築200年古民家再生の素敵インテリア@片品村ECOLO Villageエコロヴィレッジvol.2

ECOLOVillage2-2015oct.jpg

前回 の続き...

群馬県片品村に在る、、
神田隆先生のECOLO Villageエコロヴィレッジへの、
デイトリップVol.2になります♪

↓ BACK IN A FEW MINUTES...

ECOLOVillage73_2015oct.jpg


...と、掲げられた扉の向こうに広がっていたのは...


ECOLOVillage2015oct.jpg

英国のカントリーハウス?!

いえいえ...ここは日本。
そして、この空間は築200年の古民家。

↑↓ BBGLの室内...( Bed&Breakfast for Garden Loversの略 ) 
ガーデンラバーズのための、B&Bという宿泊施設。

ECOLOVillage65_2015oct.jpg

朝や暮れ時...普通は住む人だけが愉しめる、、
光の最も美しい時間に、庭を散策できる...
私が最も大好きなスタイルの宿です(*^_^*)

↑ 写真のお部屋がスイートだと思います。。

↑ この扉の奥に、キッチンとバスルームも有り、
宿泊の際、畑で野菜を採って自分でお料理も出来るよう。

私...決してお料理上手ではありませんが、
食いしん坊で、料理好きなので、すっごく、嬉しいですよね ♪

↓ このらせん階段を上ると...

ECOLOVillage66_2015oct.jpg

↓ 小屋裏を利用したロフトのようなスペースがあります。

ECOLOVillage67_2015oct.jpg

黒くいぶされた太い栗の木の梁が現れている、、
坐スタイルの小屋裏空間。。


大勢の場合は、こちらも布団を敷いて泊まることが出来るそうです!

↓ 茅葺の屋根裏も覗けます。

ECOLOVillage68_2015oct.jpg

客室は一室だけではなく、
三室のベッドルームが有。

それぞれに素敵なインテリアが設えられていました♡

それに、それに!!
なーーーんと、パブまであるのです!!

ECOLOVillage26-2015oct.jpg

アイルランドやイギリスにワープしたようなパブ!

これまで神田先生がおひとりで作ったというのだから...
本当にもう素晴らしすぎます。。

ECOLOVillage36-2015oct.jpg

↓ パブの一角にある、Cozyspace♪

ECOLOVillage35-2015oct.jpg

薪ストーブに、ふっかりとしたスリーピングチェア。

とっぷりと暮れた寒い夜...
炎を眺めながら、本とワインを携えて、
此処に沈没してみたい...(笑)

↓ こちらもパブの一角で、昔...家畜舎だったところ。

ECOLOVillage63_2015oct.jpg

左の柱間に渡されているバーは、牛を繋いでいた名残。

バーという酒場の語源は、ココから来ているのだとか...
本当に博識な先生のお話は尽きることが無く...楽しい!!!

囲炉裏のある座敷に隣接して、牛や馬が居たそう。
昔は、家畜が大切で室内で飼われていたそうです。。
写真失念しましたが、この上に、鶏の棚も有りました。

↓ 農家として生きていた頃の貴重な写真も拝見させていただきました!

ECOLOVillage28-2015oct.jpg

商家でなく農家で、総栗づくりの民家は大変珍しいとのこと。

栗生という地名から...
この地に樹齢何百年という栗の木が在ったことが推察されるそう。

神田先生がこの民家に出合って再生される過程のお話も、
大変興味深いもので、夢中でお話を聴きました。。

それが、帰ってきてからもずっと心に残り、、
'何か' を私に訴えかけていて。。。。
( 何かが何なのか...???
  自分の中でまだ昇華できていないので...また... )

↓ パブのお隣のレストランスペース。

ECOLOVillage25-2015oct.jpg

フィーフィーも一緒に案内してくれます^^

干し柿カーテンの窓辺...素敵♡
その上に干されているのは、桑の葉。
桑の葉のお茶にするそう!

↓ レストラン空間は、昔大広間だった部屋...

ECOLOVillage76_2015oct.jpg

↑ 広角が足りなくって歪んでいますねぇ...(^_^;)

本棚の上は当時の神棚がそのままに。
本棚には、洋書のガーデン本が沢山あって、ワクワク!!

本当に、ココに泊まって、
読書したり、カメラ散歩したり、フィーフィーと遊んだり...
ゆったりのんびり過ごしてみたい。。。。

何よりな至福時間ですョ...きっと。。

ECOLOVillage69_2015oct.jpg

英国アンティークだけじゃなく、
フランスやドイツ...日本...
神田先生の審美眼で蒐集された家具や雑貨たち。

何々風とかではなく、
神田先生流の本物素敵空間。

ECOLOVillage70_2015oct.jpg

私の写真じゃ伝わりにくいと思いますので、(^_^;)
ぜひ、その場に佇んでみてください...!!

またまた長くなってしまったので、
インテリア編はここまで。

ECOLOVillage40-2015oct.jpg

この日は、ガーデン&ハウス見学だけのつもりでしたが、
見せていただく内に、此処に滞在してみたいので、
メンバーとして登録したいねという話になり、
急遽、グリーンツーリズムにも参加しました!

次回は、ランチと、、
グリーンツーリズム体験のことを。。

山を歩いてキノコ狩りのはずが、
秋の花材蒐集になってしまったという...(^_^;)

そして、なんと帰ってきた翌々日に、
堪らなくなって再訪したお話も、次回 に♪



  読んで下さった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...   

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!
  心を込めて♪ (出美)


最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかい応援クリックに日々感謝です♪

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 別冊いいひブログ はこちらから♪ ≫
「 (ほぼ)365日カメラが好き♪猫ときどき旅・花 」

Comments [4]

こんばんは。
素敵すぎる写真にうっと〜りしてしまいました!!!
先日、いいひさんが仰っていた言葉の意味が深く深く沁み入ります。
神田先生のご趣味の良さがにじみ出る空間ですね。
200年ここに佇んできた歴史と風格。ここまで美しく、愛された建物は他にないような気さえします。
私も心して、古民家のリノベをしなくては!
と、改めて感じさせてくれた、この記事に感謝です☆
続きも楽しみにしていますね。

いい日さん、あの日の感動が写真にあらわれています。心に残ったシーンが甦ります。

フィーフィーはどうしているかしら?そこにあるすべての生き物が、神様から与えられた

生をまっとうしているような空気が満ちていたように思います。

築 200年の家も素晴らしかったですね。あのようなものが日本では価値の無いものと

して壊してしまい無くなっているというのが残念でなりません。便利さを優先して、得た

ものの代償が余りにも大きいことにきずきました。

エコロビレッジ。。。秘密の楽園。

Karameruさん、こんにちは♪
あの時の感動…写真で伝わりますかね??(^_^;)
伝わっていると嬉しいです。

karameruさんの仰る通り、植物も動物も人間も、生を全うしている輝きに満ちたトコロでしたね…

春にぜひぜひ再訪しましょう。
その時が今からとーーーーっても楽しみです(*^_^*)

スピカさんこんにちは♪
コメントありがとうございます(*^_^*)

ねぇ・・・・素敵でしょう~^m^
でもね…実物はもっと素敵なのです。
スピカさんもきっと大好きな場所になると思いますので、
機会があれば、足を運んでみてください。

古い建物は壊してしまったら最後ですものね。
愛される建物に生まれ変わらせることが、
私たち設計者の役目。。
スピカさんの古民家再生、とても楽しみです!!!

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 20170619-DSC09192.jpg
  • 20150524-P5240030s.jpg
  • 06172017SUMMER.jpg
  • ECOLO-Village20190617-(1).jpg
  • AHOUSE-collage20200610S.jpg
  • okanoiecollage2020ss.jpg
  • IMG_5528.jpg
  • London2017summerPrivateGardencollage.jpg

アーカイブ

  1. 2020年9月
  2. 2020年7月
  3. 2020年6月
  4. 2020年5月
  5. 2020年4月
  6. 2020年3月
  7. 2020年2月
  8. 2020年1月
  9. 2019年12月
  10. 2019年11月
  11. 2019年10月
  12. 2019年9月
  13. 2019年8月
  14. 2019年7月
  15. 2019年6月
  16. 2019年5月
  17. 2019年4月
  18. 2019年3月
  19. 2019年2月
  20. 2019年1月
  21. 2018年12月
  22. 2018年11月
  23. 2018年10月
  24. 2018年9月
  25. 2018年8月
  26. 2018年7月
  27. 2018年6月
  28. 2018年5月
  29. 2018年4月
  30. 2018年3月
  31. 2018年2月
  32. 2018年1月
  33. 2017年12月
  34. 2017年11月
  35. 2017年10月
  36. 2017年9月
  37. 2017年8月
  38. 2017年7月
  39. 2017年6月
  40. 2017年5月
  41. 2017年4月
  42. 2017年3月
  43. 2017年2月
  44. 2017年1月
  45. 2016年12月
  46. 2016年11月
  47. 2016年10月
  48. 2016年9月
  49. 2016年8月
  50. 2016年7月
  51. 2016年6月
  52. 2016年5月
  53. 2016年4月
  54. 2016年3月
  55. 2016年2月
  56. 2016年1月
  57. 2015年12月
  58. 2015年11月
  59. 2015年10月
  60. 2015年9月
  61. 2015年8月
  62. 2015年7月
  63. 2015年6月
  64. 2015年5月
  65. 2015年4月
  66. 2015年3月
  67. 2015年2月
  68. 2015年1月
  69. 2014年12月
  70. 2014年11月
  71. 2014年10月
  72. 2014年9月
  73. 2014年8月
  74. 2014年7月
  75. 2014年6月
  76. 2014年5月
  77. 2014年4月
  78. 2014年3月
  79. 2014年2月
  80. 2014年1月
  81. 2013年12月
  82. 2013年11月
  83. 2013年10月
  84. 2013年9月
  85. 2013年8月
  86. 2013年7月
  87. 2013年6月
  88. 2013年5月
  89. 2013年4月
  90. 2013年3月
  91. 2013年2月
  92. 2013年1月
  93. 2012年12月
  94. 2012年11月
  95. 2012年10月
  96. 2012年9月
  97. 2012年8月
  98. 2012年7月
  99. 2012年6月
  100. 2012年5月
  101. 2012年4月
  102. 2012年3月
  103. 2012年2月
  104. 2012年1月
  105. 2011年12月
  106. 2011年11月
  107. 2011年10月
  108. 2011年9月
  109. 2011年8月
  110. 2011年7月
  111. 2011年6月
  112. 2011年5月
  113. 2011年4月
  114. 2011年3月
  115. 2011年2月
  116. 2011年1月
  117. 2010年12月
  118. 2010年11月
  119. 2010年10月
  120. 2010年9月
  121. 2010年8月
  122. 2010年7月
  123. 2010年6月
  124. 2010年5月
  125. 2010年4月
  126. 2010年3月
  127. 2010年2月
  128. 2010年1月
  129. 2009年12月
  130. 2009年11月
  131. 2009年10月
  132. 2009年9月
  133. 2009年8月
  134. 2009年7月
  135. 2009年6月
  136. 2009年5月
  137. 2009年4月
  138. 2009年3月
  139. 2009年2月
  140. 2009年1月
  141. 2008年12月
  142. 2008年11月
  143. 2008年10月
  144. 2008年9月
  145. 2008年8月
  146. 2008年7月
  147. 2008年6月
  148. 2008年5月
  149. 2008年4月
  150. 2008年3月
  151. 2008年2月
  152. 2008年1月
  153. 2007年12月
  154. 2007年11月
  155. 2007年10月
  156. 2007年9月
  157. 2007年8月
  158. 2007年7月
  159. 2007年6月
  160. 2007年5月

最近のコメント

このページの上部へ

このページの上部へ