イングリッシュガーデンが繋いでくれたご縁_英国ボタニカル・アート展へ♪

20160301-_3010009s.jpg

イングリッシュガーデンLOVEな私。

その '好き' が高じて、
彼の地へ庭めぐり旅にも出向く位...
イギリスの '庭と暮らし' が本当に大好きです。

そして、その '好き' という原動力がきっかけで、
素敵な女性建築士さんと出合いが生まれました♪

写真データはまだ復活せずですが...(-_-;)
いつまでも、くよくよしていても仕方ない。。

なので、今日は、そのコトと、
パナソニック汐留ミュージアムで開催されているボタニカルアート展、
「 イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々展 」のこと、
ご紹介いたします!


行けば行くほど、その度好きになるイギリス...
そして、素敵なお庭たち♡

↓ My best EnglishGarden...2014年ベスチャトーガーデンのコラージュ。

a1e3ec00f766a861e20b45b964468d53ed345d2f.jpg
( ぁぁ...この元データも救えなかったらどうしましょう )
( ぁゝ...もぉもぉ...心臓と胃に悪いですぅぅ... (>_<) )

さて、気持ちを切り替えて...(^_^;)
素敵な女性建築士さんとの出合いのことを。

2012年にイギリス庭めぐり旅に行って以来、
ずーーーーっと...
今度はいつ行けるかなぁなんて妄想。


たしか2014年の春に、ブログ村の女性建築士の新着記事で、
「 イギリスの庭 」という記事が目に飛び込み、、
その素敵な記事にほれぼれし、勢い余ってコメント。
( 人見知りゆえ、ふだんは、あまりしないのですが...^^; )

↓ 2012年、英国庭と暮らしを巡る旅コラージュ
↓ ...( 自分企画女子ふたりドライブ旅のときのモノ )
ddd30156d56f82d618e26acf92af192c2e8a77a0.jpg

イギリスに住んでいらしたという...何とも憧れる経験をお持ちで、
ご自邸をイギリスヴィンテージスタイルで設計・建築。

その様子をブログ記事にUPされているのを拝読。

「 イギリスを感じるVintage Style なおうち 」 というブログ。
書いているのは、倉敷で住宅設計をされているAsakoさん。

日本のお家にイギリスエッセンスを採り入れる...
絶妙なさじ加減具合...センスが素晴らしく素敵!!

もし、自分がこのお仕事でなく、イチ施主だったなら、
ぜったいAsakoさんに設計&インテリアをお願いしたくなる。。
と、マジメに思う位...大好き♡♡

20160301-01s.jpg

時折コメントを入れさせていただきながら、
楽しみにブログを訪ねていたのですが、
今年の初めに、東京を訪ねるので会いませんか?と、嬉しいお誘いが!!

モチロン!(*^_^*)

ということで、2月最後の週に、お会いすることが叶ったのです♪

どこでお会いしようか迷ったのですが、
ちょうど、汐留ミュージアムで、イングリッシュガーデンの花...
ボタニカルアートの展覧会が開催されていたのでお知らせし、
ご一緒に訪ねることになりました!!

_3010018s.jpg

スピカさんに、Asakoさんと逢うことを話すと、
スピカさんも大好きだったというので、、
3人で会うことになったのですが、、
初めてとは思えないほど、3人ともスッとお話が出来て、
とーーーーーっても楽しい時間を過ごすことが出来ました!!

3人とも、みんなどこか共通するトコロがあり、響きあえる。
そんな縁に恵まれた幸運に感謝。。

お話すればするほど垣間見えるお人柄とその生き方。
ホントに素敵な女性...
憧れの人に会えて、本当に仕合せでした(*^_^*)

最後に展覧会情報を。

「 世界遺産キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々」展 」
( ↑ 汐留ミュージアムの紹介ページにリンクします )

ロンドンにある王立植物園、
キューガーデン所蔵のボタニカルアートを展示。

ukgardenshiodome.jpg

ボタニカルアートの歴史...
カーティスのボタニカルマガジンの原画...
ウイリアム・モリスがデザインした室内装飾品の展示...
キューガーデンにもギャラリーがあるマリアン・ノースの原画...
( キューガーデンのHPに、オンラインギャラリー があります )
( リンクを貼ったので、そちらも後で愉しまれるといいかも... ^m^ )

等々、
花好き・植物好き・ボタニカルアート好きには、
たまらない内容だと思います。

そして、ミュージアムショップでも、
ポストカードやイングリッシュガーデン絡みの書籍・雑貨が有り、
お買いものも愉しめました!
今日の記事にチョコチョコ挟んでいる写真が'それ'です^^

キューガーデンのマリアン・ノースギャラリー、、
そのSHOPにも置いてあった、私が旅した当時)
ボタニカル柄、海外プリントのポストカードもありましたよー。
( ↓↑ 白い縁どりがされていないのが、そうです )

20160301-_3010014s.jpg

冒頭写真の本を今少しづつ読んでいますが、
展覧会をさらに深めて記憶に残すのにぴったり。
少し高い本でしたが、連れて帰って来てヨカッタです(*^_^*)

そうそう!日本橋の丸善でも、
ボタニカルアート展が開催されることもあり、
去年行った際に、主催者の方に色々とその歴史を教わり、
益々大好きになり、もっと知りたい!という経緯も有ったので。。

また、今年も開催されたらいいなぁ...

英国の花と云えば、、
私、英国のシガレットカード好きでもあります。。
写真が蘇れば...またそんな記事もUPできるのに...(>_<)
( ↑ オモイキリ ワルク シツコク スミマセン )

ダメだったら、また旅に出て、写真を撮ってくるぞぉ!!
と、開き直るしかないと思ってみたり。。。
でもその時その一瞬は戻ってこないから...失うコトは辛すぎますね。。

みなさま、データのバックアップは、まめに確実に!行いましょう。
我が悲劇を、ぜひ教訓になさってくださいね 。 (苦笑)

今日はこれから、スピカさんと、有明の建築建材展へ行ってきまーす♪
何か素敵なモノ見つけたら、またご報告しますね(^_-)-☆


  読んで下さった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...   

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!
  心を込めて♪ (出美)



いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 別冊いいひブログは こちらから ♪ ≫
(ほぼ)365日カメラが好き♪猫ときどき花・旅
↓ ↓ 最新記事です♪
「 お外出たい病...ネコ歩きに憧れて?! 」

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 LOVE♡LONDON_LOVE♡UK 」
「 窓辺の花台_暮らし上手な英国♪ 」
「 旅のきっかけは一冊の本から♪_イギリスレンタカー旅のススメ 」
「 旅の記憶_ベス・チャトー ガーデンへひとりドライブ♪イギリス庭めぐり旅2014 」

Comments [2]

いいひさん、今日も先日もありがとうございました♪
あっほんと、同じポストカードですね!
いいひさんから頂いた、シガレットカードも我が家の貴重なインテリアアイテムとなっていますよ〜
記事を楽しみにしてますね。
そしてデータ復帰、私も祈っています!

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 20191210s.jpg
  • 20191101-R0001682s.jpg
  • 0FA23D9F-E15F-4670-8235-1CA908B344EF.jpeg
  • DSC_2280_d4afbebdae9a4961a4ecf04d7e84e12cs.jpg
  • F2D2A15A-30DC-49BB-9399-3D95EFC5B3DB.jpeg
  • khousejoto20191030s.jpg
  • mashikotokiichi2019Autumn.jpg
  • DSC_2074ss.jpg

アーカイブ

  1. 2019年12月
  2. 2019年11月
  3. 2019年10月
  4. 2019年9月
  5. 2019年8月
  6. 2019年7月
  7. 2019年6月
  8. 2019年5月
  9. 2019年4月
  10. 2019年3月
  11. 2019年2月
  12. 2019年1月
  13. 2018年12月
  14. 2018年11月
  15. 2018年10月
  16. 2018年9月
  17. 2018年8月
  18. 2018年7月
  19. 2018年6月
  20. 2018年5月
  21. 2018年4月
  22. 2018年3月
  23. 2018年2月
  24. 2018年1月
  25. 2017年12月
  26. 2017年11月
  27. 2017年10月
  28. 2017年9月
  29. 2017年8月
  30. 2017年7月
  31. 2017年6月
  32. 2017年5月
  33. 2017年4月
  34. 2017年3月
  35. 2017年2月
  36. 2017年1月
  37. 2016年12月
  38. 2016年11月
  39. 2016年10月
  40. 2016年9月
  41. 2016年8月
  42. 2016年7月
  43. 2016年6月
  44. 2016年5月
  45. 2016年4月
  46. 2016年3月
  47. 2016年2月
  48. 2016年1月
  49. 2015年12月
  50. 2015年11月
  51. 2015年10月
  52. 2015年9月
  53. 2015年8月
  54. 2015年7月
  55. 2015年6月
  56. 2015年5月
  57. 2015年4月
  58. 2015年3月
  59. 2015年2月
  60. 2015年1月
  61. 2014年12月
  62. 2014年11月
  63. 2014年10月
  64. 2014年9月
  65. 2014年8月
  66. 2014年7月
  67. 2014年6月
  68. 2014年5月
  69. 2014年4月
  70. 2014年3月
  71. 2014年2月
  72. 2014年1月
  73. 2013年12月
  74. 2013年11月
  75. 2013年10月
  76. 2013年9月
  77. 2013年8月
  78. 2013年7月
  79. 2013年6月
  80. 2013年5月
  81. 2013年4月
  82. 2013年3月
  83. 2013年2月
  84. 2013年1月
  85. 2012年12月
  86. 2012年11月
  87. 2012年10月
  88. 2012年9月
  89. 2012年8月
  90. 2012年7月
  91. 2012年6月
  92. 2012年5月
  93. 2012年4月
  94. 2012年3月
  95. 2012年2月
  96. 2012年1月
  97. 2011年12月
  98. 2011年11月
  99. 2011年10月
  100. 2011年9月
  101. 2011年8月
  102. 2011年7月
  103. 2011年6月
  104. 2011年5月
  105. 2011年4月
  106. 2011年3月
  107. 2011年2月
  108. 2011年1月
  109. 2010年12月
  110. 2010年11月
  111. 2010年10月
  112. 2010年9月
  113. 2010年8月
  114. 2010年7月
  115. 2010年6月
  116. 2010年5月
  117. 2010年4月
  118. 2010年3月
  119. 2010年2月
  120. 2010年1月
  121. 2009年12月
  122. 2009年11月
  123. 2009年10月
  124. 2009年9月
  125. 2009年8月
  126. 2009年7月
  127. 2009年6月
  128. 2009年5月
  129. 2009年4月
  130. 2009年3月
  131. 2009年2月
  132. 2009年1月
  133. 2008年12月
  134. 2008年11月
  135. 2008年10月
  136. 2008年9月
  137. 2008年8月
  138. 2008年7月
  139. 2008年6月
  140. 2008年5月
  141. 2008年4月
  142. 2008年3月
  143. 2008年2月
  144. 2008年1月
  145. 2007年12月
  146. 2007年11月
  147. 2007年10月
  148. 2007年9月
  149. 2007年8月
  150. 2007年7月
  151. 2007年6月
  152. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ