イギリス人の住まい観と不動産事情_リノベーションセンター


今日は、英国の不動産事情とイギリス人の住まい観についてのお話を。。

― イギリス人は、家の話が大好き ―

今回参加した視察ツアーのバスの中で、
ロンドン在住のガイドさんが、話してくれた興味深い話題に、
思わず、耳がダンボになったワタシ(笑)。
( わーい!参加して良かった~♪ と、メモメモ ...笑 )

家にかける情熱は世界一と、、本では読んでいたが、、
やっぱりそうなのか。。で、、なぜ???
なぜなら、、イギリスでは 「家」=「資産」だから。。

当たり前じゃない!、、と、笑わないでくださいね。
そこには話の続きがあって、、、
「家」 が自分の資産を増やしてくれる
「 資産運用 」 としての役割もあるから。。
なのだそうです。

houseproudukhouse2010summer.jpg

( ↑ 写真は、2010年夏、、コッツウォルズでの一枚。)
( 庭の佇まいもと~っても素敵なはちみつ色の家に売り家の看板が...! )
( こんな家を見るたびに、、イギリスのお家事情が知りたくて、ウズウズしていた私 )

▼ イギリスの中古市場とイギリス人的理想の住まい遍歴 ▼

ただ、そう簡単に新築できるようなお国柄ではないので、
当然、中古市場が活発。
その市場、、日本が16万戸に対し、、イギリスは80万戸。

家の評価価値も、、
日本:25年に対して、、

米:50年(日本の2倍)
英:75年(日本の3倍)

と、違うそうです。

またイギリスは、古くから、国民に貸家より持ち家に住むことを推奨していて、、
借りるより、、所有していた方がお得になるようなシステムになっているとか。。

若者も、働きはじめるとすぐに親元を離れ、、自活。
そして、、自分が手の届く範囲の 'フラット'(マンション)購入。
結婚、、子供誕生、、という人生の転機に、 「家」 を住み替えていく。。

子供が巣立つと、夫婦ふたりでは広くなった家をまた売却して、、
最終的には、、カントリーサイドに小さなコテージを持ち、
売却益で得た資金をもとに、のんびりと暮らすというのが、、
イギリス人的な理想の住まい遍歴。。

▼ イギリスの住宅ローン と イギリス的住まい観  ▼ 

( ↓ 写真、ヒッドコットマナーガーデン近くの、可愛らしいコテージ )
( こんな、美しいカントリーサイドの古くて小さな家ほど人気が高い! )

ukhouse2010summer2.jpg

― 住いというものは、そう急速に変化するものではない。
― 同じ屋根の下で何世代もが生活し続けるのである。
― もしイギリスを象徴するものが何かと問われれば、
― 人はただちにこう答えるに違いない
― それは古いイギリスの民家だ。

( 上記、 イギリスの田園生活誌 デイヴィッド・スーデン著 
          山森芳郎・山森喜久子訳 より抜粋 )

上記の文章に現れているように、
家は世代を超えて住み継がれて当たり前なもの。
その感覚は、現代においても、同じらしいので、、
日本人の家に対しての感覚とは、大きく違うことを実感します。

そして、日本のように、人生をかけてのローンを組み、
一世一代の大仕事として、家づくりをするようなお国柄ではないよう。。

住宅ローンも、
イギリスは、「 土地+家 =不動産としての価値 」 に対しての融資。
対して日本は、「 人としての信用=返済能力 」 を評価して融資。

言い替えると、、返済能力を人に背負わせないというのでしょうか。。
今は、不動産の価値に対して3倍の融資をつけてくれるそうです。

だから、借りやすく、家に対しての評価も崩れないので、
長期の展望が立てやすい、、という特徴があるそうです。

▼ 古い家ほど価値が高い訳_ヴィクトリアン様式が人気 ▼

あと、、
イギリスでは、、家を持つなら古い家!
古い家に投資するのが利口!
そう、云われているそうです。

なぜなら、、
古いものは、無くなっていく運命で、決して数は増えないこと。
そして古いものには、時を重ねたモノにしかない味わい、、美しさがあり、
そこに、イギリス人は価値を見出すから。。。

なので、新しい家が古い家より価値が上ということは決してなく、
イギリスでは新築の家より、
お金がかかっても住みにくくても、、
古い家の方が、断然、、依然、、人気が高いそうなのです。。

なかでも特に人気なのが、ヴィクトリアン様式の家。

ただ古ければ良いと云う訳ではなく、、
素晴らしい変身を遂げるには、、
元々の土台が良いものであることが、
云うまでもなく、物件を選ぶ大切な選ぶ基準というのは、日本と一緒。

( ちなみに、住宅ローンの融資を受ける際に、
 'サーベイヤー'という家の調査をする職業の人に、
 徹底的にその素生を調べてもらうことが必須条件。。
 このあたりのことは、また別な機会に詳しく書きますね )

ヴィクトリア時代は、英国が地球の1/4を征服した時代。

富...豊かさが凝縮された時代だったので、
建物もシッカリつくられ、、素材も上質、、
間取り空間もよく、、天井が高いのが特徴。

いわゆる素生が良いというのでしょうか...
古くてもリノベーションしやすく人気が高いらしいです。

▼ イギリス的 住宅バブル_ 誰もがディベロッパー?! ▼ 

近年、イギリスにおこったバブル期には、、
それこそ人生すごろくゲームのように、、
一見、廃屋のようなヴィクトリアン時代の住まいを購入し、
そこをDIYリノベーションして価値ある家に変貌させ、、
驚くような高値がつき売却。。

その後も、、' 住み替え 'で 着実にステップアップし、、、
なんと!!最終的には、南仏にワイナリー付の邸宅を持った。。
と、いう一般人が居たとか。。
しかも、そんなに珍しい話ではない!というから驚き☆

そう、イギリスでも、バブル期には不動産価値はどんどん上昇。
そのバブルの10年間、、誰もがディベロッパーで、、
とにかく、家を転売すれば倍になって売れていったそうです。。

バブルがはじけた今でも、、
ロンドン五輪が終わるまでは、家の値段は確実に下がらないとされ、
まだ、不動産投資は活発。。。
と、ガイドさんは、近年のイギリスの不動産事情を語ってくれました。

▼ 家を愛するイギリス人_家は資産!趣味と実益のDIY ▼ 

ただ、バブルに乗じた投資 としてではなくても、、
家にこだわって手を加える人はホントに多い!!

家を愛すること、、家での暮らしを愉しむことに関しては、、
イギリス人は、ホ~ントに素晴らしく上手。。

まず、家や庭を愛する心があり、、暮らしを愉しむ基盤がある。。
インテリアを飾り、、庭を手入れし、、メンテナンスを施し、、
誰もが憧れるような家に、価値を高めていく。。
そして、自分に必要な次のステージが来たら、、
価値の上がったその家を手放し、ステップアップしていく。。

と、いうスタイルは、定着しているお国柄のようです。

私が憧れてやまない姿は、こちらですねー♪
イギリスに来るたび、、、いいなぁ~と片想い。。
そのエッセンスを日本の家にも!!と、、、
密かに発奮して帰国するのが常。。(笑)

脱線しましたが、
イギリスでは、人生のステージに合わせて、
住み替えていくのが、当たり前という感じなので、、
当然、次の売却のコトを常に考え、
お金を生み出してくれる'資産'である'家'を、
大切に大切に、維持するそうです。。

イギリス人は、家は住み継ぐものとして捉えているようですし、、
普段の家の住まい方が、イコール、家の価値にも直結するので、、
当然、家の手入れ、、メンテナンスには積極的。
( 実利と趣味を兼ねての家好きな人が多いのも納得! )

なので、日本よりも、ずっとDIYが盛んで、
DIYの指南書も、、ビックリするくらい、本格的。
( ↓ 写真、イギリスのDIY参考書☆ 床貼、壁紙貼はモチロン、電気配線まで! )

ukdiybook1.jpg ukdiybook.jpg


▼住まい丸ごと学べる! リノベーションセンター という施設 ▼

だからなのでしょうか。。。
こんなスゴイ施設があるのは...!

「 The National Self build & Rinovation Centre 」
( ↓ ↓ 写真 ザ・ナショナルセルフビルド&リノベーションセンター! )

UKrenovationcentre.jpg

家を修繕する、、リノベーションする、、家を建てる、、
そんな人々が、建築そのものを学べるセンターがあるのです。

ビックサイトのような展示場に、、
地盤、、基礎、、床、、壁、、屋根、、配管、、外装、、インテリア、、
全てに、実物大の模型や実物展示、、
材料・素材の商品としての情報があり、、
ひと通り見ていくと、どんなふうに家が作られているのかが一目瞭然!

教科書と現場が一体になったような、、羨ましい施設。。

一般の人が、ここで情報を集めて、、技術を学んで、、
DIY、、セルフビルドを実践していける施設なのです!!

このリノベーションセンターの中がどんなふうなのか、、
英国建築病理学の第一人者、
レディング大学マイカ先生の講義内容、、
イギリスにおける住まいと健康の密接な関係、、
そんなことも、また次の機会に ご紹介できたらと思います。。

(  ふぅ...ことイギリスの家のこととなると、、
  書きたいこと山ほど有りすぎて、、
  まとめるのに、時間がかかります~ 
  まとまりきらず読みにくいのは ご勘弁くださいね。。  汗 )


読んでくださった皆さまにとって、
素敵な 'いいひ' が訪れますよう、、感謝をこめて♪


家での日々の暮らしが心地よく、、
住む人の幸せに繋がります。。
心を込めて ♪ (出美)


最後まで読んでいただき ありがとうございました!!

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
あたたかい応援クリックに感謝です♪


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ 人気ブログランキングへ


≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 はちみつ色のカントリーサイドへの旅♪ 」
「 古きを愛でるイギリスの「家と健康」最新事情 」
「 裏庭に続くキッチンのある家 in London 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 20230123_iihiblog.jpg
  • 20230118_iihiblog.jpg
  • 2022hannohousecatlife.jpg
  • 2023hatsumoude.jpg
  • 244fb5a8434a650aa6857a6b43734e488884540e.jpeg
  • 20221224-IMG_5430.jpg
  • A18938C9-723E-43CA-B048-1875082E4255.jpg
  • IMG_4418.jpeg

アーカイブ

  1. 2023年1月
  2. 2022年12月
  3. 2022年10月
  4. 2022年9月
  5. 2022年7月
  6. 2022年6月
  7. 2022年5月
  8. 2022年4月
  9. 2022年3月
  10. 2022年2月
  11. 2022年1月
  12. 2021年12月
  13. 2021年11月
  14. 2021年10月
  15. 2021年9月
  16. 2021年8月
  17. 2021年7月
  18. 2021年6月
  19. 2021年5月
  20. 2021年4月
  21. 2021年3月
  22. 2021年1月
  23. 2020年12月
  24. 2020年10月
  25. 2020年9月
  26. 2020年7月
  27. 2020年6月
  28. 2020年5月
  29. 2020年4月
  30. 2020年3月
  31. 2020年2月
  32. 2020年1月
  33. 2019年12月
  34. 2019年11月
  35. 2019年10月
  36. 2019年9月
  37. 2019年8月
  38. 2019年7月
  39. 2019年6月
  40. 2019年5月
  41. 2019年4月
  42. 2019年3月
  43. 2019年2月
  44. 2019年1月
  45. 2018年12月
  46. 2018年11月
  47. 2018年10月
  48. 2018年9月
  49. 2018年8月
  50. 2018年7月
  51. 2018年6月
  52. 2018年5月
  53. 2018年4月
  54. 2018年3月
  55. 2018年2月
  56. 2018年1月
  57. 2017年12月
  58. 2017年11月
  59. 2017年10月
  60. 2017年9月
  61. 2017年8月
  62. 2017年7月
  63. 2017年6月
  64. 2017年5月
  65. 2017年4月
  66. 2017年3月
  67. 2017年2月
  68. 2017年1月
  69. 2016年12月
  70. 2016年11月
  71. 2016年10月
  72. 2016年9月
  73. 2016年8月
  74. 2016年7月
  75. 2016年6月
  76. 2016年5月
  77. 2016年4月
  78. 2016年3月
  79. 2016年2月
  80. 2016年1月
  81. 2015年12月
  82. 2015年11月
  83. 2015年10月
  84. 2015年9月
  85. 2015年8月
  86. 2015年7月
  87. 2015年6月
  88. 2015年5月
  89. 2015年4月
  90. 2015年3月
  91. 2015年2月
  92. 2015年1月
  93. 2014年12月
  94. 2014年11月
  95. 2014年10月
  96. 2014年9月
  97. 2014年8月
  98. 2014年7月
  99. 2014年6月
  100. 2014年5月
  101. 2014年4月
  102. 2014年3月
  103. 2014年2月
  104. 2014年1月
  105. 2013年12月
  106. 2013年11月
  107. 2013年10月
  108. 2013年9月
  109. 2013年8月
  110. 2013年7月
  111. 2013年6月
  112. 2013年5月
  113. 2013年4月
  114. 2013年3月
  115. 2013年2月
  116. 2013年1月
  117. 2012年12月
  118. 2012年11月
  119. 2012年10月
  120. 2012年9月
  121. 2012年8月
  122. 2012年7月
  123. 2012年6月
  124. 2012年5月
  125. 2012年4月
  126. 2012年3月
  127. 2012年2月
  128. 2012年1月
  129. 2011年12月
  130. 2011年11月
  131. 2011年10月
  132. 2011年9月
  133. 2011年8月
  134. 2011年7月
  135. 2011年6月
  136. 2011年5月
  137. 2011年4月
  138. 2011年3月
  139. 2011年2月
  140. 2011年1月
  141. 2010年12月
  142. 2010年11月
  143. 2010年10月
  144. 2010年9月
  145. 2010年8月
  146. 2010年7月
  147. 2010年6月
  148. 2010年5月
  149. 2010年4月
  150. 2010年3月
  151. 2010年2月
  152. 2010年1月
  153. 2009年12月
  154. 2009年11月
  155. 2009年10月
  156. 2009年9月
  157. 2009年8月
  158. 2009年7月
  159. 2009年6月
  160. 2009年5月
  161. 2009年4月
  162. 2009年3月
  163. 2009年2月
  164. 2009年1月
  165. 2008年12月
  166. 2008年11月
  167. 2008年10月
  168. 2008年9月
  169. 2008年8月
  170. 2008年7月
  171. 2008年6月
  172. 2008年5月
  173. 2008年4月
  174. 2008年3月
  175. 2008年2月
  176. 2008年1月
  177. 2007年12月
  178. 2007年11月
  179. 2007年10月
  180. 2007年9月
  181. 2007年8月
  182. 2007年7月
  183. 2007年6月
  184. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ