木の表情が男性的/女性的、新しく知った仕上塗材_無垢フローリング選び♪_ふたりの小さな家@青戸

20180128-DSC01775s.jpg

ふたりの小さな家@青戸。

前回UPした記事...
地鎮祭の後、新木場の木魂さんへ。

無垢フローリングを選びに行ってきました!

今日はその時のことをご紹介いたします。


過去に、いいひブログでも何度かご紹介している...
木魂さんショールーム。

こちらでは、カットサンプルだけではなく、
一梱包を並べて、床の表情を確認することが出来ます。

なので、全国津々浦々から、
見にいらっしゃる方々も多いそうです(*^-^*)

今回、Sさんの家も、
見積時に目星をつけておいた、
樹種を確認することにしました。

実際に見る前に、
無垢の特性やお手入れ方法などをレクチャーいただき、
その後、実物をみてシミュレーション。

↓ イングリッシュオーク、幅広で一枚板。

20180128-DSC01774s.jpg

節などが入るラフグレードと呼ばれるタイプ。

板目がはっきりと出て、ところどころ節も入るので、
どちらかというと男性的な表情と、表現できるかな。。

→ 木魂さんの施工事例頁にリンク
→ いいひでの採用事例
→ ふたごくんの家谷中Hさんの家 など

余談ですが、
オークのような材で、あまりに節が少ないと、
つくりもののように見えてしまうこともあり、
このグレードをお勧めすることが多いです!

オークは、どんなテイストのインテリアにも合わせやすい...
鉄板な樹種だと感じます(*^-^*)

他、もうひとつ、
施主さんが気になられていたものも、チェック。

↓ ジャーマンメイプル。

20180128-DSC01776s.jpg

こちらは、確かカームグレードだったかな。
節がなく、杢目が柔らかく、白く明るく、
どちらかというと女性的な表情。

清潔感のある北欧系インテリアに似合います(*^-^*)

→ 木魂さんの施工事例頁にリンク
→ いいひの家メイプル床採用事例(メイプル系)
→ 青梅Kさんの家石神井台Iさんの家 など

↑ こちらは、無塗装ですが、
オイルを塗った時の表情、経年変化の具合等も、
アドバイスいただきながら選ぶことが出来ます。

無垢の仕上塗材をどうするか?

いいひの家で、木魂さんの無垢を採用する時は、
オイル+Wax を選ぶことが多いですが、
木魂さんから紹介いただいたのは...
「MOKUTO」という液体ガラス塗料。

↓ 以下、特徴。
↓ 木魂さんHPより抜粋させていただきました。

- ガラス系塗料と聞くと、
- ウレタン塗装に様な造膜型で
- 何だか少し冷たいようなイメージを持ってしまいますが、
- オイル同様に含浸型塗料なので、
- 見た目は自然な風合い、自然な質感に仕上がります。
- 合板フロアーやウレタン塗装のような冷たさは全く感じません。

- オイル塗装品とガラス系塗料とを並べて比べてみると、
- 触った感じはほぼ同じです。

- ただし色味については、
- オイル塗装のオイルはクリアーと言えども少し黄色味がかっており、
- ガラス系塗料は無色透明です。

- メープル、バーチ、シカモア、桧など
- 明るく白い色のフローリングに塗った時に見比べると、
- オイル塗装の方が若干黄色くなり、
- ガラス系塗料はとても明るく感じます。

と、実際に触れてみましたが、
確かに木の導管がつぶれていないので、
木が呼吸できるというのかな...
ウレタン塗装のような冷たさは感じません。

ただ比べてしまうと、
手触りは、オイルの方が無垢の温かさを残すよう。
( ※ 個人的な感想です )
( ※ 採用される場合はご自身で確認くださいね )

でも、バーチやメイプルの白っぽい明るさを好まれ、
ずっとその表情を維持したいと思われる方なら、
この MOKUTO は、適していると感じました。

やはり経年によるヤケで、黄色っぽく変化しますし、
( それはそれで味だと思いますが^^ )
きれいを維持するのが大変な、
ペット同居の家や、お子さんが小さい家。。
メンテで楽したい場合などは、
検討しても良いのかもしれません。

以前、そう望まれた施主さん宅で、
これを知っていたら採用できたのになぁ...と。。

学びは尽きません...(^-^;

そして、家づくりに迷いは尽きません(^-^

あと、足触りも大切でしょう...!

...ということで、
素足で木の感触を確認していただきました。

20180128-DSC01779s.jpg

ご主人、同じ樹種を言い当てる位、
足触りでの感覚を習得されていました!!
素晴らしいですー(*^-^*)

結果、決められたのは、イングリッシュオーク。

ホント鉄板な...良いご選択だと思います!!(*^-^*)

長い人生、インテリアの好みは変わることもあるので、
どんなテイストでもドーンと受け容れてくれる...
オークの包容力だったら安心なのでは...と、感じます。

675f398eb6612c4e9bd9369868ebb607a76ccd9c.jpg

設計者は意図を汲んでアドバイスできますが、
最後、決めるのは施主さん。

だから、似たような素材を選択しても、
その家々に個性が生まれるのであって...
ひとつひとつが、愛おしくなるんですよね(笑)

選びとることの大変さ...

生みの苦しみは、本当につきものですが、
施主さんが心に描いていた家が現れてきますように...(*^-^*)

青戸の家は、只今、絶賛基礎工事中!

そちらのことも、
あと、ショールームを訪ねたことも。。

キッチン選び(永大産業)
金物選び(堀商店さん)...
色選び(カラーワークスさん)...

またご紹介したいと思います!

→ 木魂さんHPでチェックしたい頁リンク
「 無垢フローリング材のお手入れ・メンテナンスについて 」




  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 



いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ



≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 無垢フローリングのシアワセを♪_暮らしを通しての実感を改めて。」 
「 無垢フローリング仕上&メンテ考_蜜蝋ワックス塗♪@ふたごくんの家 」
「 優しい表情♪バーチ無垢フローリング_マンションハーフリノベ@船橋Sさんの家 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 20230123_iihiblog.jpg
  • 20230118_iihiblog.jpg
  • 2022hannohousecatlife.jpg
  • 2023hatsumoude.jpg
  • 244fb5a8434a650aa6857a6b43734e488884540e.jpeg
  • 20221224-IMG_5430.jpg
  • A18938C9-723E-43CA-B048-1875082E4255.jpg
  • IMG_4418.jpeg

アーカイブ

  1. 2023年1月
  2. 2022年12月
  3. 2022年10月
  4. 2022年9月
  5. 2022年7月
  6. 2022年6月
  7. 2022年5月
  8. 2022年4月
  9. 2022年3月
  10. 2022年2月
  11. 2022年1月
  12. 2021年12月
  13. 2021年11月
  14. 2021年10月
  15. 2021年9月
  16. 2021年8月
  17. 2021年7月
  18. 2021年6月
  19. 2021年5月
  20. 2021年4月
  21. 2021年3月
  22. 2021年1月
  23. 2020年12月
  24. 2020年10月
  25. 2020年9月
  26. 2020年7月
  27. 2020年6月
  28. 2020年5月
  29. 2020年4月
  30. 2020年3月
  31. 2020年2月
  32. 2020年1月
  33. 2019年12月
  34. 2019年11月
  35. 2019年10月
  36. 2019年9月
  37. 2019年8月
  38. 2019年7月
  39. 2019年6月
  40. 2019年5月
  41. 2019年4月
  42. 2019年3月
  43. 2019年2月
  44. 2019年1月
  45. 2018年12月
  46. 2018年11月
  47. 2018年10月
  48. 2018年9月
  49. 2018年8月
  50. 2018年7月
  51. 2018年6月
  52. 2018年5月
  53. 2018年4月
  54. 2018年3月
  55. 2018年2月
  56. 2018年1月
  57. 2017年12月
  58. 2017年11月
  59. 2017年10月
  60. 2017年9月
  61. 2017年8月
  62. 2017年7月
  63. 2017年6月
  64. 2017年5月
  65. 2017年4月
  66. 2017年3月
  67. 2017年2月
  68. 2017年1月
  69. 2016年12月
  70. 2016年11月
  71. 2016年10月
  72. 2016年9月
  73. 2016年8月
  74. 2016年7月
  75. 2016年6月
  76. 2016年5月
  77. 2016年4月
  78. 2016年3月
  79. 2016年2月
  80. 2016年1月
  81. 2015年12月
  82. 2015年11月
  83. 2015年10月
  84. 2015年9月
  85. 2015年8月
  86. 2015年7月
  87. 2015年6月
  88. 2015年5月
  89. 2015年4月
  90. 2015年3月
  91. 2015年2月
  92. 2015年1月
  93. 2014年12月
  94. 2014年11月
  95. 2014年10月
  96. 2014年9月
  97. 2014年8月
  98. 2014年7月
  99. 2014年6月
  100. 2014年5月
  101. 2014年4月
  102. 2014年3月
  103. 2014年2月
  104. 2014年1月
  105. 2013年12月
  106. 2013年11月
  107. 2013年10月
  108. 2013年9月
  109. 2013年8月
  110. 2013年7月
  111. 2013年6月
  112. 2013年5月
  113. 2013年4月
  114. 2013年3月
  115. 2013年2月
  116. 2013年1月
  117. 2012年12月
  118. 2012年11月
  119. 2012年10月
  120. 2012年9月
  121. 2012年8月
  122. 2012年7月
  123. 2012年6月
  124. 2012年5月
  125. 2012年4月
  126. 2012年3月
  127. 2012年2月
  128. 2012年1月
  129. 2011年12月
  130. 2011年11月
  131. 2011年10月
  132. 2011年9月
  133. 2011年8月
  134. 2011年7月
  135. 2011年6月
  136. 2011年5月
  137. 2011年4月
  138. 2011年3月
  139. 2011年2月
  140. 2011年1月
  141. 2010年12月
  142. 2010年11月
  143. 2010年10月
  144. 2010年9月
  145. 2010年8月
  146. 2010年7月
  147. 2010年6月
  148. 2010年5月
  149. 2010年4月
  150. 2010年3月
  151. 2010年2月
  152. 2010年1月
  153. 2009年12月
  154. 2009年11月
  155. 2009年10月
  156. 2009年9月
  157. 2009年8月
  158. 2009年7月
  159. 2009年6月
  160. 2009年5月
  161. 2009年4月
  162. 2009年3月
  163. 2009年2月
  164. 2009年1月
  165. 2008年12月
  166. 2008年11月
  167. 2008年10月
  168. 2008年9月
  169. 2008年8月
  170. 2008年7月
  171. 2008年6月
  172. 2008年5月
  173. 2008年4月
  174. 2008年3月
  175. 2008年2月
  176. 2008年1月
  177. 2007年12月
  178. 2007年11月
  179. 2007年10月
  180. 2007年9月
  181. 2007年8月
  182. 2007年7月
  183. 2007年6月
  184. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ