旅の記憶_Londonで暮らし気分を♪憧れの素敵サービスアパートメント

ServicedApartmentLondon_july2014_002.jpg

憧れるのは、大好きな街で、暮らすように旅すること。

海外のスーパーやマーケットって実に魅惑的。
そこでお買い物して、部屋に戻りお料理♪
ワインをボトルで開けて、おうちに居るようにゆったりする。。

何度も訪れているロンドンでしたが、
サービスアパートメントは敷居が高く...
暮らしを垣間見たくっても、せいぜいB&Bどまり。

でも、2014年初夏に旅した時、
前からチェック済みで憧れていた、、
プライベートガーデン付のサービスアパートメントに宿泊♪

ちょこちょこと書きためている旅の記憶...
今日はそこでの滞在のことをUPいたします!



前回の記事の続き...
カントリーサイドでの一泊 のあと、
グレートディクスターガーデン~ロンドンという行程。

いつもカントリーサイドを旅してロンドンに入ると、
大抵、その人混みに疲れ気が滅入るのですが、、
この時は、憧れていたトコロで泊まれるので、気分も落ちません。

↓ レンタカー返却前に、ガソリンスタンドへ。

R0013411s.jpg

前に、時間が無くてそのまま返却してしまったら、
えらくお高い金額が請求されたので、今回はちゃんと給油。

空港のハーツで車を返却して、
ヒースローエクスプレスで市内へ出ることにしました!

いつもは地下鉄なのですが...
チェックインに遅れてしまいそうだったので...(^_^;)

とにかくサービスアパートメントは、ホテルと勝手が違うので、
管理人さんと会えなくて、泊まれなくなったら、悲劇。。

R0013413s.jpg

ヒースローエクスプレス、、
初めて乗ったのですが、ガラガラに空いていたし、早ーい!
たったの15分でパディントン到着。

地下鉄に乗り換えてもすぐだったのですが、
荷物が多かったので、タクシーで宿へ。

↓ この青空♪

9d7605c93810c3c11eccf9fda21c436ff0f636b0.jpg

ハンギングバスケットの花たち♪

ServicedApartmentLondon_july2014_024.jpg

サービスアパートメントといっても、
一室を貸しているようなトコロじゃなかったため、
ホテルのフロント的な事務所もちゃんとあり、、
心配は杞憂で終わりました。(^_^;)


↓ エントランス内部。

ServicedApartmentLondon_july2014_036.jpg

そしてそして、、思わぬ幸運が!!!

1BedRoomを予約していたのですが、
今日は空いているので、2BedRoomにどうぞ♪と、
マネージャーさんがニッコリ。

案内されたお部屋は、清潔で明るく広々♪
どこにも、嫌な空気感がない!

↓ ホール。

ServicedApartmentLondon_july2014_041.jpg

↓ 右手前のお部屋は、ツインベッドルーム。

ServicedApartmentLondon_july2014_004.jpg

窓から緑も見えるーーーー♡

↓ この部屋専用のバスルーム!

ServicedApartmentLondon_july2014_012.jpg

↓ メインBedRoom。

ServicedApartmentLondon_july2014_006.jpg

このお部屋からも緑が臨めます♪

ServicedApartmentLondon_july2014_046.jpg

↓ なんと、もうひとつ、バスルーム♪

ServicedApartmentLondon_july2014_045.jpg

ホールを進んでいくと、、奥がリビング。

ServicedApartmentLondon_july2014_042.jpg

↓ 手前の扉を開けると、キッチン♪

ServicedApartmentLondon_july2014_005.jpg

小っちゃな朝食テーブルコーナー付♪

↓ そして、リビング♪

ServicedApartmentLondon_july2014_044.jpg

↓ ダイニングスペース。

d5728642f138b8eb4896e3cce997f26bcc61ef25.jpg

「 この部屋でいいですか? 」 と聞かれ、

- モチロン!ノープロブレム。
と、満面の笑みで返したら、、
そうでしょうとも...と、胸を張ってウインク。(*^-^*)

キッチンには洗濯機がビルトインされていたので、
一晩でしたが、その使い方もしっかりと聞きました。。
帰る前に洗濯して持って帰りたいから^^

そして、鍵の使い方も、しっかりと。

ServicedApartmentLondon_july2014_040.jpg

締め出されたら困るので、
エントランスの入り方...鍵の開け方、、
そして、このアパートメントには、
住人専用のプライベートガーデンがあるので、
そこへの出入りの仕方も聞くことに。。

一緒に行ってもらって、鍵の開け方などを教わりました。

PrivateGardenJuly2014_051.jpg

もし、出ても入れなくなったりしたら、
英語を話せないので大ごとですもの...(^_^;)

一度、部屋に戻り、一息ついて、改めて室内を見渡して。。

ServicedApartmentLondon_july2014_043.jpg

嫌みのないインテリア。
清潔にお掃除された部屋。

本当に良い空気感が漂っていました♪

↓ ベッドルームの窓からの景色。

ServicedApartmentLondon_july2014_010.jpg

裏庭側の木々からは、鳥たちのさえずりが賑やか。
表通りに面した窓からは、街の暮らしの音。

ServicedApartmentLondon_july2014_019.jpg

ここで一晩過ごせるんだーー♪と、ルンルン。

珈琲を淹れて、一休みしてから、早速買い物へ♪

↓ 街中のラウンドアバウト。

ServicedApartmentLondon_july2014_048.jpg

↓ 教えてもらったスーパー。

ServicedApartmentLondon_july2014_047.jpg

↓ お買い物♪

ServicedApartmentLondon_july2014_013.jpg

海外のスーパーってテンションあがります⤴⤴

ただし、ここに泊まるのは一晩だったので、
多くも買えないし...でも食べてみたい食材も沢山だし...
と、ウロウロ。。(^_^;)

まぁ無難なお買い物になってしまいましたが、
買い込んだ食材をぶら下げて歩けば、
旅人ではなくって、暮らしている気分に♪
( ↑ ハイ...単純です^^; )

ServicedApartmentLondon_july2014_049.jpg

気分は、ロンドン在住(笑)

↓ 部屋に戻り、キッチンに食材を並べると、さらにお家感がUP⤴⤴

ServicedApartmentLondon_july2014_015.jpg

次の日のブランチまで此処で過ごすつもりなので、
余らないよう、吟味して食材を買ったつもり。。

一晩で飲むオサケの量...
ハーフボトルワイン×1
ビール×2

これじゃ多い??(笑)

ServicedApartmentLondon_july2014_032.jpg

朝食は普段食べないのですが、
イギリスのヨーグルトは美味しいので小さいものを。。あと果物。。
珈琲と紅茶とミルクは備え付けられていたと記憶。。

↓ 見ると、デリバリーサービスもありました!

ServicedApartmentLondon_july2014_039.jpg

長期滞在用なのですね。
こんなトコロに長期滞在できるほどになりたいもの...
夢は大きく...ですね(*^-^*)

↓ 一通りの調理道具やお皿などは揃っていました!

ServicedApartmentLondon_july2014_038.jpg

グレートディクスターで庭を存分に楽しみ、そこからロンドンまで運転。
身体は結構クタクタでしたが、楽しいと人間って疲れを忘れますね^^

ServicedApartmentLondon_july2014_016.jpg

音楽をかけ、洗濯機をまわし、お風呂にお湯を張り、ひと風呂。
さっぱりして、ビールを呑むと、生き返えるようで。。(*^-^*)

↓ お料理に取り掛かりました。

ServicedApartmentLondon_july2014_017.jpg

あ、もうワインも空いていますね...
キッチンドリンカー(^_^;)

トマト水煮缶が見つからなくって、パスタソースを購入。
そこにひと手間。
ビックマッシュルームをニンニクとワインでソテーして入れることにしました。

サラダは、パック入。
ドレッシングは、ポーションタイプのバルサミコ酢を使って作ることに。
塩は自分で小分けで持って行ったので、それを使いました。
胡椒も欲しかったけど、荷物になるから我慢。

↓ ひとりおうちごはんです♪

ServicedApartmentLondon_july2014_035.jpg

旅が続くと、自分で料理したものって、しみじみと美味しい。。
( 実際には不出来でも...(笑) )

のんびりと食べた後...
のんびりと呑みながら、、
テレビのガーデン番組を鑑賞。

ServicedApartmentLondon_july2014_020.jpg

テラスにコンテナガーデンを作る実践。

テラスハウスの前庭を生まれ変わらせる、
ビフォーアフターだったり。

ServicedApartmentLondon_july2014_050.jpg

結構、夢中で観てしまいました。

窓の外をみると、、他の家々の窓辺にも、オレンジ色の灯り。

ServicedApartmentLondon_july2014_021.jpg

一日が終わるのですね。

もう一回お風呂に入り、、
心身ともに充たされて、、
ふっかふかのベッドで眠りにつきました。

ServicedApartmentLondon_july2014_028.jpg

翌朝の楽しみは、プライベートガーデンの朝散歩。
... 本当にホントに素敵だったのです。

またまた記事が長くなってしまうので、、
不定期ですが、 次回 に続きまーす(*^-^*)


↓ ↓ この記事の旅記事はこちらの一覧からどうぞ♪
「 イギリス庭めぐり旅_2014夏 一覧 」




  読んで下さった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...   

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!
  心を込めて♪ (出美)



いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 別冊いいひブログはこちらから♪ ≫
「 ベランダLOVERSだけど... 」

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 裏庭に続くキッチンのある家 in London 」
「 パリで暮らすような旅を♪_食卓と花 」
「 イギリス人の住まい観と不動産事情_リノベーションセンター 」


Comments [7]

これこれ、こういう旅がしたいですよね~~♪
私たちももうすぐ!!
旅先でキッチンドリンカー^^
一晩で全部のんだのかしら?

待ってました〜イギリス紀行。
こーんな素敵なトコロにお泊りだったのね。空気感が伝わってくるような写真ばかりです。ロンドンにタイムトリップしました。機能的なキッチンあり、美しいリビングありだったらホテルより数倍良さそう。
…イギリスがもう少し近かったらね、何よりなんだけど。

はじめまして

来年ロンドン旅行計画中で、サ-ビスアパ-トメント検索していたら、こちらのブログに行きつきました。
イギリス旅行以外のブログもとても素敵!!
とても興味深いです。

2年前に、スロ-ンスクエアーのアパ-トメントに滞在し、思い出深いロンドンステイになったので、今回もアパ-トメント捜しています。

もし、よろしければこちらのサ-ビスアパ-トメントの情報教えていただけないでしょうか?

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • e1027s.jpg
  • sundays-joy.jpg
  • DSCF5005s.jpg
  • DSC05407s.jpg
  • Grange-over-Sands2017s.jpg
  • P1050050s.jpg
  • PC310121s.jpg
  • 3c61a62a8a40251bd2c22ca8a7ae4641e7d9bd39.jpg

アーカイブ

  1. 2019年1月
  2. 2018年12月
  3. 2018年11月
  4. 2018年10月
  5. 2018年9月
  6. 2018年8月
  7. 2018年7月
  8. 2018年6月
  9. 2018年5月
  10. 2018年4月
  11. 2018年3月
  12. 2018年2月
  13. 2018年1月
  14. 2017年12月
  15. 2017年11月
  16. 2017年10月
  17. 2017年9月
  18. 2017年8月
  19. 2017年7月
  20. 2017年6月
  21. 2017年5月
  22. 2017年4月
  23. 2017年3月
  24. 2017年2月
  25. 2017年1月
  26. 2016年12月
  27. 2016年11月
  28. 2016年10月
  29. 2016年9月
  30. 2016年8月
  31. 2016年7月
  32. 2016年6月
  33. 2016年5月
  34. 2016年4月
  35. 2016年3月
  36. 2016年2月
  37. 2016年1月
  38. 2015年12月
  39. 2015年11月
  40. 2015年10月
  41. 2015年9月
  42. 2015年8月
  43. 2015年7月
  44. 2015年6月
  45. 2015年5月
  46. 2015年4月
  47. 2015年3月
  48. 2015年2月
  49. 2015年1月
  50. 2014年12月
  51. 2014年11月
  52. 2014年10月
  53. 2014年9月
  54. 2014年8月
  55. 2014年7月
  56. 2014年6月
  57. 2014年5月
  58. 2014年4月
  59. 2014年3月
  60. 2014年2月
  61. 2014年1月
  62. 2013年12月
  63. 2013年11月
  64. 2013年10月
  65. 2013年9月
  66. 2013年8月
  67. 2013年7月
  68. 2013年6月
  69. 2013年5月
  70. 2013年4月
  71. 2013年3月
  72. 2013年2月
  73. 2013年1月
  74. 2012年12月
  75. 2012年11月
  76. 2012年10月
  77. 2012年9月
  78. 2012年8月
  79. 2012年7月
  80. 2012年6月
  81. 2012年5月
  82. 2012年4月
  83. 2012年3月
  84. 2012年2月
  85. 2012年1月
  86. 2011年12月
  87. 2011年11月
  88. 2011年10月
  89. 2011年9月
  90. 2011年8月
  91. 2011年7月
  92. 2011年6月
  93. 2011年5月
  94. 2011年4月
  95. 2011年3月
  96. 2011年2月
  97. 2011年1月
  98. 2010年12月
  99. 2010年11月
  100. 2010年10月
  101. 2010年9月
  102. 2010年8月
  103. 2010年7月
  104. 2010年6月
  105. 2010年5月
  106. 2010年4月
  107. 2010年3月
  108. 2010年2月
  109. 2010年1月
  110. 2009年12月
  111. 2009年11月
  112. 2009年10月
  113. 2009年9月
  114. 2009年8月
  115. 2009年7月
  116. 2009年6月
  117. 2009年5月
  118. 2009年4月
  119. 2009年3月
  120. 2009年2月
  121. 2009年1月
  122. 2008年12月
  123. 2008年11月
  124. 2008年10月
  125. 2008年9月
  126. 2008年8月
  127. 2008年7月
  128. 2008年6月
  129. 2008年5月
  130. 2008年4月
  131. 2008年3月
  132. 2008年2月
  133. 2008年1月
  134. 2007年12月
  135. 2007年11月
  136. 2007年10月
  137. 2007年9月
  138. 2007年8月
  139. 2007年7月
  140. 2007年6月
  141. 2007年5月

最近のコメント

このページの上部へ

このページの上部へ