祝竣工!まちなかの家_家づくりを通じて分かり合えるヨロコビと共に...♪

khouse_collage20181212s.jpg

まちなかの家...川口Kさんの家が、
12月半ばに無事に竣工いたしました!!!!

クリスマスを新居で迎えられ、
心地よく暮らしてくださっていること、
メールをいただいております(*^-^*)

なかなかブログをUPできなかった12月でしたが...
( 公私共にとにかく予定を詰め過ぎた...^^;)
ようやく机に向かってブログを綴れます。
嬉しい。。( ;∀;)

今日は、竣工PHOTOと、
家づくりの最後に施主さんと交わした会話を通して、
思ったコトなどを、UPしたいと思います!!


↓ 外観。道から見上げた景。

DSC05076s.jpg

青空とセランガンバツのルーバー。
実にいい感じで仕上がりました!!

竣工写真を撮った時は残念ながら曇りでしたので、
全景はリベンジです(^-^;

↓ 道路沿いには、ポスト・インターホン・宅配ボックス・外部収納を設置。

20181210-PC100227s.jpg

耐力壁(構造的に必要な壁)を利用して、
まとめた門周りの機能空間。

↓ アプローチと車庫スペース。

20181210-PC100226s.jpg

写真右側には、吊り収納を造作。
高さ方向の空間を活かしました。

これ、ホントに羨ましい。。
我が家にも欲しい!(笑)

自転車で隠れてしまっていますが...(^-^;
外流しも設置。

車と自転車と人の動線が上手く納まったと感じます。

↓ 玄関扉は、引戸。

20181213-PC130307s.jpg

いわゆる狭小敷地の場合、
玄関ドアが開くスペースが勿体ないので、
引戸を選ぶことがあります。

今回も車庫を通っての玄関でしたので、
引戸を採用させていただきました。

玄関扉に施主さんが望まれたのは、
余計な装飾の無いシンプルさ。

フレームも、扉も、把手も、アルミのシルバー。
ポーチ部分も、敢えてモルタル仕上。

この辺りの感覚が、私達も実にしっくりきた部分でした(*^-^*)

↓ 玄関ホール。

20181213-PC130304s.jpg

右には、シューズインクローゼット。
左には、階段下を利用した土間収納。

20181210-PC100200s.jpg

L型に設置した棚板は可動式。
コート掛フックも配しました。
入口は、カーテンで目隠しします。

コンパクトな空間ですが、
必要機能はシッカリ確保。

↓ 階段下土間収納。

20181210-PC100194s.jpg

1階には、車庫の他、畳の部屋とトイレを配しました。

↓ 一階トイレ。

20181210-PC100191d.jpg

↓ タタミのお部屋。
tatamirooms.jpg
畳下収納も設置。
かなりの収納力UP⤴。

↓ 2階LDK、キッチン方向を臨む。

PC130197s.jpg

キッチンに望まれたのは、
家事動線の良さと、くつろぐご家族との距離。

PC130257s.jpg

対面では無いのですが、キッチンを中央に配して、
クルクル回れる回遊動線を確保。

キッチンの隣に、スタディカウンターも設置。

 お子さんの宿題をする場所...
 家族でつかうパソコンコーナー...
 家事机...

いろんな用途で使っていただけると思います!

PC130256s.jpg

キッチンはTOTOシステムキッチン。

↓ バイブレーションステンレス天板をセレクト。

20181213-PC130056s.jpg

除菌水&水ほうき水栓。
TOTOは、シンク周りがスッキリデザインなのが好ましい。

キッチン手元はランバーを使った薄いカウンターで隠しました。

PC130090s.jpg

↓ レンジフードは、アリアフィーナ。

20181213-PC130041s.jpg

↑ 説明シールは新築時に剥がした方が、長い間きれいに使えます。
↑ 剥がした跡が残ってしまっていますが...キレイに落ちますので...(^-^;

↓ アリアフィーナは、継ぎ目が少ない構造で、お掃除しやすい!

20181213-PC130044s.jpg

デザインも良いので、
いいひの家で採用率高いです。

↓ 食洗機はPanasonicの深型。

20181213-PC130051s.jpg

一見すると、家電部分に見えません。

↓ 開いたところに操作ボタンが隠れています。

20181213-PC130049s.jpg

まちかどの家は、
間口が二間(3640mm)なので、
背面収納の奥行は400mm以下に抑えました。

↓ キッチンに立ち、リビング方向を臨む。

20181213-PC130202s.jpg

この背面の奥行...
食器類・食品収納には十分。

家電置場としては、
炊飯器・ポット等の小さいモノは置けますが、
電子レンジは置けないので、
冷蔵庫並びにレンジ置場をレイアウト。

↓ キッチン全体を見下ろす。

PC100118s.jpg

また、キッチンと水周りを同一階にするのも、
施主さんが強く望まれたことでした。

↓ リビングよりキッチン方向。奥が洗面脱衣室~浴室。

20181210-PC100107s.jpg

LDKはガス温水床暖房入。
ちょうどその良さを実感していただける季節にご入居されました^m^

↓ 洗面脱衣室。

PC100085s.jpg

洗面化粧台は造作。
陶器の大きめなボウルと収納鏡を組み合わせたシンプルなもの。

高窓で光を採り入れ、
スリット窓で風を通します。

洗濯機上は、
ちょっとしたものが干せるよう、
ハンガパイプと棚板を設置。

↓ 洗濯機が入ったところ。

20181214-DSC05354s.jpg

↓ 浴室はTOTOユニットバス1416サイズ。

20181214-DSC05357s.jpg

一坪の広さは取れませんでしたが、
十分くつろげる空間になりました!

特に、三階建の家だと、
水周りをどの階に配するかで、
生活動線が全然違います。

2階に水周りを集約させたことで、
リビングダイニングは小さめになりましたが、
やはり、キッチンと洗濯動線が近いのは有難い。。

共働きのKさんにとっては、
これが正解だったと思います(^^)v

狭小住宅だと、何を優先するかで、
ホントに住み心地に差が出てきます。

諦めるトコロ、譲れないトコロ。。
それは、住まい手さんによって、それぞれ違います。

その違いを見極めて、
設計者としてアドバイスはしますが、
最終的には施主さん次第。

その辺りのジャッジ...
Kさんとはとても上手くいったと感じております!!

↓ 二階トイレ。

20181210-PC100102s.jpg

こちらもコンパクトな空間ですが、
タンクレス便器に手洗い器を設置。

施主支給くださったアラウーノ...
コストダウンが最大の選択理由ですが、、
次の機会に、これを選ぶ意図などもご紹介出来たらと思います。

↓ 洗面脱衣室を出て、三階へ。

20181210-PC100097s.jpg

20181210-PC100132s.jpg

↓ 三階ホールは、ランドリーホールでもあります。

PC100138s.jpg

ベランダに面したホールは、天窓付き。

とても明るくて心地よい空間です。

 室内干し用アイアンパイプ...
 ランドリーカウンター
 ( アイロン掛け・洗濯たたみ台として )
 ( カウンター下はリネン収納スペースに...)

PC100141-1s.jpg

奥行が深めのベランダには屋根が架かり、
ふいの雨にも凌げるように。。

20181210-PC100139s.jpg

スロップシンクも設置しました。

洗濯干しスペースとしての用途が高いベランダですが、
ワタシ的に、アウトドア用の椅子を置いて、
お風呂上りに夜風で涼みながらビールを愉しむ場所としても、
実に良さそうだなぁと妄想していました(笑)

↓ 子供室。

20181210-PC100146d.jpg

クローゼット扉はナシ。
ロールスクリーンで目隠しします。

将来、Sちゃんに妹弟が出来た時用に、
お子さんふたりが使える部屋を意図しました。

↓ ホールから寝室方向。

20181210-PC100153s.jpg

まちかどの家、
素材は無垢や珪藻土を採用しましたが、
建築的には、シンプルです。

設計過程で、

 色を入れようか?
 タイルを貼ろうか?

そんなお話も勿論出ました。

けれど、装飾的な部分を建築で造り込まなかったのは、
暮らしの部分で '色' を入れられる方だから。。

↓ イームズのエレファントさん♪

20181210-PC100112s.jpg

こんな風に雑貨を使って、
好みのインテリアに設えていくのが、
家づくりの後の暮らしの愉しみですよね!

Kさんは、きっとそんな愉しみを実践してくださる筈。

永く住まう家...
年齢と共に好みも変わります。

特にお若い施主さんには、
どんなテイストでも受け容れられるシンプルな家が良いな。。。
と、私達が設計事務所として独立した当初からのスタンスを理解してくださった。

Kさんご夫妻とは、本当に佳い家づくりが出来たと思います!!

↓ お引渡し時のご家族。お顔を隠すのが勿体ない位!

20181212-PC120134ss.jpg

素敵な笑顔でした(*^-^*)

設計過程では、さまざまな選択肢に向き合います。

 ご家族の人生...
 こう住まいたいというビジョン...
 外野(周囲の家族や知人や友人)の声...
 理想と現実のギャップをどう埋めるか...

多くのご家族との家づくりに向き合う、
設計者というお仕事をしていると、
家づくりは、『 自分達がどう生きていきたいか...』を、
指し示すようなものだなぁ...とも常、感じます。

家づくりは楽しいことばかりではない。。
時に苦しくて辛いことも多々ある。。

そんな時、どう乗り越えたらいいのか...

面と向かってズバリとは言えなくても、
ブログを通して伝えたいコトを書くことがあります。

それをどう受け止めていただけるか...は、
その施主さん次第なのですが...(^-^;

20181214-DSC05366s.jpg

お引渡し後、
壁掛テレビ金具を取り付けに伺った夜、
帰りがけにご主人とお話した時...

- いいひブログは何気に深いですよね
- 自分も家づくりを通して学ばされました 

と仰っていただけたこと。

奥さまからのメールでも、

- ほぼほぼ委ねる形になり、
- 自分達だけでは選択出来ない色々な事をご提供いただき感謝しております!

と。。

家づくりを通じて、分り合えたことが、
本当にホントに嬉しくて、心が温まった夜でした。

Kさんご一家に初めてお会いしてから、
足掛け2年位かな。。

このご家族のヨロコビの笑顔で、
2018年を締めくくれたことが、
本当に嬉しいことだなぁと感じ入っています。。

今年竣工した施主の皆さま...
どうぞ、佳い年を新居でお迎えくださいね♪

いいひブログ読者で居てくださる皆さまも♪



  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 



いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ



≪ 過去記事もよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 10年分の過去記事からピックアップ!_いいひブログを通して伝えたい想いを改めて。 」
「 祝竣工!ふたりの小さな家_とびっきりの笑顔に出合えた日♪ 」
「 竣工PHOTO♪_施主さんのヨロコビが原動力!_いい夫婦の家ウォルナット男前インテリア@船橋Sさんの家 」
「 祝竣工!完成のヨロコビ_もうひとつの記念日になった日♪_桜見の二世帯住宅@谷中 」
「 祝竣工!コテージのような家に♪_川べりの家@相模原 」

「 歓びを分かち合える幸せ_竣工お引渡し♪@大宮の家 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • e1027s.jpg
  • sundays-joy.jpg
  • DSCF5005s.jpg
  • DSC05407s.jpg
  • Grange-over-Sands2017s.jpg
  • P1050050s.jpg
  • PC310121s.jpg
  • 3c61a62a8a40251bd2c22ca8a7ae4641e7d9bd39.jpg

アーカイブ

  1. 2019年1月
  2. 2018年12月
  3. 2018年11月
  4. 2018年10月
  5. 2018年9月
  6. 2018年8月
  7. 2018年7月
  8. 2018年6月
  9. 2018年5月
  10. 2018年4月
  11. 2018年3月
  12. 2018年2月
  13. 2018年1月
  14. 2017年12月
  15. 2017年11月
  16. 2017年10月
  17. 2017年9月
  18. 2017年8月
  19. 2017年7月
  20. 2017年6月
  21. 2017年5月
  22. 2017年4月
  23. 2017年3月
  24. 2017年2月
  25. 2017年1月
  26. 2016年12月
  27. 2016年11月
  28. 2016年10月
  29. 2016年9月
  30. 2016年8月
  31. 2016年7月
  32. 2016年6月
  33. 2016年5月
  34. 2016年4月
  35. 2016年3月
  36. 2016年2月
  37. 2016年1月
  38. 2015年12月
  39. 2015年11月
  40. 2015年10月
  41. 2015年9月
  42. 2015年8月
  43. 2015年7月
  44. 2015年6月
  45. 2015年5月
  46. 2015年4月
  47. 2015年3月
  48. 2015年2月
  49. 2015年1月
  50. 2014年12月
  51. 2014年11月
  52. 2014年10月
  53. 2014年9月
  54. 2014年8月
  55. 2014年7月
  56. 2014年6月
  57. 2014年5月
  58. 2014年4月
  59. 2014年3月
  60. 2014年2月
  61. 2014年1月
  62. 2013年12月
  63. 2013年11月
  64. 2013年10月
  65. 2013年9月
  66. 2013年8月
  67. 2013年7月
  68. 2013年6月
  69. 2013年5月
  70. 2013年4月
  71. 2013年3月
  72. 2013年2月
  73. 2013年1月
  74. 2012年12月
  75. 2012年11月
  76. 2012年10月
  77. 2012年9月
  78. 2012年8月
  79. 2012年7月
  80. 2012年6月
  81. 2012年5月
  82. 2012年4月
  83. 2012年3月
  84. 2012年2月
  85. 2012年1月
  86. 2011年12月
  87. 2011年11月
  88. 2011年10月
  89. 2011年9月
  90. 2011年8月
  91. 2011年7月
  92. 2011年6月
  93. 2011年5月
  94. 2011年4月
  95. 2011年3月
  96. 2011年2月
  97. 2011年1月
  98. 2010年12月
  99. 2010年11月
  100. 2010年10月
  101. 2010年9月
  102. 2010年8月
  103. 2010年7月
  104. 2010年6月
  105. 2010年5月
  106. 2010年4月
  107. 2010年3月
  108. 2010年2月
  109. 2010年1月
  110. 2009年12月
  111. 2009年11月
  112. 2009年10月
  113. 2009年9月
  114. 2009年8月
  115. 2009年7月
  116. 2009年6月
  117. 2009年5月
  118. 2009年4月
  119. 2009年3月
  120. 2009年2月
  121. 2009年1月
  122. 2008年12月
  123. 2008年11月
  124. 2008年10月
  125. 2008年9月
  126. 2008年8月
  127. 2008年7月
  128. 2008年6月
  129. 2008年5月
  130. 2008年4月
  131. 2008年3月
  132. 2008年2月
  133. 2008年1月
  134. 2007年12月
  135. 2007年11月
  136. 2007年10月
  137. 2007年9月
  138. 2007年8月
  139. 2007年7月
  140. 2007年6月
  141. 2007年5月

最近のコメント

このページの上部へ

このページの上部へ