'次の住まい'...大人が住まいを整える時に。

af39b6d045a273a49c1152b479544087679c3636.jpg

大人が住まいを整える時。

'大人' という括りは難しいけれど、
今日の記事では、こんな感じ...

子育てや仕事が一段落して、
自分達だけの時間がやってくる時...

年齢でいうと、50代~60代初め...
早い人は40代後半からなのかな。

「 '今' だから... 」というタイミングで、
住まいを整えた大人女性の家づくりに、
設計者人生で幾度も関わってきました。

ちょうど私もそんな年齢にさしかかり、
自分自身の住まいについても、
真剣に向き合う時が来たなぁと感じます。

また今設計中の家々にもそんな方もいらっしゃり、
何か書きたい...現したい...と...
グルグル想いが巡っているので、
少し自分のなかを整理するために、
記事を書いてみたいと思いました。


人生の先輩でもある彼女たちが、
リフォームやリノベーションや住み替えで、
住まいを整えた後の暮らし。

5年、10年、15年、、と、
設計者として寄り添わせていただいて、
皆さん仰るのは、
「 あの時、頑張ってヨカッタ 」ということ。

50代といえば、
子育て、、仕事、、介護、、etc...
人によってそれは様々だと思いますが、
これまでの人生での苦難( きっと、みんなありますよね...^^;)を乗り越えて、得た時間。

それは、人生の '実り' を享受するようなもので...
自分自身を心底愉しまれている時間のように感じます。

20170430-R4300143s.jpg

ある施主さんのお話。。

50代半ばで住まいをリフォーム。

60代半ばまでの10年間、
その家での暮らしを愉しんでくださいましたが、
その住まいを手放し、
次のステージに移られた方もいらっしゃいました。

設計者として関わらせていただいてからずっと、
その方の生き方やその家が本当に大好きだったので、
少なからずも、ショックを受けていたのですが、
ある雑誌の記事を読んで、ストンと、受け容れられました。

↓ 本屋さんで惹かれた雑誌。
↓ 「 素敵に暮らす 大人のインテリア 」

P4200095s.jpg

「 次の住まい 」
というキャッチに、ドキリとして、
連れて帰ってきてしまいました(笑)

ハーブと食文化研究家 北村光世さんのお住まいが、
ホントにとっても素敵で憧れMax(≧▽≦)

あと、50代で持ち物と住まいと向き合い整理された、
生活研究家 阿部 絢子さん のインタビューが掲載。

― 持つ?減らす?
― これからの`もの' との付き合い方
~ 40代~50代は生活の'澱'を手放す時期です 

とキャッチがかかれた記事。
少しだけ要約すると...

... 自分のもつモノに向き合い、
... 持ち物を整理して身軽に生きること。
... 暮らしには '澱' が付き物ですが、
... 溜めつづけずに手放していくことが大切だ...
... でも、手放すだけではなく、潤いは大切だ。

体力があるうちに、
住まいやモノと向き合うことの大切さも。。

阿部さんは、いずれ施設に入ろうとされていて、
その時に向けて、ものを絞りこんでいらっしゃるとのこと。

― ワイングラスとワインは最後まで持っていきます(笑)

と、結ばれていました。
それが、「潤い」なのかな(*^-^*)

何だか素敵だなぁと感じました♪

20170430-R4300162s.jpg

先ほどチラリと触れた施主さんの選択も、
ホント、自分の中でやっとストンとおちました。

この10年間の家での暮らしがあったからこそ、
人生のステージが切り替わるタイミングで決断することが出来たのだろうなぁ。
愛していてくれたからこその決断だったのだと今は感じられます。

家を維持していくことは、
ある意味、体力や気力もないと、
難しいものなのですよね。。

でも、人生の先輩が素敵に生きていらっしゃる姿に、
これからのヒントをいただいたような気がします(*^-^*)

私の周りにいてくれる、
家を持つ同業のお友達達にも...(*^-^*)

0102_originals.jpg

庭が欲しい!と、
常、云い暮らしている私に、
ある施主さんが、

「 出美さん、早くしないと!
  庭は時間がかなりますよ~体力も要りますし...
  動ける人生の時間はそんなに長くないですョ 」と、

仰ってくださいました。。

ホントにそうだなぁと思います(^-^;

40代半ばで家を建てられたある施主さんも、
家づくりを終えて、家と庭を充実させていくなかで、
今、静かな満足感に充たされていると書いてくださいました。

20160612-P6120115s.jpg

心底...いいなぁ(*^-^*)と、感じます。

私達夫婦にとって、
今のマンション暮らしが便利なので、
なかなか中々自分達のことは進まないですが、

人生の少し先の時間を心地よく暮らすために逆算すると、
自分も見極めなければいけないお年頃なのですね(笑)

人生は一度きりなのですから。

早いと20代で家を建てる方もいらっしゃるけれど、
人生のステージ...その年齢によって、
住まいへの向きあい方が違うのだなぁと、
改めて考えるきっかけになった雑誌の記事でした。。

色んな人生があり、価値観があり、
それに寄り添って設計をしていますが、
プロとして施主さんの想いをカタチに現すため、
要望を見極める視点にも役立ったようにも感じます!

結局、とりとめのない記事になってしまいましたが...(^-^;

二世帯の家や50代の方の家を手掛けることも増えてきたので、
これからの設計に...自分の人生にも...
活かしていけたらいいなぁと思います(*^-^*)



  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 

Comments [2]

こんにちは
「40代~50代は生活の'澱'を手放す時期です」の言葉が
なんだか心地よく心に響きました。
私もそろそろ始めてみたいです♪
そして出美さんのいつか作られるお庭…素敵だろうなぁと
まだ見ていないのにウキウキしてしまいました(笑)
本当にみられる日をひそかに楽しみにしています。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • P9190026s.jpg
  • P9170010s.jpg
  • ph_bf3911.jpg
  • pantly_madori_jiturei_iihi.jpg
  • 20140717-R0013688s.jpg
  • IMG_6457s.jpg
  • aojisoGenovese.jpg
  • 20180825-DSC04514s.jpg

アーカイブ

  1. 2018年9月
  2. 2018年8月
  3. 2018年7月
  4. 2018年6月
  5. 2018年5月
  6. 2018年4月
  7. 2018年3月
  8. 2018年2月
  9. 2018年1月
  10. 2017年12月
  11. 2017年11月
  12. 2017年10月
  13. 2017年9月
  14. 2017年8月
  15. 2017年7月
  16. 2017年6月
  17. 2017年5月
  18. 2017年4月
  19. 2017年3月
  20. 2017年2月
  21. 2017年1月
  22. 2016年12月
  23. 2016年11月
  24. 2016年10月
  25. 2016年9月
  26. 2016年8月
  27. 2016年7月
  28. 2016年6月
  29. 2016年5月
  30. 2016年4月
  31. 2016年3月
  32. 2016年2月
  33. 2016年1月
  34. 2015年12月
  35. 2015年11月
  36. 2015年10月
  37. 2015年9月
  38. 2015年8月
  39. 2015年7月
  40. 2015年6月
  41. 2015年5月
  42. 2015年4月
  43. 2015年3月
  44. 2015年2月
  45. 2015年1月
  46. 2014年12月
  47. 2014年11月
  48. 2014年10月
  49. 2014年9月
  50. 2014年8月
  51. 2014年7月
  52. 2014年6月
  53. 2014年5月
  54. 2014年4月
  55. 2014年3月
  56. 2014年2月
  57. 2014年1月
  58. 2013年12月
  59. 2013年11月
  60. 2013年10月
  61. 2013年9月
  62. 2013年8月
  63. 2013年7月
  64. 2013年6月
  65. 2013年5月
  66. 2013年4月
  67. 2013年3月
  68. 2013年2月
  69. 2013年1月
  70. 2012年12月
  71. 2012年11月
  72. 2012年10月
  73. 2012年9月
  74. 2012年8月
  75. 2012年7月
  76. 2012年6月
  77. 2012年5月
  78. 2012年4月
  79. 2012年3月
  80. 2012年2月
  81. 2012年1月
  82. 2011年12月
  83. 2011年11月
  84. 2011年10月
  85. 2011年9月
  86. 2011年8月
  87. 2011年7月
  88. 2011年6月
  89. 2011年5月
  90. 2011年4月
  91. 2011年3月
  92. 2011年2月
  93. 2011年1月
  94. 2010年12月
  95. 2010年11月
  96. 2010年10月
  97. 2010年9月
  98. 2010年8月
  99. 2010年7月
  100. 2010年6月
  101. 2010年5月
  102. 2010年4月
  103. 2010年3月
  104. 2010年2月
  105. 2010年1月
  106. 2009年12月
  107. 2009年11月
  108. 2009年10月
  109. 2009年9月
  110. 2009年8月
  111. 2009年7月
  112. 2009年6月
  113. 2009年5月
  114. 2009年4月
  115. 2009年3月
  116. 2009年2月
  117. 2009年1月
  118. 2008年12月
  119. 2008年11月
  120. 2008年10月
  121. 2008年9月
  122. 2008年8月
  123. 2008年7月
  124. 2008年6月
  125. 2008年5月
  126. 2008年4月
  127. 2008年3月
  128. 2008年2月
  129. 2008年1月
  130. 2007年12月
  131. 2007年11月
  132. 2007年10月
  133. 2007年9月
  134. 2007年8月
  135. 2007年7月
  136. 2007年6月
  137. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ