何気ない日々にやっぱり感謝♪_弟の入院に。

IMG_4694.jpg

日々を重ねて一年が過ぎる

 あたり前なこと

しかし年々その速度が増していくようで...(^-^;

一日一日の
何気ない日常の積み重ねで
人生の時間が紡がれていきますが...

日常が日常で無くなった時に、
その大切さに気付くものですね。

ローズヒップがモリモリのリースを作る講座に今年も参加。
へたっぴですが(^-^; 去年のと並べてパチリ☆

さて今日はブログ更新出来ずにいた間のことを...


遡ること今年の6月。

先月工事がスタートした久我山の家リフォーム工事。
屋根裏を開けて現調した帰りに謎の湿疹が出て以来、
約1か月間、仕事も暮らしごとも手につかない位の
強い痒みに苦しめられました。。

( 痒みって拷問ですー(-"-) )

皮膚科ジプシーをしても原因特定できず、
強い薬もステロイドも効かない。。。。

最後にたどり着いた診療所の先生のお蔭で、
大きな病院で診察をうけることが出来た次第。。

『 多形慢性痒疹 』

たけいまんせいようしん。
初めて聞く病名。。

高齢の男性に多く発症し、
なかなか完治しないと説明を受け、
原因は虫歯や悪性腫瘍などの場合もあるといわれ...
一瞬、愕然としていましたが、
結果、完治していなかった奥歯が原因だったというオチ...(^-^;

原因特定のために
胃カメラ・大腸スコープ、CTなどもやりましたが、
皮膚科的人間ドックで、
どこも悪くないことが分かって、ひと安心。(笑)

抗生剤を処方してもらって
的確な診断と治療で完治しました!!

その後は再発もせずにおかげさまで元気。

前はひとつの物件が終わると、
高熱を出したりしていたのですが、
コロナ禍になった頃から全く熱を出さなくなったので、
毒素が身体に溜まっていたのかなぁと。。
素人の想像をしています(笑)

IMG_4418.jpeg

ただ重なるもので...

ちょうど同時期に、、
弟が蜂窩織炎(ほうかしきえん)を発症。

9歳下の弟は身体障害者。
なかなか受け入れてくれる病院もなく。。(-"-)
( これについては本当にイロイロとモノオモウ )
両親が奔走して、やっと入院できたのですが、、
点滴が入らず投薬治療に切り替えたため
完治しない状態で退院→自宅療養。

だましだましで良くなってきたのですが、
先月、また再発して悪化。。。

IMG_4426.jpeg

6月に入院していた病院には断られて...(-"-)
普段、弟が通院している先生が、
他に受け入れてくれる病院探しをするも、
10件以上に断られてしまったとのこと。。

救急なら受け入れてくれる病院がある筈...と、
症状を記した紹介状を書いてもらって帰宅。

何とか助けなければ!!と、ググって調べると、
弟の症状は、かなり危険で命を落とすこともあり、
即入院レベルらしい。

入院できる病院はないかと、さらにググって調べると、
私が多形慢性痒疹の時にお世話になった病院HPに、
蜂窩織炎の症状について書かれたページを発見。

私が通院していた時、、

ー 地域で手に負えない症状の患者を受け入れ
ー 治すことがこの病院の役割だからね

と仰っていた先生の言葉を思い出し、
身障者の弟でも診てもらえる筈だと希望を託し
祭日明けの朝に電話。

皮膚科につないでもらって懇願。。
何とかその日に診てもらえることに。。(ホッ)

その日は手術日らしく...
とにかくなるべく早く病院へ来てくださいと言われ急いで向かうと、
私が多形慢性痒疹でお世話になった先生に診てもらうことができ、
診察すると即入院。。

『 懐死性筋膜炎 』を併発していて...

ー よくこの状態で帰せましたね
...と、言われました。。

足の切断の可能性、、
敗血症併発の危険を説明され、
弟を失うことが起こるかもしれない事態に
家族が悲しみにくれましたが、
病院の的確な治療のお蔭で、、
弟、命の危機を脱しました。。。(≧▽≦)

私の体調不良での通院も、、
この先生達と弟を繋ぐためだったのか...と、
人生の巡り合わせをしみじみと感じ入っています。

10日間の入院。
明日、退院となり、家族一同、
ひとまず安堵しています。

IMG_4701.jpeg


晩秋の東京の美しさ。
ひんやりとした空気は落ち葉フレーバー。

季節が巡ってくることの尊さ。

健康で美味しいごはんが食べられて
家族と猫たちが傍に居てくれること
一緒に笑えて泣ける友人が居ること

あたり前すぎて忘れてしまうけれど、
そんな何気ない日常こそが
この上なく幸せでやっぱりたからもの。

その世界線に居られる幸せに感謝(*^-^*)

IMG_4830.jpeg


なるべく後悔なく生きよう...と思っていても、
人間、出来ることしか出来ないわけで。。(^-^;

身体を鍛えたり心を休めて
本を読んだり絵を描いたり...
SNSやブログもしばしお休みしていましたが、
その間、自分自身にも色んなことを沢山充電できた筈。(^-^;

今年完成した家々や10年ぶりに訪ねた家々や、
etc. あんなこんななことを
徐々にUPしていきたいと思っています(*^-^*)

明日も明後日も健やかに
いいひが過ごせますように♡


  読んでくださった皆さまにとって
  笑顔が生まれる
  いいひになりますように♡

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 

いつも、応援ありがとうございます。

↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 過去記事もよろしかったらどうぞ♪ ≫
↓ 私にとって弟は大切な存在です♡
「 希望の朝。」
「 新緑の木蔭でビール♪_みどりの日@日比谷公園 」
↓ 晩秋~初冬、温かさが嬉しい季節ですね♡
「 冬の匂いと紅葉の美しさと。_国立・殿ヶ谷戸庭園 」 

「 Tea for two...理想のティーポットと暮らしのなかの猫と花と♪ 」 

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 20230123_iihiblog.jpg
  • 20230118_iihiblog.jpg
  • 2022hannohousecatlife.jpg
  • 2023hatsumoude.jpg
  • 244fb5a8434a650aa6857a6b43734e488884540e.jpeg
  • 20221224-IMG_5430.jpg
  • A18938C9-723E-43CA-B048-1875082E4255.jpg
  • IMG_4418.jpeg

アーカイブ

  1. 2023年1月
  2. 2022年12月
  3. 2022年10月
  4. 2022年9月
  5. 2022年7月
  6. 2022年6月
  7. 2022年5月
  8. 2022年4月
  9. 2022年3月
  10. 2022年2月
  11. 2022年1月
  12. 2021年12月
  13. 2021年11月
  14. 2021年10月
  15. 2021年9月
  16. 2021年8月
  17. 2021年7月
  18. 2021年6月
  19. 2021年5月
  20. 2021年4月
  21. 2021年3月
  22. 2021年1月
  23. 2020年12月
  24. 2020年10月
  25. 2020年9月
  26. 2020年7月
  27. 2020年6月
  28. 2020年5月
  29. 2020年4月
  30. 2020年3月
  31. 2020年2月
  32. 2020年1月
  33. 2019年12月
  34. 2019年11月
  35. 2019年10月
  36. 2019年9月
  37. 2019年8月
  38. 2019年7月
  39. 2019年6月
  40. 2019年5月
  41. 2019年4月
  42. 2019年3月
  43. 2019年2月
  44. 2019年1月
  45. 2018年12月
  46. 2018年11月
  47. 2018年10月
  48. 2018年9月
  49. 2018年8月
  50. 2018年7月
  51. 2018年6月
  52. 2018年5月
  53. 2018年4月
  54. 2018年3月
  55. 2018年2月
  56. 2018年1月
  57. 2017年12月
  58. 2017年11月
  59. 2017年10月
  60. 2017年9月
  61. 2017年8月
  62. 2017年7月
  63. 2017年6月
  64. 2017年5月
  65. 2017年4月
  66. 2017年3月
  67. 2017年2月
  68. 2017年1月
  69. 2016年12月
  70. 2016年11月
  71. 2016年10月
  72. 2016年9月
  73. 2016年8月
  74. 2016年7月
  75. 2016年6月
  76. 2016年5月
  77. 2016年4月
  78. 2016年3月
  79. 2016年2月
  80. 2016年1月
  81. 2015年12月
  82. 2015年11月
  83. 2015年10月
  84. 2015年9月
  85. 2015年8月
  86. 2015年7月
  87. 2015年6月
  88. 2015年5月
  89. 2015年4月
  90. 2015年3月
  91. 2015年2月
  92. 2015年1月
  93. 2014年12月
  94. 2014年11月
  95. 2014年10月
  96. 2014年9月
  97. 2014年8月
  98. 2014年7月
  99. 2014年6月
  100. 2014年5月
  101. 2014年4月
  102. 2014年3月
  103. 2014年2月
  104. 2014年1月
  105. 2013年12月
  106. 2013年11月
  107. 2013年10月
  108. 2013年9月
  109. 2013年8月
  110. 2013年7月
  111. 2013年6月
  112. 2013年5月
  113. 2013年4月
  114. 2013年3月
  115. 2013年2月
  116. 2013年1月
  117. 2012年12月
  118. 2012年11月
  119. 2012年10月
  120. 2012年9月
  121. 2012年8月
  122. 2012年7月
  123. 2012年6月
  124. 2012年5月
  125. 2012年4月
  126. 2012年3月
  127. 2012年2月
  128. 2012年1月
  129. 2011年12月
  130. 2011年11月
  131. 2011年10月
  132. 2011年9月
  133. 2011年8月
  134. 2011年7月
  135. 2011年6月
  136. 2011年5月
  137. 2011年4月
  138. 2011年3月
  139. 2011年2月
  140. 2011年1月
  141. 2010年12月
  142. 2010年11月
  143. 2010年10月
  144. 2010年9月
  145. 2010年8月
  146. 2010年7月
  147. 2010年6月
  148. 2010年5月
  149. 2010年4月
  150. 2010年3月
  151. 2010年2月
  152. 2010年1月
  153. 2009年12月
  154. 2009年11月
  155. 2009年10月
  156. 2009年9月
  157. 2009年8月
  158. 2009年7月
  159. 2009年6月
  160. 2009年5月
  161. 2009年4月
  162. 2009年3月
  163. 2009年2月
  164. 2009年1月
  165. 2008年12月
  166. 2008年11月
  167. 2008年10月
  168. 2008年9月
  169. 2008年8月
  170. 2008年7月
  171. 2008年6月
  172. 2008年5月
  173. 2008年4月
  174. 2008年3月
  175. 2008年2月
  176. 2008年1月
  177. 2007年12月
  178. 2007年11月
  179. 2007年10月
  180. 2007年9月
  181. 2007年8月
  182. 2007年7月
  183. 2007年6月
  184. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ