漆喰とF&Bアクセントウォールと施主さんの笑顔と♪_海と空を臨む心地よい部屋リノベ@横浜

yroom-20160202.jpg

湾岸をまっすぐ西に約45分!

横浜のとある街、
リノベ工事中のお部屋までの道のり。

青い空と海が車窓に流れていき、
好きな音楽をかけて、
車を走らせる時間が実に爽快♪

今日、施主検査だったのですが、
Yさんがとっても喜んでくださって、
素敵な笑顔に出合えて、ホント嬉しかったなぁ(*^_^*)

今日の記事は、前回の予告通り、少し時間をさかのぼって、
アクセントウォールや漆喰壁塗りのことをUPいたします!


Yさんのお部屋の仕上...
当初、壁はペイントを予定していましたが、
季節外れの嵐による結露に、運良く工事中に出合い、
全て、漆喰壁に変更することになりました。

今回も、川べりの家でお世話になった、、
左官職人Fさんが入ってくださり、嬉しい♪

Fさんの塗る漆喰は、調合まで全部オリジナル。
その現場現場で、どんなパターンをつくりたいのか...
また、見た目だけではなく、
カビにくいという点では漆喰が勝っていますが...
居住性に影響がでる調湿具合に配慮して、
漆喰に珪藻土を配合してくださったりもします。

色も、施主Yさんのイメージする白を伝えて、調合してもらいました。

↓ そして、実際の現場で、塗りパターンの打ち合わせ。

e21a5f501e2ed41a6332906ed8afde7d5856ab3a.jpg

ラフ過ぎず、マット過ぎず、
コテ感の残る上品な仕上りに...

と、いう...曖昧模糊としたコトバでの指示にも、(^_^;)
笑顔で応えてくださりながら、試し塗を作ってくださいました(笑)

この日の現場は、左官の下塗り中でしたが、
Yさんも塗ってみますか?と、
新設した石膏ボード下地の壁のところで試すことに♪

fd16564ca14d00280d24a945ce4243afe92134f2.jpg

FさんといつもコンビのSさん、
タンタンみたいなおしゃれさん。
とても職人さんには見えません(^m^)

3c729a2e6cc0babbac41d168ca498001cde0a499.jpg

Yさんの手つきもなかなか!
私よりずーーーーーーっと上手でした(^_-)-☆

今日、全て仕上がった壁もまたこれが美しく...
竣工PHOTOで、またご紹介しますね。

Yさんの部屋は、間仕切りなく、ワンルーム!

インテリアも、無垢の木 と 漆喰 とペイントの白。
アクセントには、おひさまと青空...

という感じのインテリア。

yroom20160202.jpg

↑ ↓ 造作材も建具も白でペイント。

yroom20160202_2.jpg

建具デザインもYさんのスケッチを基に考えたオリジナル。
どんなテイストにも作ることが出来るのが、楽しいですョ ^^

この塗装のWhite...白色も、
ウンウン迷いに迷って決めましたが、
うん!良かったです。正解^^

ベッドコーナーの壁に、
柱で囲んだアクセントウォールを設えました。

↓ この部分がそうです!

yroom20160107s.jpg

その色を迷いました。

薄~い水色 BORROWED LIGHT と、
薄~いベージュ OXFORD STONE と。。

yroom2-20160107s.jpg


ウシオさんだったらどっち?と、聞かれました。

個人的にはBlue系が好きなので、
BORROWED LIGHTかなぁ。

でも、Yさんのイメージは何だか違う。
水色系もお似合いだけれど、この部屋のトーンは多分違う。

それに、ベッドが配される壁なので、
ベッドリネンの色など...季節によって変えたりするだろうから、
ファブリックで遊べてどんな色も映えるようにした方がいいのでは?と、
アドバイス差し上げました。

↓ 決まったのは、フォロー&ボールのこの色!

yroom20160123_1.jpg


5e84cddf8157d0263f0176bc51fb3f1b2758a3e0.jpg

OXFORD STONE No.264

暖かみのある上品なベージュ系の色。

隣り合う柱ですが...( 敢えて柱を現わしました )
当初は何も塗らずそのままで...という予定でした。

でも、この色にするならば、
白く塗ったほうが、映えると思い、変更。

↓ 少しだけ...完成形を。。

20160211yrooms.jpg

うん!正解だったと思う。。
とてもきれいに仕上がったと感じました(*^_^*)

アクセントウォール...

この面積なら、数年後、気分を変えたいなぁと思った時、
DIYセルフペイントで塗り替えることもOKですよね。

ちなみに、塗装屋さんに調合してもらって、
フォロー&ボールの色を再現しようとしましたが、
この繊細な色具合を出すことは難しく...
予算を割いてもらい、F&Bを採用した経緯があります。

些細なことで...こと、写真では伝わりにくいかもですが、
この色っ!と、こだわりのある方には、
そのほうがお勧めかと感じました(*^_^*)

Yさんの部屋は、キッチンや家具も洗面も全部造作。

↓ 洗面台に白いモザイクタイルを使いました^^

yroom20160202_3.jpg

バスルームも、今回はユニットではありません。

白で統一した水廻りは、とっても爽やかで、
素敵な水廻り空間に仕上がっていましたので、
また、それは完成形で、ご紹介したいと思います!!

来週月曜日にお引渡し。

今日の施主Yさんの笑顔を糧に...(ホント嬉しかった♡)
完成までもう少し、クラフトハウスさんと共に頑張ります♪



  読んで下さった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...   

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!
  心を込めて♪ (出美)



いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 色のチカラで暮らしを豊かに_英国FARROW & BALL新作発表会@汐留カラーワークスイベントへ♪ 」
「 塗りこめた温かみある壁にしたくって...漆喰施主施工!_川べりの家@相模原 」
「 いいひの室内ドア・ハイドアでも大人可愛いデザイン_ふたごくんの家@阿佐ヶ谷 」
「 WALPA...ステキ輸入壁紙のアクセントウォール♪ 」
「 Whiteインテリア_家づくりでの白のつかい方♪ 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • IMG_7261s.jpg
  • DSC04969s.jpg
  • 20180601nanfutsutabidaily_vol3s.jpg
  • PB280030s.jpg
  • nhouse20181124s.jpg
  • bhouse20181114s.jpg
  • DSC04941s.jpg
  • 08.jpg

アーカイブ

  1. 2018年12月
  2. 2018年11月
  3. 2018年10月
  4. 2018年9月
  5. 2018年8月
  6. 2018年7月
  7. 2018年6月
  8. 2018年5月
  9. 2018年4月
  10. 2018年3月
  11. 2018年2月
  12. 2018年1月
  13. 2017年12月
  14. 2017年11月
  15. 2017年10月
  16. 2017年9月
  17. 2017年8月
  18. 2017年7月
  19. 2017年6月
  20. 2017年5月
  21. 2017年4月
  22. 2017年3月
  23. 2017年2月
  24. 2017年1月
  25. 2016年12月
  26. 2016年11月
  27. 2016年10月
  28. 2016年9月
  29. 2016年8月
  30. 2016年7月
  31. 2016年6月
  32. 2016年5月
  33. 2016年4月
  34. 2016年3月
  35. 2016年2月
  36. 2016年1月
  37. 2015年12月
  38. 2015年11月
  39. 2015年10月
  40. 2015年9月
  41. 2015年8月
  42. 2015年7月
  43. 2015年6月
  44. 2015年5月
  45. 2015年4月
  46. 2015年3月
  47. 2015年2月
  48. 2015年1月
  49. 2014年12月
  50. 2014年11月
  51. 2014年10月
  52. 2014年9月
  53. 2014年8月
  54. 2014年7月
  55. 2014年6月
  56. 2014年5月
  57. 2014年4月
  58. 2014年3月
  59. 2014年2月
  60. 2014年1月
  61. 2013年12月
  62. 2013年11月
  63. 2013年10月
  64. 2013年9月
  65. 2013年8月
  66. 2013年7月
  67. 2013年6月
  68. 2013年5月
  69. 2013年4月
  70. 2013年3月
  71. 2013年2月
  72. 2013年1月
  73. 2012年12月
  74. 2012年11月
  75. 2012年10月
  76. 2012年9月
  77. 2012年8月
  78. 2012年7月
  79. 2012年6月
  80. 2012年5月
  81. 2012年4月
  82. 2012年3月
  83. 2012年2月
  84. 2012年1月
  85. 2011年12月
  86. 2011年11月
  87. 2011年10月
  88. 2011年9月
  89. 2011年8月
  90. 2011年7月
  91. 2011年6月
  92. 2011年5月
  93. 2011年4月
  94. 2011年3月
  95. 2011年2月
  96. 2011年1月
  97. 2010年12月
  98. 2010年11月
  99. 2010年10月
  100. 2010年9月
  101. 2010年8月
  102. 2010年7月
  103. 2010年6月
  104. 2010年5月
  105. 2010年4月
  106. 2010年3月
  107. 2010年2月
  108. 2010年1月
  109. 2009年12月
  110. 2009年11月
  111. 2009年10月
  112. 2009年9月
  113. 2009年8月
  114. 2009年7月
  115. 2009年6月
  116. 2009年5月
  117. 2009年4月
  118. 2009年3月
  119. 2009年2月
  120. 2009年1月
  121. 2008年12月
  122. 2008年11月
  123. 2008年10月
  124. 2008年9月
  125. 2008年8月
  126. 2008年7月
  127. 2008年6月
  128. 2008年5月
  129. 2008年4月
  130. 2008年3月
  131. 2008年2月
  132. 2008年1月
  133. 2007年12月
  134. 2007年11月
  135. 2007年10月
  136. 2007年9月
  137. 2007年8月
  138. 2007年7月
  139. 2007年6月
  140. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ