jpg

深い緑色の木立...ゲートの先には、光溢れるメドウが在ったり、
田舎道が途切れたゲートの先には、緑の牧草地が広がっていたり、、
そんな景に出合うと、また心をキュンとさせるのです(笑)

P7140645s.jpg

話を戻して...
柵の向こうにいる羊さんにご挨拶。

R6140988s.jpg

動物たちのその営みを見ていると、
時間を忘れます。。

20170614-R6140999s.jpg

風が吹き渡る音と...
羊たちの鳴き声と...
と、冒頭に戻るのですが、

愛おしくなって、
何故だか涙腺が緩みました。

旅に出ると、多感になるのかな。(笑)

20170614-R6141000s.jpg

さぁさぁ、
ただでさえ予定の時間を過ぎているため、
のんびりしてもいられないので、出発!

R6141015s.jpg

↓ 緑の丘に馬さんたち。

20170614-R6141017s.jpg

↓ リッチモンドまであと少し♪

R6141018s.jpg

車窓からの景色を眺めていると、
頭の後ろ側の緊張感が解かれていくような...
心の奥底がじんわりと充たされて温まっていくような...
上手く言えませんが、そんな風に感じたドライブ。

さて、今晩の宿...
庭の美しいB&Bが有る、
ヨークシャー、リッチモンドは、
川沿いの小さな町みたい♪

↓ リッチモンドの町中に入ってきました。

DSC08836s.jpg

多分...疑問に思う方もいらっしゃると思って補足。。

「 なぜ、湖水地方まで行って、
  ヨークシャーに宿を取るのですか??」

だって、ここが目的地ならば、
ロンドンからヨークシャーまで、
電車で3時間ほどで来られました(^-^;

行先を湖水地方と決めたものの、
湖水地方の宿探しにピンと来なくて、
トリップアドバイザーの地図上で、
Kendalから1時間~1時間半圏内を、
ウロウロ色々と検索していた時に発見!

私が持っていたバイブル...(笑)
「 庭の美しいB&Bを巡る旅 」
という本に載っていて、
いつか訪ねてみたいと思っていたトコロだったのです!

此処を最初に見つけたら、
きっとルートも変わっていたと思いますが、
ロンドン~ケンダルまでの切符を押さえた後だったので、
まぁ、こんな風に遠回りした次第(^-^;

また、こちらについては、次回書きますが、
期待を裏切らない本当に素敵すぎるB&B!!

次回 へつづく♪

最後まで読んでくださり、
ありがとうございました(*^-^*)

4月最初の日曜日!!
どうぞ素敵な休日を...(^_-)-☆



  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 



いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 今回の旅記事一覧はこちらから♪ ≫
→ フランス&イギリス旅_2017初夏 一覧

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • khousestory20181011.jpg
  • 20140922-DSC_0690s.jpg
  • 20170619-R6190585ss.jpg
  • 20181001-R9112756s.jpg
  • P9170001s.jpg
  • P9190026s.jpg
  • P9170010s.jpg
  • ph_bf3911.jpg

アーカイブ

  1. 2018年10月
  2. 2018年9月
  3. 2018年8月
  4. 2018年7月
  5. 2018年6月
  6. 2018年5月
  7. 2018年4月
  8. 2018年3月
  9. 2018年2月
  10. 2018年1月
  11. 2017年12月
  12. 2017年11月
  13. 2017年10月
  14. 2017年9月
  15. 2017年8月
  16. 2017年7月
  17. 2017年6月
  18. 2017年5月
  19. 2017年4月
  20. 2017年3月
  21. 2017年2月
  22. 2017年1月
  23. 2016年12月
  24. 2016年11月
  25. 2016年10月
  26. 2016年9月
  27. 2016年8月
  28. 2016年7月
  29. 2016年6月
  30. 2016年5月
  31. 2016年4月
  32. 2016年3月
  33. 2016年2月
  34. 2016年1月
  35. 2015年12月
  36. 2015年11月
  37. 2015年10月
  38. 2015年9月
  39. 2015年8月
  40. 2015年7月
  41. 2015年6月
  42. 2015年5月
  43. 2015年4月
  44. 2015年3月
  45. 2015年2月
  46. 2015年1月
  47. 2014年12月
  48. 2014年11月
  49. 2014年10月
  50. 2014年9月
  51. 2014年8月
  52. 2014年7月
  53. 2014年6月
  54. 2014年5月
  55. 2014年4月
  56. 2014年3月
  57. 2014年2月
  58. 2014年1月
  59. 2013年12月
  60. 2013年11月
  61. 2013年10月
  62. 2013年9月
  63. 2013年8月
  64. 2013年7月
  65. 2013年6月
  66. 2013年5月
  67. 2013年4月
  68. 2013年3月
  69. 2013年2月
  70. 2013年1月
  71. 2012年12月
  72. 2012年11月
  73. 2012年10月
  74. 2012年9月
  75. 2012年8月
  76. 2012年7月
  77. 2012年6月
  78. 2012年5月
  79. 2012年4月
  80. 2012年3月
  81. 2012年2月
  82. 2012年1月
  83. 2011年12月
  84. 2011年11月
  85. 2011年10月
  86. 2011年9月
  87. 2011年8月
  88. 2011年7月
  89. 2011年6月
  90. 2011年5月
  91. 2011年4月
  92. 2011年3月
  93. 2011年2月
  94. 2011年1月
  95. 2010年12月
  96. 2010年11月
  97. 2010年10月
  98. 2010年9月
  99. 2010年8月
  100. 2010年7月
  101. 2010年6月
  102. 2010年5月
  103. 2010年4月
  104. 2010年3月
  105. 2010年2月
  106. 2010年1月
  107. 2009年12月
  108. 2009年11月
  109. 2009年10月
  110. 2009年9月
  111. 2009年8月
  112. 2009年7月
  113. 2009年6月
  114. 2009年5月
  115. 2009年4月
  116. 2009年3月
  117. 2009年2月
  118. 2009年1月
  119. 2008年12月
  120. 2008年11月
  121. 2008年10月
  122. 2008年9月
  123. 2008年8月
  124. 2008年7月
  125. 2008年6月
  126. 2008年5月
  127. 2008年4月
  128. 2008年3月
  129. 2008年2月
  130. 2008年1月
  131. 2007年12月
  132. 2007年11月
  133. 2007年10月
  134. 2007年9月
  135. 2007年8月
  136. 2007年7月
  137. 2007年6月
  138. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ