大人世代のマンションリノベ☆施工編_やっぱり自然素材をつかいたい!

Collage2_ohouse-renovations.jpg

大人世代のマンションリノベ☆施工編♪

自らの暮らしを見直し
これからの人生を営む場として
どんな間取り...空間にして
どんな素材で仕上げたら良いのか?

打ち合わせを重ねてまとまった
設計図を元に工事を進めていきます!

前回 設計編 からのつづきです♪

↓ 解体乗り込みの日。


今回の工事は、既存の間取りを半分残す...
いわゆる ハーフリノベーションだったので、
残すところ、壊すところの指示からスタート。


↓ 個室1。

IMG_2402.jpeg

旦那さまのお部屋は、
仕上以外はほぼ触らない予定。

↓ 個室2。

IMG_2400.jpeg

奥さまの部屋は少しサイズダウンして、
ウォークスルークローゼットと繋がる予定。

↓ 和室とリビングの境壁・押入が撤去。

IMG_2392.jpeg

↓ ユニットバス撤去。

IMG_2634.jpeg

キッチン撤去。

IMG_2393.jpeg

↓ どんどん解体が進んでいき...

IMG_2625.jpeg

広やかな空間が見えてきます!

解体して初めてわかることも有り。

想定外のことがあっても、
設計意図をぶらさないように納める方策を
工務店さんと相談して決めます。

IMG_3693.JPEG

↓ 施主さんにも現場に来ていただき、ご説明。

Blank 4 Grids Collage (1)s.jpg

マンションリノベーションでは、
竣工図面を確認しても
その通りに施工されていないことも
結構な確率で有るので...

設計者の立場としては、
予備費を見込んだ予算で
施主さんに心づもりをしてもらい、
その範囲内で納まる努力をします。

↓ なんと!当時の施工図発見。

IMG_2627s.jpg

ユニットバスに面した躯体壁に貼られていました。

これ!そう!これですョ!!

部屋ごとの納まりがきちんと記された施工図。
竣工図の中にこの図面が残っていて欲しかったぁ~(^-^;

↓ 新たな間仕切り下地が組まれて。。

20230601-IMG_3698.jpg

↑ 施主さん念願だったウォークスルークローゼット。

施主さんの心に描かれた暮らしを叶える空間が
だんだんとカタチに現れていきます♪

20230601-IMG_3692.jpg

↓ ユニットバスも施工完了。

20230601-IMG_3697.jpg

折々に施主さんにも度々現場にいらしてもらって...

20230601-IMG_3691-fotor-2023081185735.jpg

出来上がっていくヨロコビを共有♪

そう!

今回のリノベでスッキリさせたかったのは、
梁型や天井高の違いにより感じる圧迫感。

↑ ↓ 微妙に段差が出来る天井を揃えてもらいました。

20230614-20230614-IMG_4397.jpg

ただ...反省点もあり。

予算を浮かすために
良かれと思って既存部分を残したこと。
これが良くなかったと...(^-^;

大工さんいわく...
元々のつくりが甘かったため
そことの帳尻合わせが大変だったそう。

これだったら天井を全解体して、
新たに下地を組んだ方が楽だったね...と、
教えてくださいました。

今後に生かします(^-^;

20230614-IMG_4390.jpg

↓ だんだんと完成形が見えていく室内。

20230614-IMG_4398.jpg

↓ 和室小上がり...キッチン背面収納等も入って。。

20230627-IMG_4797.jpg

↓ 大工さんの手仕事を感じる道具。

20230627-IMG_4806.jpg

↓ 小上がり下の引き出し。

20230627-IMG_4785.jpg

最近は物価高騰で、
なかなか自然素材...塗り壁や無垢フローリングや造作建具
を採用することが、叶わないことも多かったです。

でも、鉄筋コンクリート造の室内ならば...
やっぱり 無垢の木や珪藻土&漆喰 で
素材感を感じられる空間にしたい!!!

もちろん予算調整もありましたが...

↓ 室内全部 塗り壁が叶いました♡

20230706-IMG_5112-fotor-2023081193835.jpg

久しぶりの左官職人Fさん達♪

↓ キッチンも搬入され絶賛組み立て中。

IMG_5113.JPEG

設計時から宿題だった施主さんタイルコレクションを活かすこと。

IMG_5118.JPEG

こちらは、実際に現場でバランスを確認してもらって位置決定。

20230706-IMG_5119.jpg

このタイル位置を待ってもらっていたので、
これが決まれば、塗り壁工事も完了します。

↓ キッチンからリビング方向を臨む。

20230715-IMG_5288.jpg

やっぱり塗り壁工事(左官)が入った後の現場は、
空気感が変わります!!

アクセントカラーにF&B社の
w29 ULTRA MARINE BLUE を選択し、
それが塗りあがったのも良い感じ♪

20230715-IMG_5300.jpg

リビングの飾り棚も仕上がり...

いよいよ完成が見えてきました!

↓ リビング、ビフォー。

20220511-IMG_7660.jpg

↓ ↑とほぼ同じアングル、もうすぐ完成なタイミングで♪

IMG_5297-fotor-20230811101725s.jpg

リアルタイムでは、7月末にお引渡し。
8月初めにお引越しを終えていらっしゃいます。

また次のタイミングで、
施主さんからの感想と共に、
竣工をご報告したいと思います!!



  読んでくださった皆さまにとって
  笑顔が生まれる
  いいひになりますように♡

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝♡

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


≪ 過去記事もよろしかったらどうぞ♪ ≫
↓ 独立前から心に在った想いがこんな機会も与えてもらいました
「 都会の「箱」住まいにこそ自然素材のチカラを♪_芝浦工業大学公開講座のご案内 」
↓ 自邸以外でこのコンセプトを理解くださった方とのリフォーム
「 猫と暮らす家♪_自然素材のマンションリフォーム 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • IMG_2462ss.jpg
  • 20240206iihiblog.jpg
  • IMG_2306s.jpg
  • 20240201Collage.jpg
  • 20240116 Collage.jpg
  • taitohouseCollages20240118.jpg
  • 20240116 Collage.jpg
  • IMG_1567s.jpg

最近のコメント

このページの上部へ

このページの上部へ