築42年の家、住宅医による木造住宅調査@日光

IMG_5580.jpeg

涼やかな風が心地よかった日光♪

目の前の丘には、
フランスギクが満開♡

遡ること2年前完成した日光の家

昨年...隣家が売りに出され、
施主さんのご友人が購入。
年末に東京からお引越し。

その築42年になる家の
リフォーム設計を依頼されました。

当時の資料は、確認申請書しかなく、
それもあまりあてにならなそうなもの。

リフォームするにしても、
その建物がどんな状況であるかは、
永住する家ならば、知った上でリフォームすべきでは?

と、施主さんにご説明し納得いただき...

住宅医による
『 木造住宅調査診断 』
( ↑ 住宅医協会HPにリンク )
をすることになりました。

今回の調査は、
スピカ建築工房さんと共同主宰する、
暮らしと家設計室でお請けしました!
( まだHP出来ていませんが...(^-^; )
( 協働の設計室を立ち上げたのです )

そのスピカさんはじめ、
住宅医の建築士さん達により調査を実施。

今日は、その様子をUPさせていただきます!


『 木造住宅調査診断 』
診断項目は、以下になります。

▽ 耐震
▽ 劣化
▽ 温熱
▽ バリアフリー
▽ 維持管理
▽ 火災時の安全性

jutakuipanf.jpg

( ↑ 上記、住宅医パンフレットより抜粋 )

上記の表でいう三次診断...

いわゆるな耐震診断よりも、
更に踏み込んだ内容で、
建物を診ていくことになりました。

耐震性を確認するにも、

→ 基礎の状態がどうなのか?
( べた?布基礎?有筋?無筋? )
→ どこに筋交いが入っているのか?
→ 梁がどう組まれているのか?
( リフォームで抜きたい壁がある場合など、チェック必要 )

等々を調べるのですが...

憶測ではなく、
実際に床下や天井裏に入り、
記録していきます。

↓ 和室があると、床下や天井裏にアクセスしやすい。

IMG_5451.jpeg

和室ならば、畳の下から。
押入ならば、点検口から。

↓ 畳をあげて、床下に潜ります。

IMG_5438.jpg

床下の状態を野帳に記録。

DSCN9006.JPG

基礎の状態を確認するとともに、
木材の劣化具合もチェックします。

↓ 床下調査の一枚。

DSCN8836.JPG

水周りの床下は、
湿気が多く腐朽が進んでいること多いですが、
それ以外にも思いがけぬ不具合なども見つかったり。。(>_<)

調査を行わないリフォームの場合だと...

工事着工後、
床下を壊して初めてその不具合が判明!

なんてことも有ります。

そうなると、
工事が進む中、
費用を予測し対策を立てることになります。

工事費に余力を持たせないと、
その対応も難しくなるので注意が必要。。

ただ今回のように、
工事前に事前調査を行うことで、
ある程度の状態を把握できること...

これは、リフォーム設計を行う際の、
大きなメリットのひとつだと感じました!

↓ 天井裏、押入点検口から。

IMG_5458.jpeg

点検口から入っても見きれない場合は...

↓ 天井裏(二階の床に開口部を開けて...)

IMG_5564.jpeg

↓ どんなふうに梁がかかっているか?
↓ 金物は入っているか?

P6020263.JPG

↓ 段差計測。

f5dc6c6906a75a75bc34823b19193c21b2f4948b.jpg

他に、設備機器の記録。
電気配線の記録等を行います。

今までのリフォームでは、
事前調査を入れたこと、ありませんでした。

主に費用面がネックでしたが、
これは、やるべき ですね!

住宅医の建築士の皆さんの協力で、
こんな精度の高い詳細調査が叶うこと、
費用対効果は抜群だと感じました。

IMG_5577.jpeg

リフォーム・リノベーション設計は、
元々の建物の状態にもよりますが、、
大体、、、かけようと思えば...
新築並みの費用になってしまうことも多々。

何を採って何を捨てるか?
現実的な 取捨選択 の連続です。

憶測ではなく情報が得られること。

的確なリフォーム設計に繋がります。

今回は、移動に時間がかかるので、
泊りがけ一泊二日で行いました!
( 通常は丸一日かけて行うそうです )

↓ 日光のエアビーに宿泊。

IMG_5449.jpeg

住宅医の方々の経験から、
色んなアドバイスをいただけたのも、
とても有り難かった!!

住宅医Tさん・Kさんの、
惜しみない協力に、
心から感謝ですm(__)m

実は、近年、
疲れてしまうことが理由で、
横の繋がりを少々避けていましたが、
やはり、大切ですね!!!

引きこもり?(^-^;を止めて、
少し表に出ていこうと感じました。   

また、今回、
住宅医による調査の意図を
理解してくださり、
依頼してくださった...
施主BさんとPさん達に感謝。

↓ Bさんの家二階から、日光の家がとてもよく見えます♪

IMG_5456.jpeg

友人同士で、近くに住む。

歳を重ねた時、
子供が居ない私達にとって、
理想の住み方です(*^-^*)

↓ Pさんお手製の苺ケーキ♡

IMG_5441.jpeg

相変わらず素敵に暮らしてくださっていた日光の家。

美味しいケーキをご馳走になり、
大充実の二日間が終わりました。

そして、

新たな試みの、
「暮らしと家®設計室」

初仕事になる今回のリフォーム設計。
スピカさんと牛尾と協力して、
頑張りたいと思います(*^-^*)

また、ご報告していきますね♪
( 行動がブログに追いついていませんが...(^-^; )


  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 



いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 過去記事もよろしかったらどうぞ♪ ≫
→ 一昨年竣工した日光の家の記事♪
「 祝竣工!ふたりの終の住処_感無量...これまでの道のりを振り返って♪_日光の家 」

→ リフォーム・リノベーション関連の記事です
「 リフォームに向き合う時の迷い_快適さと健康と家 」
「 シンプルな暮らし_機械設備の寿命とメンテの時期 」
「 永い時を経た家の魅力に想う。_左官仕事、珪藻土と洗い出し土間@木場の家 」
「 在来木造は以外とフレキシブル_間取りを変える木造戸建てハーフリノベ着工中!@鴻巣の家 」
「 完成PHOTO&とびきりの笑顔♪@府中の家 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • nhousekodaira.jpg
  • 2seckshousestorys.jpg
  • 20210821-IMG_7532.jpg
  • Cornishware-800x314.jpg
  • sakan_kodairahouse.jpg
  • 2021SUMMERS.jpg
  • HANNOHOUSESTORY20210713.jpg
  • khousestorymar2021.jpg

アーカイブ

  1. 2021年9月
  2. 2021年8月
  3. 2021年7月
  4. 2021年6月
  5. 2021年5月
  6. 2021年4月
  7. 2021年3月
  8. 2021年1月
  9. 2020年12月
  10. 2020年10月
  11. 2020年9月
  12. 2020年7月
  13. 2020年6月
  14. 2020年5月
  15. 2020年4月
  16. 2020年3月
  17. 2020年2月
  18. 2020年1月
  19. 2019年12月
  20. 2019年11月
  21. 2019年10月
  22. 2019年9月
  23. 2019年8月
  24. 2019年7月
  25. 2019年6月
  26. 2019年5月
  27. 2019年4月
  28. 2019年3月
  29. 2019年2月
  30. 2019年1月
  31. 2018年12月
  32. 2018年11月
  33. 2018年10月
  34. 2018年9月
  35. 2018年8月
  36. 2018年7月
  37. 2018年6月
  38. 2018年5月
  39. 2018年4月
  40. 2018年3月
  41. 2018年2月
  42. 2018年1月
  43. 2017年12月
  44. 2017年11月
  45. 2017年10月
  46. 2017年9月
  47. 2017年8月
  48. 2017年7月
  49. 2017年6月
  50. 2017年5月
  51. 2017年4月
  52. 2017年3月
  53. 2017年2月
  54. 2017年1月
  55. 2016年12月
  56. 2016年11月
  57. 2016年10月
  58. 2016年9月
  59. 2016年8月
  60. 2016年7月
  61. 2016年6月
  62. 2016年5月
  63. 2016年4月
  64. 2016年3月
  65. 2016年2月
  66. 2016年1月
  67. 2015年12月
  68. 2015年11月
  69. 2015年10月
  70. 2015年9月
  71. 2015年8月
  72. 2015年7月
  73. 2015年6月
  74. 2015年5月
  75. 2015年4月
  76. 2015年3月
  77. 2015年2月
  78. 2015年1月
  79. 2014年12月
  80. 2014年11月
  81. 2014年10月
  82. 2014年9月
  83. 2014年8月
  84. 2014年7月
  85. 2014年6月
  86. 2014年5月
  87. 2014年4月
  88. 2014年3月
  89. 2014年2月
  90. 2014年1月
  91. 2013年12月
  92. 2013年11月
  93. 2013年10月
  94. 2013年9月
  95. 2013年8月
  96. 2013年7月
  97. 2013年6月
  98. 2013年5月
  99. 2013年4月
  100. 2013年3月
  101. 2013年2月
  102. 2013年1月
  103. 2012年12月
  104. 2012年11月
  105. 2012年10月
  106. 2012年9月
  107. 2012年8月
  108. 2012年7月
  109. 2012年6月
  110. 2012年5月
  111. 2012年4月
  112. 2012年3月
  113. 2012年2月
  114. 2012年1月
  115. 2011年12月
  116. 2011年11月
  117. 2011年10月
  118. 2011年9月
  119. 2011年8月
  120. 2011年7月
  121. 2011年6月
  122. 2011年5月
  123. 2011年4月
  124. 2011年3月
  125. 2011年2月
  126. 2011年1月
  127. 2010年12月
  128. 2010年11月
  129. 2010年10月
  130. 2010年9月
  131. 2010年8月
  132. 2010年7月
  133. 2010年6月
  134. 2010年5月
  135. 2010年4月
  136. 2010年3月
  137. 2010年2月
  138. 2010年1月
  139. 2009年12月
  140. 2009年11月
  141. 2009年10月
  142. 2009年9月
  143. 2009年8月
  144. 2009年7月
  145. 2009年6月
  146. 2009年5月
  147. 2009年4月
  148. 2009年3月
  149. 2009年2月
  150. 2009年1月
  151. 2008年12月
  152. 2008年11月
  153. 2008年10月
  154. 2008年9月
  155. 2008年8月
  156. 2008年7月
  157. 2008年6月
  158. 2008年5月
  159. 2008年4月
  160. 2008年3月
  161. 2008年2月
  162. 2008年1月
  163. 2007年12月
  164. 2007年11月
  165. 2007年10月
  166. 2007年9月
  167. 2007年8月
  168. 2007年7月
  169. 2007年6月
  170. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ