郊外への移住を選ぶこと_土地探し~プラン二ング編_流山の家

DSC_0013s.jpg

東京都内から郊外へ移住。

ご夫婦と3人のお子さんが住まう...
共働き子育てを助ける家。

流山の家が、
コロナ禍での設計~工事を経て、
3月に無事に竣工いたしました!!

通常は進捗と共にブログをUPしていましたが、
今回の家づくりでは、お姿出しNGでしたので、
完成した時に、竣工写真として、
UPさせていただくことになっておりました。

施主さんから、

- 自分たちも参考にさせてもらったので、
- ブログUPしてくださってかまいません

と優しいお言葉。
( 感謝です( ;∀;) )

コロナ禍の今、
働き方や住まい方の価値観が
これまでと違ってきています。

住まい選びを考えていらっしゃる方の参考になれば...
という施主さんのお気持ちに甘えさせていただき、
この土地に出合うまでの経緯をご紹介いたします。

今日は、
施主さんとの出合い~土地探し~プラン二ングまでを♪


施主さんとの出会いは
実は、5年前くらい前に遡ります。

都内で家を建てるため、
土地探しからお手伝い。

当時は、納得できる土地に出合えず、
一旦家づくりを諦められたご一家でした。

当時はお子さんひとりでしたが、
5年ぶりにお会いすると...
子宝に恵まれて、お子さん3人!

賃貸では手狭となり、
家づくりは喫緊の課題。

一番上のお子さんの小学校入学に合わせ、
改めて土地探しをしての、
家づくりがスタートしたのです。

 土地探し...

東京で生まれ育ったご主人に、
都内を離れることの抵抗感があったので、
都内も視野に入れて土地探し。

また、

自治体のハザードマップを確認されつつ、
エリアをいくつかに絞って探されました。

↓ 参考のひとつに
国交省 ハザードマップポータルサイト

( こちらも確認されると良いと思います )

土地選びのノウハウは、
他にもたくさん情報があるので、
ここではこれ位にしますね。。(^-^;

条件が狭いと決めやすいのですが、
ある意味、、条件が広かったので
迷いも多かったことでしょう。

土地探しはある意味スピードが命。

土地を見つけてから
設計事務所に依頼される方も多いですが、
本来なら、土地探しから
設計事務所を入れた方が良いと思います。

参考プランがついていれば、
どんな家が建つのか想像つきますが、
それが無い場合も多いです。

どんな家にしたいか?
理想があると思います。

物件情報があれば、
頑張って最速一晩でプランします!
※ 設計をご依頼くださること前提ですが(^-^;

その土地が可能性あるか?検討するには、
「 不動産屋さん的知識 」
    Plus 
「 建築屋さん的知識 」
が併せてあった方が、絶対に良いから。。

余談ですが...
購入した土地で設計を依頼されましたが、
どうしても納得いかず、
土地を買い替えた方も、
過去にはいらっしゃいました。。(^-^;

さてさて。。話は戻して。。
スピードが命な物件探し。

土地情報が入ると、
施主さんのご要望を踏まえ、
即プランを描いてみてお送りします。

希望されるエリアだと、
都内では3階建て必至。

普通に流通している土地だと、

 1階に 車庫+1部屋+水周り
 2階に LDK
 3階に 子供部屋

という、部屋配置になることが多い。

そうなると、
家事動線がどうしても分断されてしまい、
子育て真っ最中で、
時間がタイトなご夫婦には辛い。。

↓ 都内 ある旗竿状敷地での3階建てプラン。
( スクショなので見えにくいですね(^-^; )

IMG_3154.jpeg

南側に建物が建たない空地が在っての
1階LDK+水周りが叶ったプランでしたが、
なかなか、そんな土地は出ません。

都内で密集した地域だと、
気になるのはやはり災害時のこと。。

等々モロモロを考えて決めかねていたら、
この土地は、早々にsoldout。

不動産物件はご縁ものだから。
きっと他にご家族にぴったりなトコロに繋がる!!
そう信じてのキモチの切り替えも、
物件探し時には大切(*^-^*)

都内なら、広めのマンションも視野に。

ただ、お子さんが居らっしゃると、
下階への音問題が気になったり、
物理的な広さがやはり小さかったりするので
決め手に欠けました。

同じ時期、
流山でも気になる物件が出たので、
プランを入れ検討材料に。。

郊外だと、LDK+水周り 同階で、
のびのびと広い2階建てが叶う。。

↓ 出させていただいたプランの一例。

IMG_3155.jpeg

土地がゆったりしているので、
1階にLDK+水周り
 + 洗濯→日常衣類収納動線
は叶いそうでした。

この土地検討中に、
東京で地震があり...

郊外の安全性が優位になり、
この土地に決められました。

その後プランは、
色々と提出させていただき検討。

↓ 迷われたこと。

 ☑ 小屋裏収納をつけるか否か。
 → コストも嵩むし不要物が増えるだけでは?
   ならばやめようか。

 ☑ 2階の室内干しスペースは本当に要るのか?
 → ガス乾燥機 乾太くん導入すれば要らない。

 ☑ 子供部屋をどう割り振るか?
 → 女の子2人。男の子1人。
   此処は契約直前まで迷われましたが、
   二部屋を繋げた①子供部屋
   小さな②子供部屋 に決定。
   意図は、広い部屋も確保しつつ
   どんな風にも出来るよう部屋数を確保。

結果。

↑ UPしたプランよりも、
よりシンプルな空間構成に決定。
大きなパントリーが付きました!

ざっくりと書いてしまいましたが、
ひとつひとつを決めることは、
大変なエネルギーの要ることです。。

プランは考え出したらきりが無いのも事実。

プロの提案をしっかりと受け止め、
暮らしに照らし合わせて考え選び取ったモノが、
そのご家族にとっての正解!!(^^)v

流山の家。

次回は...
工事中のことをUPいたします!

ここまで読んでくださって、
ありがとうございましたm(__)m

↓ 今日の猫PHOTO♪

IMG_1847.jpeg

我が家の愛しい茶色たちです♡^m^♡

週末...金曜日ですね!

東京の桜も満開。
そして晴れ♡

カメラ持ちだし外に出かけたい!!
お出かけ欲がムズムズ。。(^-^;


 このうららかな春の一日。
 穏やかに過ごせますよう。

 今日も明日も明後日も
 笑顔が訪れる
 いいひ でありますよう♡



  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 



いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 過去記事もよろしかったらどうぞ♪ ≫
過去ブログを辿ると
それぞれのご家族にそれぞれの人生の選択肢があったのだと。。
しみじみと感じ入ります(*^-^*)
「 土地のレベル決め_土地探しからの家づくり 」
「 夏のはじまりの地鎮祭_住み替え・土地探しからの家づくり@北本の家 」
「 郊外に住まう幸せ♪猫と庭と薪ストーブを愉しむ家@吉川_暮らしを訪ねてVol.1 」
「 間取りのチカラと素材のチカラ_子育てのびのび&快適!回遊できる間取りと自然素材マンションリノベ_市川Sさんの家 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • IMG_4262ss.jpg
  • d456f5177e1fb87305f416beff71598b385bd596.jpg
  • 52f8d3cb8fc0e087183a02c1c88591c0e6fbf26b.jpeg
  • khousestory2021spring.jpg
  • DSC_4738.jpeg
  • adachinoieyhouses.jpg
  • 20190403-P4030087s.jpg
  • IMG_1432.jpeg

アーカイブ

  1. 2021年4月
  2. 2021年3月
  3. 2021年1月
  4. 2020年12月
  5. 2020年10月
  6. 2020年9月
  7. 2020年7月
  8. 2020年6月
  9. 2020年5月
  10. 2020年4月
  11. 2020年3月
  12. 2020年2月
  13. 2020年1月
  14. 2019年12月
  15. 2019年11月
  16. 2019年10月
  17. 2019年9月
  18. 2019年8月
  19. 2019年7月
  20. 2019年6月
  21. 2019年5月
  22. 2019年4月
  23. 2019年3月
  24. 2019年2月
  25. 2019年1月
  26. 2018年12月
  27. 2018年11月
  28. 2018年10月
  29. 2018年9月
  30. 2018年8月
  31. 2018年7月
  32. 2018年6月
  33. 2018年5月
  34. 2018年4月
  35. 2018年3月
  36. 2018年2月
  37. 2018年1月
  38. 2017年12月
  39. 2017年11月
  40. 2017年10月
  41. 2017年9月
  42. 2017年8月
  43. 2017年7月
  44. 2017年6月
  45. 2017年5月
  46. 2017年4月
  47. 2017年3月
  48. 2017年2月
  49. 2017年1月
  50. 2016年12月
  51. 2016年11月
  52. 2016年10月
  53. 2016年9月
  54. 2016年8月
  55. 2016年7月
  56. 2016年6月
  57. 2016年5月
  58. 2016年4月
  59. 2016年3月
  60. 2016年2月
  61. 2016年1月
  62. 2015年12月
  63. 2015年11月
  64. 2015年10月
  65. 2015年9月
  66. 2015年8月
  67. 2015年7月
  68. 2015年6月
  69. 2015年5月
  70. 2015年4月
  71. 2015年3月
  72. 2015年2月
  73. 2015年1月
  74. 2014年12月
  75. 2014年11月
  76. 2014年10月
  77. 2014年9月
  78. 2014年8月
  79. 2014年7月
  80. 2014年6月
  81. 2014年5月
  82. 2014年4月
  83. 2014年3月
  84. 2014年2月
  85. 2014年1月
  86. 2013年12月
  87. 2013年11月
  88. 2013年10月
  89. 2013年9月
  90. 2013年8月
  91. 2013年7月
  92. 2013年6月
  93. 2013年5月
  94. 2013年4月
  95. 2013年3月
  96. 2013年2月
  97. 2013年1月
  98. 2012年12月
  99. 2012年11月
  100. 2012年10月
  101. 2012年9月
  102. 2012年8月
  103. 2012年7月
  104. 2012年6月
  105. 2012年5月
  106. 2012年4月
  107. 2012年3月
  108. 2012年2月
  109. 2012年1月
  110. 2011年12月
  111. 2011年11月
  112. 2011年10月
  113. 2011年9月
  114. 2011年8月
  115. 2011年7月
  116. 2011年6月
  117. 2011年5月
  118. 2011年4月
  119. 2011年3月
  120. 2011年2月
  121. 2011年1月
  122. 2010年12月
  123. 2010年11月
  124. 2010年10月
  125. 2010年9月
  126. 2010年8月
  127. 2010年7月
  128. 2010年6月
  129. 2010年5月
  130. 2010年4月
  131. 2010年3月
  132. 2010年2月
  133. 2010年1月
  134. 2009年12月
  135. 2009年11月
  136. 2009年10月
  137. 2009年9月
  138. 2009年8月
  139. 2009年7月
  140. 2009年6月
  141. 2009年5月
  142. 2009年4月
  143. 2009年3月
  144. 2009年2月
  145. 2009年1月
  146. 2008年12月
  147. 2008年11月
  148. 2008年10月
  149. 2008年9月
  150. 2008年8月
  151. 2008年7月
  152. 2008年6月
  153. 2008年5月
  154. 2008年4月
  155. 2008年3月
  156. 2008年2月
  157. 2008年1月
  158. 2007年12月
  159. 2007年11月
  160. 2007年10月
  161. 2007年9月
  162. 2007年8月
  163. 2007年7月
  164. 2007年6月
  165. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ