イギリス・ノースヨークシャー、中世のお屋敷と伝統的なイングリッシュガーデン♪_旅の記録vol.27

stnicholasgarden2017s.jpg

なだらかな緑の牧草地に建つ中世の館。

美しく刈り込まれたヘッジの向こう...
ガーデンルーム毎に広がる世界観。

ロングボーダーに咲きみだれる花々...
たなびく煙にかすむ木立に射しこむ光...

ノースヨークシャー、リッチモンドという町。

庭の美しいB&B宿泊を目当てに訪ねましたが、
中世の頃に建てられた伝統的なお屋敷の、
これぞ「 The!イングリッシュガーデン 」を、
思いがけず、堪能出来たという幸運!

2017年初夏に旅したフランス~イギリス旅の記録...
前回 からの続きです♪


朝食を終えて支度を済ませ出発!
オースティンさんの車の後を追います。

ご友人のガーデンだと聞いていたので、
普通の家だと想像していたら...

↓ 着いたのは、こんな立派なお屋敷で、びっくり!

20170615-R6151610s.jpg

年に数回しかオープンガーデンをやっていないとのこと。

今回の記事をUPするため、改めて調べてみると、
今現在、定期的にお庭を公開しているお屋敷のようです。
( 最後に情報UPしますね )

↓ 犬さんが迎えてくれました。

R6151383s.jpg

↓ ご友人はガーデナーさんなのかな?

20170615-R6151384s.jpg

石積みの家に薔薇♪
素敵ですー(*^-^*)

オースティンさんが話をしている間、
こちらの冊子を見せていただきました。

↓ 中世の頃の絵でしょうか。

20170615-R6151613s.jpg

↓ ガーデンマップ。

20170615-R6151614s.jpg

とっても広いお庭。

7エーカーの敷地...に作られたガーデン...
と、云われてもピンときませんー。

平米換算してみたら、
28328㎡...それでもピンとこない。。
坪数換算してみたら、8552坪!!
何となくピンとくるようなこないような。。(^-^;

さぁ行こう!と、家沿いを歩き、
コテージガーデンへ向かいました。

20170615-R6151391s.jpg

ちょうど薔薇が見頃の季節。

20170615-R6151402s.jpg

以前2012年に庭巡り旅をした時、
薔薇開花時期を狙って行ったのですが、
少し早くて見ることが叶わなかった。

庭は、訪れるタイミングで表情を変えるから、
今回、ミルゲートもコチラでも、
薔薇を堪能できたことがとても嬉しい♪

オースティンさん、
どんどん、私達に話しかけてきます。
( 英語での意思疎通が難しいのに...(^-^; )

↓ 見どころを教えてくださいます。

20170615-R6151396s.jpg

植物を前に、そのヨロコビに溢れた表情からは、
深い深ーい ガーデン愛 が感じられました。

せめて、ニュアンスだけでも聞き取ろうと、
一生懸命になっていたら、写真がイマイチですが、
それでも良かった。

素晴らしさを共感しあえたから。。(*^-^*)

20170615-R6151397s.jpg

ハルジオンだと思うのですが、
イギリスのお庭では、
雑草としてではなく植えこまれているのを見かけます。

愛らしい野の花と艶やかな薔薇。
美しいです(*^-^*)

20170615-R6151410s.jpg

↓ コテッジガーデン。

20170615-R6151479s.jpg


20170615-R6151419s.jpg

芍薬の美しいこと(*^-^*)

20170615-R6151435s.jpg

ハマナスも咲いていました。

20170615-R6151418s.jpg

香りとその姿にうっとり。

20170615-R6151453s.jpg

ウェザードされたベンチやアーチ。

20170615-R6151420s.jpg

きっと右側の薔薇が育ち、
ベンチを囲むのでしょうね(*^-^*)

20170615-R6151449s.jpg

ボーダーに植えられている花々は、
女性的でロマンチックな印象。。

20170615-R6151466s.jpg

20170615-R6151469s.jpg

20170615-R6151415s.jpg

アーチ越しに振りかえる。

20170615-R6151481s.jpg

↓ スタッフさんが持っていらしたNikon。

20170615-R6151480s.jpg

フルサイズに単焦点レンズ。
う羨ましい...(笑)

Nikon Love だそうです!!

20170615-R6151445s.jpg

私もNikon持ちですが、
家に置いてきてしまって...

と、カタコトで話すと、

 なぜ?
 僕はずっとコレだよ。
 Nikon is best!!

勿体無いねぇというお顔をされました。

た、確かに。。(^-^;

旅カメラは何時も悩みます。

カメラだけに夢中になると、
旅の愉しみが半減するし...
けれど、カメラを怠ると、後で激しく後悔するし...

旅カメラの按配...未だ模索中です(^-^;

↓ 爽やかな青空♪ 

20170615-R6151472s.jpg

Theイギリスの夏といった感じ。

20170615-R6151476s.jpg

↓ 次のガーデンルームへの扉。

20170615-R6151484s.jpg

ワクワクします(*^-^*)

20170615-R6151482s.jpg

ロングボーダー。

20170615-R6151543s.jpg

↑ ↓ ロング感の伝わらない写真ですが...(^-^;

野焼きなのかしら?
煙がたなびいて幻想的でした。

20170615-R6151519s.jpg

スッと伸びた直線に植えこまれた花々、
実に見ごたえが有り。

20170615-R6151532s.jpg

オースティンさん...
美しく咲く薔薇には、必ず足を止められて、
その香りを慈むように愉しまれていました。

20170615-R6151505s.jpg

本当にGARDEN LOVERでいらっしゃる。

この時の 場の空気感 は、
美しい庭を前に、皆、本当に心が躍り笑顔。

それに影響されて、
珍しく、夫も花を愛でている?(笑)

20170615-R6151541s.jpg

おどけるオースティンさん♪(笑)

20170615-R6151491s.jpg

刈り込まれたヘッジの向こうに、
また別の世界が広がります。

20170615-R6151495s.jpg

20170615-R6151496s.jpg

ドキドキしますね。

↓ Orchard garden。

20170615-R6151493s.jpg

↓ とても古いりんごの木だそう。。年数は失念(^-^;

20170615-R6151502s.jpg

そして、
確か林檎だと仰っていたと思う...(^-^;

20170615-R6151498s.jpg

↓ キッチンガーデン。

20170615-R6151552s.jpg

20170615-R6151572s.jpg

↓ この景が好きでした。
↓ ロングボーダー側の煙が幻想的な景に。。

20170615-R6151555s.jpg

↓ 石積みの塀が素敵。

20170615-R6151576s.jpg

20170615-R6151561s.jpg

キッチンガーデンにも薔薇が沢山!

20170615-R6151564s.jpg

20170615-R6151565s.jpg

↓ フォーマルガーデン。

20170615-R6151585s.jpg

20170615-R6151583s.jpg

↓ 牧草地。

20170615-R6151601s.jpg

↓ ジャングル感ある木立の庭。

20170615-R6151590s.jpg

20170615-R6151586s.jpg

↓ 東洋的なお庭までありました!

20170615-R6151594s.jpg

 仏教徒は、ガーデナーでも虫を殺さないのか?

等々、雑談をしながら、
牧草地の脇を通って戻りました。

20170615-R6151607s.jpg

こんなに本格的なイングリッシュ・ガーデンが見られるなんて...!!
しかも、ずっと案内してくださるなんて。。

ご好意に、心から感謝!!(≧▽≦)!!

と、いう想いを、
英語で伝えられたか自信がありませんが、
精一杯、カタコトですが、感謝を伝えました。

本当にありがとうございましたm(__)m

最後に、男性陣を記念にパチリ☆

20170615-R6151615s.jpg

そして...

こんな素敵な出合いがあるから、
本当に旅ってやめられませんね。。

思い返しても、リッチモンドでの2日間は、
この旅イチバンのヨロコビ。

残念だったのは、我が英語力の無さョ( ;∀;)
もっと話せたら、もっと楽しかったのにぃ。。

別れ際に、彼らから、

 もうひとつ、
 リッチモンドで見るべきトコロがあるけれど...
 時間が大丈夫だったらぜひ行ってみて!

と、教えていただいた教会。

彼らのお勧めなですし、
この美しい小さな町が気に入って名残惜しくもあり、
今日の目的地、ダルメインへ行く前に、
行ってみることにしました♪

次回 へ続きます。

長い記事...(^-^;
今回も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました♪

※ ガーデン情報 ※
→ St Nicholas Gardens
( ↑ セントニコラスガーデンのHPにリンク )
→ HOUSE AND HERITAGE
( ↑ ハウス&ヘリテイジというHPにも紹介されていました )



  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 



いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

≪ 今回の旅記事一覧はこちらから♪ ≫
→ フランス&イギリス旅_2017初夏 一覧

Comments [2]

すごいすごい、素敵なガーデン!
しかも案内付き!!
ご一緒したかった~~?????

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • P9170010s.jpg
  • ph_bf3911.jpg
  • pantly_madori_jiturei_iihi.jpg
  • 20140717-R0013688s.jpg
  • IMG_6457s.jpg
  • aojisoGenovese.jpg
  • 20180825-DSC04514s.jpg
  • 20180825-P8250009s.jpg

アーカイブ

  1. 2018年9月
  2. 2018年8月
  3. 2018年7月
  4. 2018年6月
  5. 2018年5月
  6. 2018年4月
  7. 2018年3月
  8. 2018年2月
  9. 2018年1月
  10. 2017年12月
  11. 2017年11月
  12. 2017年10月
  13. 2017年9月
  14. 2017年8月
  15. 2017年7月
  16. 2017年6月
  17. 2017年5月
  18. 2017年4月
  19. 2017年3月
  20. 2017年2月
  21. 2017年1月
  22. 2016年12月
  23. 2016年11月
  24. 2016年10月
  25. 2016年9月
  26. 2016年8月
  27. 2016年7月
  28. 2016年6月
  29. 2016年5月
  30. 2016年4月
  31. 2016年3月
  32. 2016年2月
  33. 2016年1月
  34. 2015年12月
  35. 2015年11月
  36. 2015年10月
  37. 2015年9月
  38. 2015年8月
  39. 2015年7月
  40. 2015年6月
  41. 2015年5月
  42. 2015年4月
  43. 2015年3月
  44. 2015年2月
  45. 2015年1月
  46. 2014年12月
  47. 2014年11月
  48. 2014年10月
  49. 2014年9月
  50. 2014年8月
  51. 2014年7月
  52. 2014年6月
  53. 2014年5月
  54. 2014年4月
  55. 2014年3月
  56. 2014年2月
  57. 2014年1月
  58. 2013年12月
  59. 2013年11月
  60. 2013年10月
  61. 2013年9月
  62. 2013年8月
  63. 2013年7月
  64. 2013年6月
  65. 2013年5月
  66. 2013年4月
  67. 2013年3月
  68. 2013年2月
  69. 2013年1月
  70. 2012年12月
  71. 2012年11月
  72. 2012年10月
  73. 2012年9月
  74. 2012年8月
  75. 2012年7月
  76. 2012年6月
  77. 2012年5月
  78. 2012年4月
  79. 2012年3月
  80. 2012年2月
  81. 2012年1月
  82. 2011年12月
  83. 2011年11月
  84. 2011年10月
  85. 2011年9月
  86. 2011年8月
  87. 2011年7月
  88. 2011年6月
  89. 2011年5月
  90. 2011年4月
  91. 2011年3月
  92. 2011年2月
  93. 2011年1月
  94. 2010年12月
  95. 2010年11月
  96. 2010年10月
  97. 2010年9月
  98. 2010年8月
  99. 2010年7月
  100. 2010年6月
  101. 2010年5月
  102. 2010年4月
  103. 2010年3月
  104. 2010年2月
  105. 2010年1月
  106. 2009年12月
  107. 2009年11月
  108. 2009年10月
  109. 2009年9月
  110. 2009年8月
  111. 2009年7月
  112. 2009年6月
  113. 2009年5月
  114. 2009年4月
  115. 2009年3月
  116. 2009年2月
  117. 2009年1月
  118. 2008年12月
  119. 2008年11月
  120. 2008年10月
  121. 2008年9月
  122. 2008年8月
  123. 2008年7月
  124. 2008年6月
  125. 2008年5月
  126. 2008年4月
  127. 2008年3月
  128. 2008年2月
  129. 2008年1月
  130. 2007年12月
  131. 2007年11月
  132. 2007年10月
  133. 2007年9月
  134. 2007年8月
  135. 2007年7月
  136. 2007年6月
  137. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ