大人世代のマンションリノベ☆設計編_自分自身の『好き』に囲まれた住まいを...より良い人生のために♪

ohousebefore2023Collage-ss.jpg

子供や家族や仕事に
重きがあった人生がひと段落した頃
これまでの 住まい を再び整える。

自分自身の "好き" を大切にして
心地よい暮らしを紡いでいくために♪

大人世代のリフォームやリノベーションには、
そんな想いも詰まっているものですね (*^-^*)

けれども、

住んでいる家に手を加えることは、
実に...実に!
エネルギーが必要なことで...(^-^;

 はたして費用をかけてまで
 間取りを変えて住む必要があるのか?

そんな根本的な疑問も生まれる筈。

 家族との意見の相違や...
 予算と要望の兼ね合いや...

そんなこんなを乗り越えて!!

60代を迎えたてのご夫妻が住む
板橋区の分譲マンションの一室。

『 ...できれば、少しでも夢が叶い、
  残された人生を楽しく過ごせればと思います 』

↑↑ 施主奥さまY子さんからのメールをうけて...

リノベ設計をスタートしてから1年と数か月。
もう少しで、その想いを叶えた住まいが完成♪

今日は設計過程をご紹介してまいります!


お問い合わせをいただき、
Oさんのお住まいをご訪問。

記入くださったアンケートをもとに
ご要望をヒアリングしながら、
今のお住まい方を拝見させていただきます。

↓ 初回、打ち合わせの日。

IMG_7665-fotor-20230719112526.jpg

↓ ビフォー。玄関・キッチン方向を臨む。

20220511-IMG_7683.jpg

↓ ビフォー。リビングダイニング、専用庭方向を臨む。

20220511-IMG_7662.jpg

↓ ビフォー。和室方向を臨む。

IMG_7661.JPEG

ネイビーブルーの畳が敷かれた和室は元々お子さんの部屋。
今は、客間として利用されていて、
普段の生活空間には活かされていませんでした。

Oさんが変えたかったのは...

・ キッチン動線
( 対面レイアウト・ふたりがぶつかりにく空間に! )
・ 収納を集約させたい
( 納戸・ウォークスルークローゼット的空間 )
・ 部屋として仕切られていた和室も普段の暮らしに取り入れたい
・ リビングに椅子をつかって色々な空間をつくりたい
( 椅子好きな奥さまのご要望 )
・ テレビを見ながらゴロリとくつろぐ空間がほしい
( ご主人のご要望 )
・ 洗面を脱衣室から独立させたい
・ 夫婦それぞれのスペースの確保

↓ 既存の間取りと家具レイアウト。
 kizon.pdf ←下画像PDFで大きく開きます

IMG_0819.jpeg

図面内 緑色メモ が
困っていること&変えたいこと。

このご要望を持ち帰りプランを練りました。
初回は、2案ご提示。

↓ 初回プラン①
 plan1.pdf ←下画像PDFで大きく開きます

IMG_0816.jpeg

プランの意図は図面内にメモ。

キッチンが対面にはならずとも
LDKそれぞれの空間をしっかり確保する意図で
キッチン横並びレイアウトをご提案。

尚且つ

図面で言うと...
上半分エリアに手を加えて改修することで
( 家半分だけリノベーションするという意図 )
コストを抑える意図もありました。

もうひとつプラン②では、
ご要望されていた対面キッチン案もご提示。

結果...

やはり、対面キッチンにしたいというご希望が勝り、
プラン②をベースにして
2回目プランをまとめることになりました!

↓ 2回目プラン。
plan2.pdf ←下画像PDFで大きく開きます


IMG_0818.jpeg

段々と施主さんのイメージに近づきましたが、
以下のご要望をいただいて...

→ 収納を集約させた納戸を奥さまの部屋と繋げ
  ウォークスルークローゼット的に使いたい

→ 客間スペースを小上がりにしたい

→ ご主人の部屋はそのままでOK

上記を反映し設計を煮詰めていくことに!

またマンションリノベの記事で
いつも書くことですが...(^-^;

実施設計を進めるにあたり、
マンションリノベの場合必ずすべきことがあります。

それは、

『 竣工図面 』を確認すること!
( 管理組合が保管していることが多いです )

↓ 管理人室で竣工図を閲覧中。

IMG_1418.jpg

分厚い竣工図から必要な箇所を探し、
躯体や設備がどうなっているかを確認。

ただし、竣工図はあっても、
知りたいところが図面として残っていなかったりすることもあります。(>_<)

今回も、床の納まりが、どの図面からも確認出来ず...
( 床暖房納まり、下地材・床材の厚み等不明 )
予備費を想定しながら設計することになりました。

↓ ビフォー。専用庭方向を臨む。

20220511-IMG_7660.jpg

↓ 奥さまがご自身で制作した椅子!

IMG_7680.JPEG

味のある雰囲気が素敵です♡

これまでも素敵にお住まいでしたが、
リノベーションを機に、
これまでの持ち物を見直され断捨離。

設計の打ち合わせに行く度に
スッキリしていく室内が印象的でした。

設計の打ち合わせが煮詰まってきた頃、
奥さまがコレクションされていたタイル等を
インテリアに活かしたいというご要望も出て...

IMG_2339.jpeg

- どこかに活かしたいです!

という宿題をいただいたり(*^-^*)

逆にこちらからも、
飾り棚をつくる壁面に
挿し色を入れては?とご提案したり...

IMG_9085.jpeg

Fallow&Ball社のアーカイブされたサンプルに、
ご夫婦共に気に入られた青い色があり、
それを採用することになりました!

水周りの建具に入れるガラスは、
奥さまの好きな作家さんが作ってくれることに♪

↓ こちらの器がその方の作品。

20230307-IMG_8676.jpg

ポップな絵柄が可愛い♡(*^-^*)

永野徹子さん という作家さん。
( ↑ HPにリンク♪ )

どんなガラスになるのかワクワク!!

そしてそして...

設備機器等のショールームにも出向き、
素材仕様を決めていきました。

↓ TOTOショールームにて。

IMG_1920-fotor-20230718192121.jpg

キッチンは、TOTOクラッソ。
奥行750ミリ手元フラットのスリムタイプ。

IMG_1918.jpeg

ちょうど、図面でご提案していたサイズのキッチンを体感できました♪

ちなみにOさんは、
二度ショールームに行かれました。

その場で気に入った素材や色でも、
全体で俯瞰してみると、
実は合っていなかったりするのは、
ありがちなことですね(^-^;

IMG_1923.jpeg

そんなアドバイスもさせていただきながら、
図面をまとめて工務店さんに見積を依頼。

私たちは設計事務所なので、施工はしません。
工務店さんにご縁を繋ぐ役割でもあります。

結果、頸城建設さんにご縁が繋がり、
施工を依頼することになりました!

予算を超えてしまった分は、
施主支給品を見直したり
素材を変更したりして調整。

↓ 工務店さんとの契約の日。

IMG_9021-fotor-2023072071130sss.jpg

契約後、工務店さんに着工準備に入ってもらいます。

着工までの期間、
最終的な打ち合わせをしながら、
想定外の規約があることに気付いて、
慌てて仕様を変更したり。。

着工前に気付いて対処できて...
ホッとしたこともありました!(>_<;)

仮住まいへのお引越しを終えて、
GW明けに着工。

↓ 解体乗り込みの日の現場。

IMG_2391.jpeg 

和室とリビングの境が取れ、
キッチンの間仕切りが取れ、
段々広やかな空間が見えてきました!

大人世代マンションリノベ☆施工編 に、つづきます♪



  読んでくださった皆さまにとって
  笑顔が生まれる
  いいひになりますように♡

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝♡

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


≪ 過去記事もよろしかったらどうぞ♪ ≫
実はO邸奥さまのY子さんは、いいひOB施主さんのお姉さんでした(*^-^*)
↓ 妹Ⅿ子さんの家はこちら♪ ♡ ご縁に感謝いたします ♡
「 お正月は新居で♪_祝竣工!@吉川Hさんの家_設計事務所との家づくりを選んで下さった理由。」
↓ 椅子で心地よい空間をつくるってこんなことかな?(*^-^*)
「 椅子のあるCozySpace_間取りに心豊かな空間を♪ 」
↓ マンションリノベ事例いろいろ
「 北欧インテリアを愉しむベースづくり。自然素材マンションハーフリノベ_スタート♪@船橋Sさんの家 」
「 自然素材マンションリノベ@世田谷_設計意図&ビフォーアフターPHOTO」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • Blank 5 Grids Collage.jpg
  • rinnaifanmi2024331.jpg
  • Blank 3 Grids Collage (1).jpg
  • 20170621-R6211155.jpg
  • 20170620-R6200625.jpg
  • IMG_2462ss.jpg
  • 20240206iihiblog.jpg
  • IMG_2306s.jpg

最近のコメント

このページの上部へ

このページの上部へ