'建築-新しい仕事のかたち'_生活者目線でリノベーションの可能性を。


学びの記録。

週初めの月曜日に、、
南雄三先生主宰のBB研究会、、
今年度最後のセミナーがありました。

- 新築が減るから断熱リフォームの時代?-
「 新築呆けの箱づくりとリノベのワクワク 」

というタイトル。( ↑ 講座案内PDFにリンク )

これは絶対行きたかった。
何故なら、東大 松村秀一先生のお話も聞けたから!

松村先生のテーマは、、リノベーション。
「 建築・新しい仕事のかたち 」
という興味深いもの...

実は、近山スクール東京で、2回、講座を聴いていて、、

一回目は、サラリーマンを辞めてすぐ...2006年頃。
これからの道をどうしたら良いか迷っていた時。。

それまで8年間設計施工の会社で働かせてもらって、色んなコトを経験。
けれど、住宅業界に疑問を感じモヤモヤしていて。。。

誰も教えてくれなかったこと、、を知れた講座でもありました。。

どんな講座だったかというと、、

なぜ、日本の住宅が、このような流通形態で、、
作られていくことになったのか?

というような、、住宅が出来る仕組み...

とりわけ工務店の家づくりを、
実に分かりやすく話をしてくださり、目からウロコ。

そして、' シアワセな工務店 ' として生きていくには?など、、
これから独立して、住宅業界を生きるヒントを、
私に与えてくれたことを強く覚えています。。

ほぉーーーっ!!!と、膝を打ちながら(笑) 夢中で聞いて、
色んなコトが腑に落ちて、モヤモヤが晴れて、
自分も前に進もうって思えた講座だったのです。。

詳しくは、、以前 書いた記事 でどうぞ。^^

2回目は、2009年。

近山スクール東京の運営委員会のお手伝いもさせてもらって、
企画段階から関わらせてもらい、
ぜひ、松村先生のお話をもう一度聞きたい!!と、
リクエストして実現した講座でした。( 職権乱用??(^_^;) )

それが、「 近未来(2025年)の住宅 」 という講座。

今回聞いた講座に繋がるヒントを、
既にお話してくださっていたのですョ!

以下、こちらは 当時の記事 抜粋です^^

- その後、3年ぶりの松村先生の講座。
- 長期優良住宅に絡めて、今までとこれからの時代背景を考えた時
- どんな視点が必要なのか?もぉ~!そんなヒント満載!!!
- どちらかというと今の長期の制度には疑問視があって・・・
- ウン!やっぱりね~!と納得。
- 蟹澤先生とのお話ともリンクしていて、総括で当日の講義を捉えると
- 日常を過ごし目の前のことで精一杯になりがちな実務者に
- 時代をサキヨミできるヒントを与えてくださいました。。

と、書いていました。

で、三回目の今回も、、
期待を裏切られることなくオモシロイ講座でした!

新築呆け...
という南先生の辛口な切り口も軽快で。(苦笑)

建てて壊してまた建ててを繰り返してきた、
世界でも特異なほどに、
'新築' が建てられてきたこの日本でも、

 人口減少
 空き家問題

の問題は避けて通れなくて。。

オリンピック以後の建築業界は、
歴史的な転換期
 パラダイムシフト を迎えるだろう。
 (↑ Wikiにリンク )

という切り口から、
「 建築 」 の新しい仕事のかたちを探る というテーマへ。

 ブルースタジオ、、
 中谷ノボル氏のアーツアンドクラフツ、、
 ひつじ不動産、、
 東京R不動産、、

中古リノベーション や シェアハウス、、
生活者的目線で有ったらいいなぁと発想し、
自分たちでカタチに現わし、
消費者からの絶大な支持を得て、成功している会社の事例。

つくらない建築の時代...
リノベーションは、地方や町を再生するチカラとなる。。

と、地方の町おこしに繋がるような活動事例。

今回のお話は、後者が多かったかなぁ。

とにかく、講座のなかで、色んな事例が沢山紹介され、
またまた今後の住宅業界を生きていくヒントを与えてくださいました!

 と、云っても、あっという間の短い時間でしたので、
この日の講座のベースとなる松村先生の著書を読んで、
もう少し、考えを深めたいなぁと思いました。

ここで、皆さんにもシェアいたしますね~(^_-)

建築―新しい仕事のかたち―箱の産業から場の産業へ 建築―新しい仕事のかたち―箱の産業から場の産業へ
松村 秀一

彰国社 2013-12
売り上げランキング : 190922

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↑ を読んだ方達から、
もっと深く知りたいとリクエストを請けて、
↓ を書かれたそうです。

場の産業実践論―「建築‐新しい仕事のかたち」をめぐって 場の産業実践論―「建築‐新しい仕事のかたち」をめぐって
松村 秀一

彰国社 2014-07
売り上げランキング : 24744

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ワタシも早速amazonで購入。

今日は、青梅の家と大宮の家と周って、
留守だったので、再配達を依頼。。

今、本の到着を待っているトコロです^^

今、世田谷のマンションリフォームを手掛けているのですが、
その中でイロイロ気付きもあります。

 新築...
 リフォーム...

 リノベーション...

私が関わることは、
全て、一軒一軒の施主さんの家と向き合うコト。

今回の講座で聞いた、大きなセカイとはまた違いますが、
自分の実務に照らし合わせて、
噛み砕き、腑に落としたいと思っています。


また、サラリーマン時代からリフォームやメンテナンスで、
ホント多くの家を見させていただいてきたので、
南先生が話す、
「 既存の眼で新築を観ていく大切さ 」 も、
実に実に納得ナノデス。。

懇親会の後、同業の友人達と、ワイン屋さんへ。
赤泡ワインボトル2本空けながら、、(^_^;)
久しぶりにゆっくり話せたことも、本当に楽しかった!!

 イロイロアルケレド、
 マエムキニイキテイコウ。。
 ヒトリジャナインダカラ。。
( ↑ なんのこっちゃ?ですね~(^_^;) )

と思えた夜でした!

スピカさん、Boisさん、元気をいただきました。
愉しい時間を本当にありがとう(*^_^*)

青梅の家は、初めて使う内装漆喰の本塗の立会い。
大宮の家は、造園工事がスタートしているのでそのチェック。

また、イロイロご紹介していこうと思います(*^_^*)



  読んで下さった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...   

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!
 
  心を込めて♪ (出美)
 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかい応援クリックに日々感謝です♪

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 別冊いいひブログ はこちらから♪ ≫
 

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 20230123_iihiblog.jpg
  • 20230118_iihiblog.jpg
  • 2022hannohousecatlife.jpg
  • 2023hatsumoude.jpg
  • 244fb5a8434a650aa6857a6b43734e488884540e.jpeg
  • 20221224-IMG_5430.jpg
  • A18938C9-723E-43CA-B048-1875082E4255.jpg
  • IMG_4418.jpeg

アーカイブ

  1. 2023年1月
  2. 2022年12月
  3. 2022年10月
  4. 2022年9月
  5. 2022年7月
  6. 2022年6月
  7. 2022年5月
  8. 2022年4月
  9. 2022年3月
  10. 2022年2月
  11. 2022年1月
  12. 2021年12月
  13. 2021年11月
  14. 2021年10月
  15. 2021年9月
  16. 2021年8月
  17. 2021年7月
  18. 2021年6月
  19. 2021年5月
  20. 2021年4月
  21. 2021年3月
  22. 2021年1月
  23. 2020年12月
  24. 2020年10月
  25. 2020年9月
  26. 2020年7月
  27. 2020年6月
  28. 2020年5月
  29. 2020年4月
  30. 2020年3月
  31. 2020年2月
  32. 2020年1月
  33. 2019年12月
  34. 2019年11月
  35. 2019年10月
  36. 2019年9月
  37. 2019年8月
  38. 2019年7月
  39. 2019年6月
  40. 2019年5月
  41. 2019年4月
  42. 2019年3月
  43. 2019年2月
  44. 2019年1月
  45. 2018年12月
  46. 2018年11月
  47. 2018年10月
  48. 2018年9月
  49. 2018年8月
  50. 2018年7月
  51. 2018年6月
  52. 2018年5月
  53. 2018年4月
  54. 2018年3月
  55. 2018年2月
  56. 2018年1月
  57. 2017年12月
  58. 2017年11月
  59. 2017年10月
  60. 2017年9月
  61. 2017年8月
  62. 2017年7月
  63. 2017年6月
  64. 2017年5月
  65. 2017年4月
  66. 2017年3月
  67. 2017年2月
  68. 2017年1月
  69. 2016年12月
  70. 2016年11月
  71. 2016年10月
  72. 2016年9月
  73. 2016年8月
  74. 2016年7月
  75. 2016年6月
  76. 2016年5月
  77. 2016年4月
  78. 2016年3月
  79. 2016年2月
  80. 2016年1月
  81. 2015年12月
  82. 2015年11月
  83. 2015年10月
  84. 2015年9月
  85. 2015年8月
  86. 2015年7月
  87. 2015年6月
  88. 2015年5月
  89. 2015年4月
  90. 2015年3月
  91. 2015年2月
  92. 2015年1月
  93. 2014年12月
  94. 2014年11月
  95. 2014年10月
  96. 2014年9月
  97. 2014年8月
  98. 2014年7月
  99. 2014年6月
  100. 2014年5月
  101. 2014年4月
  102. 2014年3月
  103. 2014年2月
  104. 2014年1月
  105. 2013年12月
  106. 2013年11月
  107. 2013年10月
  108. 2013年9月
  109. 2013年8月
  110. 2013年7月
  111. 2013年6月
  112. 2013年5月
  113. 2013年4月
  114. 2013年3月
  115. 2013年2月
  116. 2013年1月
  117. 2012年12月
  118. 2012年11月
  119. 2012年10月
  120. 2012年9月
  121. 2012年8月
  122. 2012年7月
  123. 2012年6月
  124. 2012年5月
  125. 2012年4月
  126. 2012年3月
  127. 2012年2月
  128. 2012年1月
  129. 2011年12月
  130. 2011年11月
  131. 2011年10月
  132. 2011年9月
  133. 2011年8月
  134. 2011年7月
  135. 2011年6月
  136. 2011年5月
  137. 2011年4月
  138. 2011年3月
  139. 2011年2月
  140. 2011年1月
  141. 2010年12月
  142. 2010年11月
  143. 2010年10月
  144. 2010年9月
  145. 2010年8月
  146. 2010年7月
  147. 2010年6月
  148. 2010年5月
  149. 2010年4月
  150. 2010年3月
  151. 2010年2月
  152. 2010年1月
  153. 2009年12月
  154. 2009年11月
  155. 2009年10月
  156. 2009年9月
  157. 2009年8月
  158. 2009年7月
  159. 2009年6月
  160. 2009年5月
  161. 2009年4月
  162. 2009年3月
  163. 2009年2月
  164. 2009年1月
  165. 2008年12月
  166. 2008年11月
  167. 2008年10月
  168. 2008年9月
  169. 2008年8月
  170. 2008年7月
  171. 2008年6月
  172. 2008年5月
  173. 2008年4月
  174. 2008年3月
  175. 2008年2月
  176. 2008年1月
  177. 2007年12月
  178. 2007年11月
  179. 2007年10月
  180. 2007年9月
  181. 2007年8月
  182. 2007年7月
  183. 2007年6月
  184. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ