自然素材シンプルナチュラル空間へ♪_ビフォーと施主検査での笑顔_マンションハーフリノベ@世田谷

R8186768s.jpg

花冷えだった週末。

冷たい雨や風に、、
東京の桜も随分と散ってしまいましたね。。

愛らしい花姿を留めたまま、、
落ちていた桜を拾ってパチリ ↑↓ ☆ 

sakura2015_002.jpg

さてさて、、この花冷えの週末に、、
世田谷のマンションリノベの施主検査が行われました。

施主さんは、久しぶりに現場にいらっしゃるので、
かなりドキドキで臨んだのですが、
ご夫婦の素敵な笑顔に会うことが出来ました!!(*^_^*)

Tさま、、いいひブログに掲載すること、、
快くご了承くださり、本当にありがとうございます<(_ _)>

早速、その笑顔を♪

troomhalfrenovation03.jpg

おふたりとも、とっても喜んでくださって...
普段は寡黙なご主人からも、、

「 出美さん、お世辞じゃなく、
  本当にイイです!気に入りました!!! 」

と、満面の笑顔で仰っていただけたこと、、
ホントに本当に嬉しかった。

ご主人にとっては、受験の合格発表以来の緊張で現場にいらしたそう。。

その夜、奥さまからのメールでも、素敵なコトバを頂戴して、
追い打ちをかけるように、嬉し泣。。

troomhalfrenovation01.jpg

- 先日、このリノベの事を友人にメールしていた際に
- 「家造りを楽しんでる様子だね」との言葉を貰い、
- 自分でも、はっとしました。

- 東京に来た際には
- 住まいに...
- 暮らしに...どこかしら諦めていましたので。

- このリノベーションのお陰で東京での「暮らし」が楽しくなりそう。

- 何より、こんな気持ちになれた事に心から感謝しております。

と。。読んだ瞬間、、嬉し泣しちゃいました。。

Tさま、ありがとうございます。。

暮らし好きな奥さまは、
いいひの自然素材づかいのリフォーム&リノベーションへの考え方 を、
( ↑ 以前芝浦工大で講師を務めた講座資料PDFが開きます )
とても良く理解してくださって、今回のご縁が繋がったですが、
その期待に添えるような働きが出来たか、やはり不安で。。(>_<)

この言葉を読ませていただき、本当に安堵。。(*^_^*)

モチロン、お住まいになってからじゃないと、
手放しで喜べないのですが...
最近、プライベートでは凹み気味な日々でしたので、
ライフワークである設計者としての、ヨロコビを噛みしめたくって... 

皆さま、、ご勘弁くださいね...(^_^;)

いいひブログで、こちらのお家のことを、
詳しく紹介していなかったので、
ビフォアからご紹介していきたいと思います^^

世田谷の閑静な住宅街に建つ築14年、
小規模ながらも高級仕様の分譲マンションの一室。

↓ Before 赤御影石づかいの玄関ホール。

troom-halfrenovationbefor7.jpg

↓ リビングBefore。広いのになぜか狭さを感じたり...(^_^;)

20150407073531.jpg

既存のお部屋は、、
↑ 写真のように、石を贅沢に使ったり、、
↓ 折り上げ天井でデコラティブにしたり、、
かなり気を配った高級マンション仕様でした。

でも、それが施主さんのお好みに合わない。。

それに、広い割に、細かく仕切られていた部屋は、
どこか暗さがあって、住みにくそうで。。

↓ ビフォー、独立型のキッチン。

troom-halfrenovationbefor2.jpg

ただ何しろ、住戸全体の広さが大きいので、
内装美装、、設備入替するという意での、
 'リフォーム' だけでも、
費用が嵩むことが予想されたので、、
間取りをいじるのは半分。

独立型キッチンをオープンにし、
既存配管ルートを極力触らないよう配慮しながら、
オープンな二の字型、対面キッチンに...!


室内干しインナーテラス的スペースや、、
パソコンコーナーと本棚付の小さな書斎をリビングに併設することで、
行き止まりの間取りに回遊性を持たせることをご提案。


'リフォーム' にしては大がかり。
'リノベーション' だけど、既存は半分は活かす。

だから、今回も勝手な造語で...(笑)
「 ハーフリノベーション 」 として、ご提案。

ある意味、既存を丸裸にする、、スケルトンリノベだと、
新築と同じで、イメージを共有しやすいですが、
ハーフリノベーションの現場は、、
新築と違って、「 既存 」 有りき デス。

↓ 廊下Before。製作モノの突板框ドア。

troom-halfrenovationbefor5.jpg

その既存の持つ素養を、どこまで活かすか...
それを見極めることもハーフリノベ設計の大切な肝。
、、、だと思うワタシ。。^^

設計前には、当時の竣工図面を入手して、
かなり、読み込みますが、
それでも見えない部分もあるので、
こんなだろうと...想定して設計。。

でも、開けてみたら、アララ...なんてコトも有り。

あ、今回は殆ど無かったです!! 
そういった意味でも、かなりシッカリとした物件でした。

余談になりますが、
これから中古マンションを購入してリノベするという方には、
ぜひ、竣工図の有無も確認していただきたい。

マンションリノベは、特に、、
既存を全て解体し、スケルトンにしてしまえば、
内装は新築同様になり、施主さん好みの空間が叶います。


でもね。

中古マンションに長年住まうには、ゼッタイ...
管理体制や、、新築当時の設計での素養も大切なのです。

自らの住み替え...マンションリノベ経験 としても、
それは実感しています。。

↓ キッチン解体中の現場。

troomhalfrenovationkouji1.jpg

現場がスタートすると、
その場勝負的な、、変更判断が続くので、
工事中はかなり精一杯&目一杯。。(^_^;)

なので、リノベのお家のことは、
ブログでのご紹介も、、
完成後となるコトが多いのです...。
( ↑ いいひブログ裏事情デシタ ^^; )

新築だと、
過去に手掛けたお家を見学させていただいたり、
実例写真を観ていただき、
施主さんとイメージを共有しやすいのですが、
何度も書くけど、ハーフリノベやリフォーム
は、既存ありき。

在るモノを活かして、、
どこまで施主さんの好みに近付けられるのか...
それが腕のミセドコロでもあるわけですが。。。

イメージされていた空間に生まれ変わっているか...
それはもう、完成形が見えてきた辺りからドキドキで、、
夢にもみるくらい・・・(^_^;)

でも、この日の施主検査を終えて、
かなり安堵でき、熟睡できました(笑)

今回の マンションハーフリノベ@世田谷
既存を活かしてこそ、良い空間が叶ったこと。。
これが今回のハーフリノベの勝因かなぁと感じます。。。

今回のお仕事で得た、気付き・学びなど、
完成写真と併せて、
またいいひブログでもご紹介したいと思います♪

今朝も花冷え。。
またまた寒くなりそうな一日です。
皆さまもどうぞお気をつけてお過ごしください!!

そして、今日、川べりの家@相模原も、建て方です!
こちらも、ワクワク♪ドキドキ☆


  読んで下さった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...   

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!
  心を込めて♪ (出美)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかい応援クリックに日々感謝です♪

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 別冊いいひブログ はこちらから♪ ≫

今朝、いいひのにゃんずたちの体重測定をしました!
「 (ほぼ)365日カメラが好き♪猫ときどき旅・花 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 20230123_iihiblog.jpg
  • 20230118_iihiblog.jpg
  • 2022hannohousecatlife.jpg
  • 2023hatsumoude.jpg
  • 244fb5a8434a650aa6857a6b43734e488884540e.jpeg
  • 20221224-IMG_5430.jpg
  • A18938C9-723E-43CA-B048-1875082E4255.jpg
  • IMG_4418.jpeg

アーカイブ

  1. 2023年1月
  2. 2022年12月
  3. 2022年10月
  4. 2022年9月
  5. 2022年7月
  6. 2022年6月
  7. 2022年5月
  8. 2022年4月
  9. 2022年3月
  10. 2022年2月
  11. 2022年1月
  12. 2021年12月
  13. 2021年11月
  14. 2021年10月
  15. 2021年9月
  16. 2021年8月
  17. 2021年7月
  18. 2021年6月
  19. 2021年5月
  20. 2021年4月
  21. 2021年3月
  22. 2021年1月
  23. 2020年12月
  24. 2020年10月
  25. 2020年9月
  26. 2020年7月
  27. 2020年6月
  28. 2020年5月
  29. 2020年4月
  30. 2020年3月
  31. 2020年2月
  32. 2020年1月
  33. 2019年12月
  34. 2019年11月
  35. 2019年10月
  36. 2019年9月
  37. 2019年8月
  38. 2019年7月
  39. 2019年6月
  40. 2019年5月
  41. 2019年4月
  42. 2019年3月
  43. 2019年2月
  44. 2019年1月
  45. 2018年12月
  46. 2018年11月
  47. 2018年10月
  48. 2018年9月
  49. 2018年8月
  50. 2018年7月
  51. 2018年6月
  52. 2018年5月
  53. 2018年4月
  54. 2018年3月
  55. 2018年2月
  56. 2018年1月
  57. 2017年12月
  58. 2017年11月
  59. 2017年10月
  60. 2017年9月
  61. 2017年8月
  62. 2017年7月
  63. 2017年6月
  64. 2017年5月
  65. 2017年4月
  66. 2017年3月
  67. 2017年2月
  68. 2017年1月
  69. 2016年12月
  70. 2016年11月
  71. 2016年10月
  72. 2016年9月
  73. 2016年8月
  74. 2016年7月
  75. 2016年6月
  76. 2016年5月
  77. 2016年4月
  78. 2016年3月
  79. 2016年2月
  80. 2016年1月
  81. 2015年12月
  82. 2015年11月
  83. 2015年10月
  84. 2015年9月
  85. 2015年8月
  86. 2015年7月
  87. 2015年6月
  88. 2015年5月
  89. 2015年4月
  90. 2015年3月
  91. 2015年2月
  92. 2015年1月
  93. 2014年12月
  94. 2014年11月
  95. 2014年10月
  96. 2014年9月
  97. 2014年8月
  98. 2014年7月
  99. 2014年6月
  100. 2014年5月
  101. 2014年4月
  102. 2014年3月
  103. 2014年2月
  104. 2014年1月
  105. 2013年12月
  106. 2013年11月
  107. 2013年10月
  108. 2013年9月
  109. 2013年8月
  110. 2013年7月
  111. 2013年6月
  112. 2013年5月
  113. 2013年4月
  114. 2013年3月
  115. 2013年2月
  116. 2013年1月
  117. 2012年12月
  118. 2012年11月
  119. 2012年10月
  120. 2012年9月
  121. 2012年8月
  122. 2012年7月
  123. 2012年6月
  124. 2012年5月
  125. 2012年4月
  126. 2012年3月
  127. 2012年2月
  128. 2012年1月
  129. 2011年12月
  130. 2011年11月
  131. 2011年10月
  132. 2011年9月
  133. 2011年8月
  134. 2011年7月
  135. 2011年6月
  136. 2011年5月
  137. 2011年4月
  138. 2011年3月
  139. 2011年2月
  140. 2011年1月
  141. 2010年12月
  142. 2010年11月
  143. 2010年10月
  144. 2010年9月
  145. 2010年8月
  146. 2010年7月
  147. 2010年6月
  148. 2010年5月
  149. 2010年4月
  150. 2010年3月
  151. 2010年2月
  152. 2010年1月
  153. 2009年12月
  154. 2009年11月
  155. 2009年10月
  156. 2009年9月
  157. 2009年8月
  158. 2009年7月
  159. 2009年6月
  160. 2009年5月
  161. 2009年4月
  162. 2009年3月
  163. 2009年2月
  164. 2009年1月
  165. 2008年12月
  166. 2008年11月
  167. 2008年10月
  168. 2008年9月
  169. 2008年8月
  170. 2008年7月
  171. 2008年6月
  172. 2008年5月
  173. 2008年4月
  174. 2008年3月
  175. 2008年2月
  176. 2008年1月
  177. 2007年12月
  178. 2007年11月
  179. 2007年10月
  180. 2007年9月
  181. 2007年8月
  182. 2007年7月
  183. 2007年6月
  184. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ