旗竿敷地のキッチン間取り実例&写真_Kitchen Story@上井草の家

 
家づくりにおいて、、
日々を暮らす家のキッチンを考えること...

女子は、みんな大好きなんじゃないかと思います(*^_^*)

かねてから、、
これまで手掛けさせていただいたお家のキッチンストーリーを、
少しづつ紹介したいなぁと思っており、今日はその初回♪
先週、一年点検へ伺った上井草の家をご紹介いたします。

Kさんのお家、、
実は、、ワタシ、なかなかタイミングが合わず、
暮らしが始まって伺うのが完成してから初めて。

一年を通しての暮らし心地をお聞きしてきました。

「 全てがシックリと馴染んで、
  何の問題もありません^^! 」

と、一年点検の日程を相談させていただいた際、
奥さまから、こんな風にメールで返信来ていましたが、
実際に伺ってみるまではドキドキ。

 意図した設計主旨が活かされているだろうか...
 あの大きな吹抜け、、暑さ寒さ大丈夫かなぁ...
 etc...etc...(^_^;)

で、拝見させていただいて、ホッと一安心。

点検の日は、
朝から冷たい冬の雨がそぼ降る、、
ホントに寒い寒い日だったのですが、
家のなかは床暖房だけでも十分に暖かく、、
心地よさそうに、暮らしてくださっていました!

嬉しかったなぁ(*^_^*)

↓ 2014年12月。竣工時 LDKの景。

simpleshabby_kh_02iihi.jpg

上井草の家は、旗竿状敷地に建つ家。

旗竿状敷地とは、、
' 旗竿状 ' という名がつく通り、、
細長い(道路に対しての間口2m~2.5m)通路の奥に、
四角い整形地(旗部分)があるような敷地。
( 詳しくは ↓ PDFで ご覧ください^^ )

23坪程度の都内の住宅地で、、
旗竿状に区画割された土地だと、
大体が1階にはLDKを配置することが難しい。。

1階が 風呂+洗面脱衣 & サービスルーム(納戸)で、
( サービスルーム:実際には寝室などに利用される )
2階が LDKという間取りが殆ど。

ただ、やはり、1階にLDKが欲しいと望まれる方も多く、
いいひでも、杉並の家 で、初めてその課題にチャレンジ。

その記事を見つけてくださり、
同じ意図で家を建てられたいと、
土地探しからお手伝いしたのが、上井草の家でした。

と、ゴニョゴニョ書いていても伝わらないですよね(^_^;)

スケッチを描いてみましたので、そちらをご覧ください♪
( ↓ 画像をクリックしていただくとPDFが開きます )

kamigusakitchenmadori_iihi.jpg

旗竿状の意味、、
上井草の家LDKの設計意図、、
伝わりました??

吹抜けで光を採り込む工夫...
必然的に開放的になる家を、どう住みよく設計するか。。

杉並の家で得た学びを活かせて、、
あの大きな吹抜けがあっても、
寒さで困ってしまうということは無いそうです。。

光熱費も、マンションにお住まいだったころと殆ど変らないそう。

間取りプランの段階で、
暮らし動線をしっかりと検討し、、
生まれたゾーニングレイアウト。。

対面キッチンも、当初、ご要望にはありましたが、、
敢えて、そこには固執せずに、、
( 奥さまの英断の勝利 ^^ )
セミオープン間取りのキッチンにしたこと。

それが、上井草の家が、、
コンパクトでも、、狭さを感じない家になっている、、
成功したひとつの要因だと、、
暮らしを拝見して益々実感しました!!

↓ らせん階段からのダイニング&キッチンの景。

20150115khome1.jpg

ホント、設計時に意図した通りに使ってくださっていて...
収まる場所に全てが納まっているそんな感じ^^

20150115khome3.jpg

背面収納はIKEAと大工さん造作のカスタマイズ。
家電・食器・調理器具・ゴミ置場など、、
必要なモノの位置を想定しながらプラン。

simpleshabby_kh_05iihi.jpg

キッチンはシンプルでも、必要機能はシッカリ確保。

幅広W600の食洗機も、、
白いスッキリしたデザインのノンフィルターフードも、、
排水口が端っこにあるのがポイントの、、
人大カウンターと一体のすべり台シンクも、、
グースネックの水栓も、、

全て入れ込んだのに、、
以外とリーズナブルに抑えられた、、
お手入れのしやすいTOTOシステムキッチン。

白い扉だったらグレードはあまりこだわらない...
という、、奥さまの決断の潔さも、おみごとでした。

見学にいらした方々皆さん、、
リーズナブルなグレードには見えません!!
と、絶賛していましたし^m^

Kさんとの家づくりを振り返って、
何が成功の要因だったのだろうと、
改めて考えてみました。

 暮らしの動線を想定しゾーニング、、
 要所要所に小さくても必要な収納を設け、、
   尚且つ
 暮らしを愉しめる遊びゴコロも忘れず。。

設計過程では色んな取捨選択が訪れますが、
この、、シンプルなコト を大切にすること。。

暮らしよく素敵インテリアの家をつくる上で、
忘れちゃいけないポイントかなぁと思い至ります。。(*^_^*)

これ、簡単なようで、以外とムツカシイもの。

でも、共感し分かり合えた施主さんとだからこそ、、
叶っているのだと感じます^^

20150115khome2.jpg

セミオープンのキッチンを緩やかに仕切るのは、、
白いモザイクタイルで仕立てた、、
カウンターを兼ねたマガジンラックと、奥行の浅い飾り棚♪

丘の家のキッチンも似たレイアウトのキッチン。
ダイニングとの仕切りのカウンターのつくり方には、
こだわりました。

上井草の家でも、こだわって大正解。
ちょっとした素材づかいが、インテリアに活きてきます^^

↓ 飾り棚の棚板は、造り付け家具のテレビボードと一緒の足場板♪

20150115khome4.jpg

'奥さまの好き' が詰まった可愛らしいギャラリーに。

今日は、LDKしかご紹介できませんでしたが、
他も、とっても良い感じなのです♪

土地が決まってからは、
ホントとんとん拍子に、何の障害もなく進んだ上井草の家。

最近の、、建築物価の高騰(>_<)、、土地値段も上昇(-"-)

一年前のことですが、思い返すと、
つくづく、本当に良いタイミングでの家づくりでした!

春が訪れて過ごしやすい季節になったら、
またご家族の暮らしを撮らせていただきに、、
訪問する予定!!!

その日をまた楽しみに...

そして、なかなか更新されない(^_^;)
HPの、、
「 OB住んでからの暮らしと声 」
「 いいひの設計実例 」 にも、
上井草の家を載せて、ご紹介いたしますね^^


  読んで下さった皆さまにとって

  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...   

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!
 
  心を込めて♪ (出美)
 

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
皆さまのあたたかい応援クリックに日々感謝です♪

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

「 旗竿状敷地 1階LDKへの採光の工夫@上井草の家 」

Comments [2]

こんにちは。
使いやすそうなキッチン、そしてダイニングとの仕切りもいいひさんらしくて素敵ですね♪
昨年ご一緒くださった、IKEAキッチン、、、、我が家にも2月上旬に入る予定です。楽しみです☆
いいひさんと行くIKEA♪記事、UPさせていただいたら、またご連絡しま〜す。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 20150524-P5240030s.jpg
  • 06172017SUMMER.jpg
  • ECOLO-Village20190617-(1).jpg
  • AHOUSE-collage20200610S.jpg
  • okanoiecollage2020ss.jpg
  • IMG_5528.jpg
  • London2017summerPrivateGardencollage.jpg
  • khousemarch2020collages.jpg

アーカイブ

  1. 2020年7月
  2. 2020年6月
  3. 2020年5月
  4. 2020年4月
  5. 2020年3月
  6. 2020年2月
  7. 2020年1月
  8. 2019年12月
  9. 2019年11月
  10. 2019年10月
  11. 2019年9月
  12. 2019年8月
  13. 2019年7月
  14. 2019年6月
  15. 2019年5月
  16. 2019年4月
  17. 2019年3月
  18. 2019年2月
  19. 2019年1月
  20. 2018年12月
  21. 2018年11月
  22. 2018年10月
  23. 2018年9月
  24. 2018年8月
  25. 2018年7月
  26. 2018年6月
  27. 2018年5月
  28. 2018年4月
  29. 2018年3月
  30. 2018年2月
  31. 2018年1月
  32. 2017年12月
  33. 2017年11月
  34. 2017年10月
  35. 2017年9月
  36. 2017年8月
  37. 2017年7月
  38. 2017年6月
  39. 2017年5月
  40. 2017年4月
  41. 2017年3月
  42. 2017年2月
  43. 2017年1月
  44. 2016年12月
  45. 2016年11月
  46. 2016年10月
  47. 2016年9月
  48. 2016年8月
  49. 2016年7月
  50. 2016年6月
  51. 2016年5月
  52. 2016年4月
  53. 2016年3月
  54. 2016年2月
  55. 2016年1月
  56. 2015年12月
  57. 2015年11月
  58. 2015年10月
  59. 2015年9月
  60. 2015年8月
  61. 2015年7月
  62. 2015年6月
  63. 2015年5月
  64. 2015年4月
  65. 2015年3月
  66. 2015年2月
  67. 2015年1月
  68. 2014年12月
  69. 2014年11月
  70. 2014年10月
  71. 2014年9月
  72. 2014年8月
  73. 2014年7月
  74. 2014年6月
  75. 2014年5月
  76. 2014年4月
  77. 2014年3月
  78. 2014年2月
  79. 2014年1月
  80. 2013年12月
  81. 2013年11月
  82. 2013年10月
  83. 2013年9月
  84. 2013年8月
  85. 2013年7月
  86. 2013年6月
  87. 2013年5月
  88. 2013年4月
  89. 2013年3月
  90. 2013年2月
  91. 2013年1月
  92. 2012年12月
  93. 2012年11月
  94. 2012年10月
  95. 2012年9月
  96. 2012年8月
  97. 2012年7月
  98. 2012年6月
  99. 2012年5月
  100. 2012年4月
  101. 2012年3月
  102. 2012年2月
  103. 2012年1月
  104. 2011年12月
  105. 2011年11月
  106. 2011年10月
  107. 2011年9月
  108. 2011年8月
  109. 2011年7月
  110. 2011年6月
  111. 2011年5月
  112. 2011年4月
  113. 2011年3月
  114. 2011年2月
  115. 2011年1月
  116. 2010年12月
  117. 2010年11月
  118. 2010年10月
  119. 2010年9月
  120. 2010年8月
  121. 2010年7月
  122. 2010年6月
  123. 2010年5月
  124. 2010年4月
  125. 2010年3月
  126. 2010年2月
  127. 2010年1月
  128. 2009年12月
  129. 2009年11月
  130. 2009年10月
  131. 2009年9月
  132. 2009年8月
  133. 2009年7月
  134. 2009年6月
  135. 2009年5月
  136. 2009年4月
  137. 2009年3月
  138. 2009年2月
  139. 2009年1月
  140. 2008年12月
  141. 2008年11月
  142. 2008年10月
  143. 2008年9月
  144. 2008年8月
  145. 2008年7月
  146. 2008年6月
  147. 2008年5月
  148. 2008年4月
  149. 2008年3月
  150. 2008年2月
  151. 2008年1月
  152. 2007年12月
  153. 2007年11月
  154. 2007年10月
  155. 2007年9月
  156. 2007年8月
  157. 2007年7月
  158. 2007年6月
  159. 2007年5月

最近のコメント

このページの上部へ

このページの上部へ