ふたりの終の住処/L字型平屋の家_うららかな佳き日に地鎮祭_日光の家

nikkohousejitinsai20190325s.jpg

おふたりにとって、
人生で二度目の新築での家づくり。

東京から移住。

終の住処を、
世界遺産のある美しい町...
日光でつくること。

大切なお家の設計を二度とも、
手掛けさせていただくことは、
設計者にとって、これほどにない嬉しきこと。。

ここまでの経緯と、
このヨロコビの日のことを、
今日はご紹介いたします。

約1年と少し前に時は遡ります。。


「 日光へ移住して家を建てたいです 」
と、いう言葉と共に、差し出された一冊の本。

↓ 付箋の貼られたタイニーホームの洋書。

DSC02111s.jpg

この本と共に、
日光の土地リストを見せられた時は、
本当に驚きました。

その時住まわれていた家は、
私が会社員時代に設計させていただいた家。

駅近ゆえ建物が建ち並ぶ高さ制限も緩い土地。
日当たりが望めない立地に、
吹抜けを設けて採光を得る空間を設計。

↓ 竣工当時の写真。

20051108_011455190s.jpg

施主さんよりいただいた写真。
会社員時代のものは何も無かったので、
とっても嬉しかったです♪

↑ 古い家の梁を活かした吹抜け空間は、
おふたりもとても気に入ってくださり、
この家のフォーカルポイントに...!

猫さん同居でしたので、
吹抜けを囲むキャットウォークも設置。

ビルダーさんの家づくりに付き物の、
"標準仕様" との 'やりくり' をして、
シート貼り新建材を使わない家を叶えました。

家づくりが終わると、
施主さんは、入居前に、壁をセルフペイント。

RedRoom、GreenRoom、
YellowRoom、PurpleRoomと、
部屋ごとに色を塗り分けられ更に素敵に!!

訪ねる度、家での暮らしを本当に愉しんでくださって、
庭もインテリアも本当に素敵な家に成長していました。

↓ 大切に素敵に住んでくださった家での一枚。

DSC02284s.jpg

その大好きな施主さん達から、
二度目の家づくりにお声掛けいただき、
土地をご一緒に観たのは、去年の5月頃のこと。

まさかまさかの住み替えに驚くも、
人生に真摯に向き合うおふたりの姿が、
やはり、とっても眩しくて...

普段はお請けしない遠方の家でしたが、
設計をお請けしました。

579e26efb4a23a5eedb28f7e9b6cce41b703f3e1.jpg

住み替えなので、これまでの家は売却します。

その売却にあたっても、

「 誰かひとりこの家を気に入ってくれる方がいれば良い... 」

そう信じて臨み、売却期間の不安な時間を乗り越えられ、
この家を本当に気に入ってくださる方とのご縁が繋がりました。

↓ おふたりの愛猫コタロウくんとお家コラージュ。

7502435B-FCFF-46B5-A81A-07B2277C61F8.jpg

愛された家の空気感は、やはり、人を魅了します。

駅近ゆえ...投資物件としても、この家は魅力があり、
まだ築浅のこの家を取り壊して...
なんて、オファーもありました。。

でも踏ん張ってそれを断わってくださり、
また再びこの家を愛してもらえるご家族に引き渡すことが出来て、
本当に良かったと思いました。。

その間に、新しい家の方は、
予算調整をして工務店さんとの契約。

↓ そして、三月...地鎮祭の日。
↓ 現場に向かう車窓からの景。

C9A32764-C683-4D8F-8435-05BADE304216.jpg

山にはまだ雪が残る早春の日。
けれど、うららかに晴れた日。

地鎮祭のこの日に辿り着けたことは、
このうえないヨロコビです!!

日光へ移住というと、
別荘地のようなイメージを持たれるかもしれませんが、
生活環境が整った住宅地であり、
自然も感じられる良い案配な立地。

北西に山々が連なり南東に拓ける土地。

その立地条件を活かすよう、
平屋でL型コートハウスを設計しました。

↓ 白模型、北東より見下ろす。

DSC05098s.jpg

当初、吹抜けのある家をご希望されましたが、
( それほど、元の家の空間を気に入ってくださっていたのかな^^ )
終の住処となることを考えて平屋に。。

↓ 白模型。上が南。

DSC05100s.jpg

L型で南東に拓けた庭を囲む設計。
少しでも空間が広がるよう屋根なりの勾配天井。

施工者さんは、これまた、古いご縁から...!

会社員時代の後輩...Iくんに紹介していただき、
北欧住建さん にお願いすることになりました。

実は、I君は、当時の家の現場監督さんだったのです。。
ホント、ご縁って有り難いなぁと感じます。

さてさて、地鎮祭に戻ります。

↓ 北欧住建さんが採ってきてくださった生き生きとした竹。

20190325-DSC06129s.jpg

うららかに晴れた本当に美しい早春の日。
皆で佳き家が建つことを祈りました。

笑顔の集合写真や、
工務店さんがお心遣いくださった直会の写真...
どれも素敵なのですが、お顔がはっきり分かりすぎるので、
施主さんに了承いただけたら、またUPしたいと思います!!
( ブログ掲載にはご了承いただいておりますが...^^;)

リアルタイム現場は、基礎工事中。

来週、また現場へ行きますので、
現場レポ & どんな家になるのか等々、
ご紹介していけたらと思います!

日光は遠いですが、その遠さを楽しみながら、
しっかりと監理していきたいです(*^-^*)


  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 



いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ



≪ 過去記事もよろしかったらどうぞ♪ ≫
↓ 住む人に愛された家のこと。
「 家の記憶 '続'最後から二番目の恋 最終回に。」
↓ ただ、人生のステージによって住まいも変わるものなのかもしれません
「 '次の住まい'...大人が住まいを整える時に。 」
↓ この記事内に、日光の家のこと触れていました。
「 一年間の感謝を込めて♪_振り返ること進むこと、2019年へ! 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • nanfutsutabi_vol12collages.jpg
  • Z4140104s.jpg
  • nikkohouse20190325s.jpg
  • hohouse20190316sjpg.jpg
  • e2092b038504d0654a8e2d72e140e9a5f0492206.jpg
  • specialThanks2019kurashitoie.jpg
  • kurashikaPhotoGallery20190328-31.jpg
  • EFF6C3B6-28BB-40AC-9A78-BF69B656E453s.jpg

アーカイブ

  1. 2019年4月
  2. 2019年3月
  3. 2019年2月
  4. 2019年1月
  5. 2018年12月
  6. 2018年11月
  7. 2018年10月
  8. 2018年9月
  9. 2018年8月
  10. 2018年7月
  11. 2018年6月
  12. 2018年5月
  13. 2018年4月
  14. 2018年3月
  15. 2018年2月
  16. 2018年1月
  17. 2017年12月
  18. 2017年11月
  19. 2017年10月
  20. 2017年9月
  21. 2017年8月
  22. 2017年7月
  23. 2017年6月
  24. 2017年5月
  25. 2017年4月
  26. 2017年3月
  27. 2017年2月
  28. 2017年1月
  29. 2016年12月
  30. 2016年11月
  31. 2016年10月
  32. 2016年9月
  33. 2016年8月
  34. 2016年7月
  35. 2016年6月
  36. 2016年5月
  37. 2016年4月
  38. 2016年3月
  39. 2016年2月
  40. 2016年1月
  41. 2015年12月
  42. 2015年11月
  43. 2015年10月
  44. 2015年9月
  45. 2015年8月
  46. 2015年7月
  47. 2015年6月
  48. 2015年5月
  49. 2015年4月
  50. 2015年3月
  51. 2015年2月
  52. 2015年1月
  53. 2014年12月
  54. 2014年11月
  55. 2014年10月
  56. 2014年9月
  57. 2014年8月
  58. 2014年7月
  59. 2014年6月
  60. 2014年5月
  61. 2014年4月
  62. 2014年3月
  63. 2014年2月
  64. 2014年1月
  65. 2013年12月
  66. 2013年11月
  67. 2013年10月
  68. 2013年9月
  69. 2013年8月
  70. 2013年7月
  71. 2013年6月
  72. 2013年5月
  73. 2013年4月
  74. 2013年3月
  75. 2013年2月
  76. 2013年1月
  77. 2012年12月
  78. 2012年11月
  79. 2012年10月
  80. 2012年9月
  81. 2012年8月
  82. 2012年7月
  83. 2012年6月
  84. 2012年5月
  85. 2012年4月
  86. 2012年3月
  87. 2012年2月
  88. 2012年1月
  89. 2011年12月
  90. 2011年11月
  91. 2011年10月
  92. 2011年9月
  93. 2011年8月
  94. 2011年7月
  95. 2011年6月
  96. 2011年5月
  97. 2011年4月
  98. 2011年3月
  99. 2011年2月
  100. 2011年1月
  101. 2010年12月
  102. 2010年11月
  103. 2010年10月
  104. 2010年9月
  105. 2010年8月
  106. 2010年7月
  107. 2010年6月
  108. 2010年5月
  109. 2010年4月
  110. 2010年3月
  111. 2010年2月
  112. 2010年1月
  113. 2009年12月
  114. 2009年11月
  115. 2009年10月
  116. 2009年9月
  117. 2009年8月
  118. 2009年7月
  119. 2009年6月
  120. 2009年5月
  121. 2009年4月
  122. 2009年3月
  123. 2009年2月
  124. 2009年1月
  125. 2008年12月
  126. 2008年11月
  127. 2008年10月
  128. 2008年9月
  129. 2008年8月
  130. 2008年7月
  131. 2008年6月
  132. 2008年5月
  133. 2008年4月
  134. 2008年3月
  135. 2008年2月
  136. 2008年1月
  137. 2007年12月
  138. 2007年11月
  139. 2007年10月
  140. 2007年9月
  141. 2007年8月
  142. 2007年7月
  143. 2007年6月
  144. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ