国産システムキッチン三社レポ♪_2016秋ver.

R9060078s.jpg

昨日の日本経済新聞朝刊(2016/9/6)「新製品チェックアップ」で、
国産三社のシステムキッチンについて、
コメントさせていただいたこと、前回、ご報告しました。

今日は、もう少し踏み込んで、、
まとめたレポをUPしたいと思います♪


以下、TOTO、パナソニック、リクシルの三社、
実際にショールームで現物を観てきて...のレポになります♪

▽ TOTO「ザ・クラッソ」
( ↓ 画像はお借りしました。↓ メーカーHPにリンクします♪ )

pht_mv_index_01s.jpg 

カウンター天板厚さを薄くしたこと。
オリジナルの水栓デザイン、シンクデザインを変えたこと。

全体的にデザイン性を高めた点が、
今回のリニューアルで、最も変わった点。

特に、ステンレス天板にバイブレーション仕上を採用したこと。。

おおぉーーっ!と、個人的に感じて、
ショールームのアドバイザーさんに尋ねたら、
それがネックでTOTOを採用されないケースが多々あったそう。
だから、アドバイザーさん達にとっても念願だったとか(笑)

TOTONEWKITCHEN2016_1s.jpg

ショールームでの施主さんからの声を、
丁寧に拾い上げていると感じました。

システムキッチンで叶えられなかったデザイン性の面で、
オーダーキッチンに流れていた層を取り込めそう。

補足として、カウンター天板の素材...
人造大理石・ステンレス両方に薄型デザインが採用されています。

これ、三社ではTOTOのみ。
消費者にとって選びやすいですよね。

けれど、薄型カウンターが標準になってしまい、
既存40㎜厚カウンターの選択肢が無くなったことは残念。
( ぶ厚いのが好きな方もいると思うのです。。)

クラッソの特徴すべり台シンク水ほうき水栓もリニューアル。
( 海外デザインを意識していると感じました )

pht_mv_03_01ss.jpg

↑ 写真右の水栓は、TOTO独自な除菌水ミスト専用水栓。
↑ 写真左の水栓は、浄水器兼用にもなり、タッチレスなのが嬉しい。

デザインだけでなく清掃性やお手入れ面にも配慮しているところも、
実際の施主さんに好印象でTOTOを選ぶ決め手になっていました!

他のメーカーでも叶いますが、
キッチン幅のサイズ対応が1㎜単位でできる点が、
リフォーム現場でも使いやすい。

ただし、カウンター高さのバリエーションが減ったことが残念。
標準的な800、850、900㎜のみ。

▽ パナソニック 「Lクラス」 

( 画像はお借りしました。↓ メーカーHPにリンクします♪ )

products_kitchens.jpg

こちらも、上の写真にもあるように、
カウンター厚が薄い天板が登場したのですが、、
素材が一種類に限られているのです。。
( ステンレスや一般的な人工大理石設定が無い )
これが残念に思う方も多いのでは?と、感じます。。

個人的には、薄くなくても全然いいのですが...^^;

デザイン性では、扉デザイン・把手デザインが多彩。
 高級感ある和っぽいもの、
 欧米風トラディショナル、
 シンプルモダン、、
 北欧テイストなど、、
様々なインテリアに対応できるバリエーションが有り。

↓ 以前からありますが、ヨーロピアンテイストにも対応できるデザイン。

AC161AANXLD6-PA0010012s.jpg

框組み木製扉で、、
アンティーク風な把手が選べる。

モダン流行りな今日この頃、
「 国産システムキッチン 」というカテゴリ内で、、
このテイストを叶えられるメーカーは少ないと感じます。

↓ そして、この扉デザイン。

AC161AANXLC6-PA0010009s.jpg

以前はこの扉、無かったのですが、今回から登場。

どこか、北欧某メーカー(I○○A)のキッチンにもあり、
いいひの家でもよく採用して実に使い勝手よかったシリーズに似ています(笑)

北欧風インテリア...
シンプルナチュラルインテリアに、
癖なく馴染んでくれそうですよね。

また、Lクラスは、以前からそうでしたが、
様々な 間取りレイアウト にも対応できる設定は変わらず。。

あと、特筆するなら、、
家電メーカーならではの特徴ある設備類が充実です!!

↓↓ レンジフード10年間ファン掃除不要 「ほっとくリーンフード」

img_titles.jpg

ほっとクリーンフードは、
作りがシンプルなのに...!!
お手入れメンテナンスが楽なのはとても良かったです♪

普段の拭き掃除の部分の細かなパーツ周りも、
お掃除しやすいようになっていました!!

レンジフード単独での販売はしていないそうです。

↓ 加熱機器 「マルチワイドIH」

img_title-(1)s.jpg

これを使いたくてパナソニックを選ぶ方もいらっしゃいますね。

今回のトリプルワイドIHは、切替で4ツ口になるそう!
お料理にこだわる層の要望に応えていると感じます。。

ただし、普通の加熱機器とサイズが違うので、
買い替えの時、選択肢が狭められてしまうことが、
ネックで採用に至らないケースもありました。

また細かい点ですが、食洗機のこと。

↓ 食器洗い乾燥機 メカ感を現さない...扉一帯デザインが可能。

img_title-(1).jpg

食洗機は、他システムキッチンメーカーでも、
パナソニック製を採用している場合多いので、
もしかしたら、これは、他でも出来るかもしれません。。
( スミマセン未調査 )

けれど、パナソニックシステムキッチン採用ならではの特典を発見!
アドバイザーさんに教えていただいた情報です。

深型食洗機を入れる場合、
他社では、蹴込部分に収納が付かない設定なのですが、
Lクラスでは、その蹴込部分が収納として利用できるそう。

↓ この写真だとイメージできますかね??(^_^;)

img_feature1.jpg

こんなニッチなトコロでしたが、
パナソニックを選ぶ付加価値を付けていました。

余談ですが、アドバイザーさんとの会話の中で、
幅600㎜の食洗機、なぜ進化させないのか??と盛り上がりました(笑)
( 唯一パナソニックで幅広食洗機が有りますが
 パナソニックならではの進化が反映されないまま数年経っています )

深型で幅広...しかも国産 だったら、
とても需要が多いのになぁ...と、常思っていたこと、
共感できたことが嬉しかったです♪

ミーレやアスコじゃなくっても良いけど幅広が欲しいって層、
実際に確実にいらっしゃいます!!

メーカーさん、ぜひ日本人に合う機能で、
幅広深型食洗機出してくださいm(__)m

▽ リクシル 「リシェルPLAT」
( 画像はお借りしました。 メーカーHPにリンクします♪ )

default_kv_01s.jpg

著名なデザイナーさんを採用されたコンセプトキッチン。

キッチンを中心とした暮らし方&間取りまで提案し、
LDK全体のインテリアに調和するキッチンとなっている。

システムキッチンを使っても、
LDK空間インテリアをトータルにまとめられる点が特徴で、
LDK全体の間取りに対応する家具収納もラインナップ。
( テレビボード等もありました )

feature_img_05.jpg

建築工事で作ることの多い、、
キッチン付のカウンターテーブルもありましたが、
受け金物部分がプラスチック感強かったのが残念。( ゴメンナサイ )

↓ こちらのダイニングテーブル天板下です。

price_img_02.jpg


キッチンのレイアウトは限られていました。

コンセプトを活かすためなのかな??
オープンタイプのキッチンを推奨しているようで、
ペニンシュラ型、アイランド型、壁付け型がありました。

price_img_01.jpg

なので、L型レイアウト等、、
一般的なシステムキッチンにあるれうアウト設定が無く、

限られた間取りにしか対応出来ないと感じました。

キッチンカウンター天板は薄型を採用。

feature_img_01.jpg

天板周りの納まりは、より家具に近く、
とてもよくデザインが練られていて、
三社のなかで一番良いと感じます。

デザイナーさんがセレクトされただろう設備モノは、
リクシル発注で、素敵な海外製の水栓を選べたり、

レンジフードもデザイン性の高いものを選べたり出来るので、
つくり手側からして便利。(発注が一度で済むから^^)

広い空間のインテリアをまとめて仕上げたい時、、
例えば、、
マンションリノベなどに採用されることも有りそうだなぁと感じました。


-----

以上になります♪

個人的な感想として、
パナソニックLクラスは相変わらず万能だなぁと。
TOTOザ・クラッソは、薄型以外のカウンターも復活してほしい。
リクシルPLATは、レイアウトが限られるし、
お値段も高めだったので、なかなか採用には至らないかな。。

という感じ。あくまで個人としての感想です。(*^-^*)

519c450acf738758df3fcf80d6af3df03e52d5eb.jpg


キッチンという小宇宙。

既製品のシステムキッチンのなかでも、
似たようで違う実に様々な選択肢。。


とりわけ、初めての家づくりだと、
それぞれのメーカーさんの特徴って、
パッとは掴みにくいかもしれません。

そのなかで、ひとつを選ぶってこと、
楽しみでもあり、悩ましくもあることでしょうね。

モチロン、システムだけではなく、、
オーダーキッチンや、
カスタマイズキッチンという選択肢も有。

今回の記事や過去記事も含めて、
少しでも、
キッチン選びの指針になれたら、嬉しく思います(*^-^*)


  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...   

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて♪ (出美)



いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 別冊いいひブログはこちらから♪ ≫
「 濱文様の猫てぬぐい♪ 」

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 日本経済新聞 '新製品バトル' に掲載されました♪ 」
「 NEW!TOTOシステムキッチン 'いいね!'ポイント♪ 」
「 「キッチンをどう選ぶ?_国産システムキッチン編」 いいひのキッチンレポvol.1 」
「 システムキッチンカスタマイズ時におススメな機器類_いいひのキッチンレポVol.2 」
「 カスタマイズキッチンという選択肢♪_IKEAをパーツとして楽しむキッチン 」
「 二世帯リノベーション完成♪子世帯編_キッチンStory@大田の家 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 20210821-IMG_7532.jpg
  • Cornishware-800x314.jpg
  • sakan_kodairahouse.jpg
  • 2021SUMMERS.jpg
  • HANNOHOUSESTORY20210713.jpg
  • khousestorymar2021.jpg
  • kodairanoies.jpg
  • IMG_3518.jpeg

アーカイブ

  1. 2021年9月
  2. 2021年8月
  3. 2021年7月
  4. 2021年6月
  5. 2021年5月
  6. 2021年4月
  7. 2021年3月
  8. 2021年1月
  9. 2020年12月
  10. 2020年10月
  11. 2020年9月
  12. 2020年7月
  13. 2020年6月
  14. 2020年5月
  15. 2020年4月
  16. 2020年3月
  17. 2020年2月
  18. 2020年1月
  19. 2019年12月
  20. 2019年11月
  21. 2019年10月
  22. 2019年9月
  23. 2019年8月
  24. 2019年7月
  25. 2019年6月
  26. 2019年5月
  27. 2019年4月
  28. 2019年3月
  29. 2019年2月
  30. 2019年1月
  31. 2018年12月
  32. 2018年11月
  33. 2018年10月
  34. 2018年9月
  35. 2018年8月
  36. 2018年7月
  37. 2018年6月
  38. 2018年5月
  39. 2018年4月
  40. 2018年3月
  41. 2018年2月
  42. 2018年1月
  43. 2017年12月
  44. 2017年11月
  45. 2017年10月
  46. 2017年9月
  47. 2017年8月
  48. 2017年7月
  49. 2017年6月
  50. 2017年5月
  51. 2017年4月
  52. 2017年3月
  53. 2017年2月
  54. 2017年1月
  55. 2016年12月
  56. 2016年11月
  57. 2016年10月
  58. 2016年9月
  59. 2016年8月
  60. 2016年7月
  61. 2016年6月
  62. 2016年5月
  63. 2016年4月
  64. 2016年3月
  65. 2016年2月
  66. 2016年1月
  67. 2015年12月
  68. 2015年11月
  69. 2015年10月
  70. 2015年9月
  71. 2015年8月
  72. 2015年7月
  73. 2015年6月
  74. 2015年5月
  75. 2015年4月
  76. 2015年3月
  77. 2015年2月
  78. 2015年1月
  79. 2014年12月
  80. 2014年11月
  81. 2014年10月
  82. 2014年9月
  83. 2014年8月
  84. 2014年7月
  85. 2014年6月
  86. 2014年5月
  87. 2014年4月
  88. 2014年3月
  89. 2014年2月
  90. 2014年1月
  91. 2013年12月
  92. 2013年11月
  93. 2013年10月
  94. 2013年9月
  95. 2013年8月
  96. 2013年7月
  97. 2013年6月
  98. 2013年5月
  99. 2013年4月
  100. 2013年3月
  101. 2013年2月
  102. 2013年1月
  103. 2012年12月
  104. 2012年11月
  105. 2012年10月
  106. 2012年9月
  107. 2012年8月
  108. 2012年7月
  109. 2012年6月
  110. 2012年5月
  111. 2012年4月
  112. 2012年3月
  113. 2012年2月
  114. 2012年1月
  115. 2011年12月
  116. 2011年11月
  117. 2011年10月
  118. 2011年9月
  119. 2011年8月
  120. 2011年7月
  121. 2011年6月
  122. 2011年5月
  123. 2011年4月
  124. 2011年3月
  125. 2011年2月
  126. 2011年1月
  127. 2010年12月
  128. 2010年11月
  129. 2010年10月
  130. 2010年9月
  131. 2010年8月
  132. 2010年7月
  133. 2010年6月
  134. 2010年5月
  135. 2010年4月
  136. 2010年3月
  137. 2010年2月
  138. 2010年1月
  139. 2009年12月
  140. 2009年11月
  141. 2009年10月
  142. 2009年9月
  143. 2009年8月
  144. 2009年7月
  145. 2009年6月
  146. 2009年5月
  147. 2009年4月
  148. 2009年3月
  149. 2009年2月
  150. 2009年1月
  151. 2008年12月
  152. 2008年11月
  153. 2008年10月
  154. 2008年9月
  155. 2008年8月
  156. 2008年7月
  157. 2008年6月
  158. 2008年5月
  159. 2008年4月
  160. 2008年3月
  161. 2008年2月
  162. 2008年1月
  163. 2007年12月
  164. 2007年11月
  165. 2007年10月
  166. 2007年9月
  167. 2007年8月
  168. 2007年7月
  169. 2007年6月
  170. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ