古本LOVERS♪@八王子古本まつり

secondhand-book-lovers2015.jpg

本が好き♡

今はインターネットで色んな情報を手に入れられるけれど、
縁が在って自分の手元に辿り着いてくれた本たちを読むこと。。

 知識欲を充たし、、
 新しい発見を与えてくれ、、
 旅ゴコロをそそり、、
 心をほっこりさせ、、
 時に泣き、笑い、、
 人生を変えるほどの感銘も与えてくれる。。

しかも、古本って、、
絶版になったりして、、
既に市場に出回っていない本との出合いを繋いでくれる、、
素晴らしい存在。

↑↓ こちらは昨日、八王子古本まつりで出合ってしまった本たち。

secondhand-book-lovers2-201.jpg

ずしりとした本の重みを抱え帰宅して、
ホクホクとしながら、、^^
朝の窓辺で眺めてパチリとしていたら、、
しまちゃんも興味津々でクンクン。

ゴミにならずに、、
こうして巡り巡って手許に来ること、、
それって、本当に仕合せな出合い。。

昨日は、川べりの家@相模原の施主S子さんのご友人、、
ガーデナーのT子さんからのお誘いで、
八王子まで行ってきたのです!

お目当ては、ガーデンデザイナー、
ポール・スミザー氏の講演会。

講演会では、私の今、知りたかったコトは、まさにコレ!と、、
物凄い感銘&感動、、そして漫談を聴くかの如く、、爆笑。。

教えてくださったT子さんに、ホントに本当に感謝。。

こちらは、また別記事で、きちんとご報告しますが、
古本まつりも、これまた素晴らしい収穫で。。

夕方5時に八王子に到着。

ひと足先に古本をGET済みの、S子さんT子さんと合流し、
古本まつりが開催している駅前商店街の道へ。

S子さん、私の好きそうなブースをアテンドくださったので、
短時間で、出合いたい本たちに出合えました。
本当にありがとうございました♡

↓ 動物本が沢山あったコーナー。

hachiojiusedbookfestival201.jpg

' 一期一会 ' と思い、
ピンと来た本はすぐにお会計。

建築本などは、元は高い定価なので、
まぁそこそこな金額でしたが、
前に新品を手にして、、
うーーんどうしよっかと思っていた本も見つけたので、
とても重かったですが、
「 ご縁でしょう 」 と、連れて帰ってきました。

そして、特に、、洋書が、お得感満載。

素敵な洋書って表紙も素晴らしいので、
インテリアのアクセントにも最適。

海外旅に出て、本屋さんを覗くと、
危険なほど欲しい本だらけですが、
重量制限との闘いがあるので、
くぅっーーーー。。と、堪えるのです。。(笑)

そんな写真が美しいcookbookや写真集。
えっ?というお値段。。

こんなに買って、1600円って。。

ワタシ、基本、本だけは、、太っ腹。
惜しまずに手に入れるのですが、
お財布に優しいのは、実にありがたい。。。

アドレナリン全開過ぎで、
幸せ感が脳内に満ちているのを感じました。(笑)

そんな頃、スピカさんも合流。
スピカさんもちょうどご自宅のリノベを終えて、
庭に興味津々だったそうなので、お誘いしたのですが、
これまた大正解で...このコトもまた次回。^^

ポール氏の講演会が終わった後、、
皆でお互いの本を、、見せっこ したのですが、
それぞれに、素敵な本を手に入れられていました!

川べりの家のS子さんが大好きなターシャの本。
小動物の住処にもなるガーデンヘッジの本。
( コレ、かなり、お買い得! )
( そして、この夜聞いたポールさんのお話に繋がる本だと思う )

ガーデナーのT子さんは、、
英国の庭園写真家 アンドリュー・ローソン氏の写真集。
(  イギリスの名園 バーンズリー・ハウスガーデン、、
  今は亡きオーナー、ローズマリーさんのお庭を撮った本 )

もう一冊もタメ息が出るほど美しい庭の写真集。

皆さん、素晴らしすぎます^^
つくづくと 引き寄せるチカラ を、
持っていらっしゃるのだなぁと。。。

あ、だから、こんなに楽しい夕べの時間を、
ご一緒に過ごせたのですね(*^_^*)

八王子古本まつりは、6日まで。
リンクを こちら に貼っておきますね。
ご興味のある方は、どうぞ♪

色々他にもUPしたい記事があるのですが、
古本まつり、ワタシ、ホントに愉しめたので、、
会期が終わる前にUPしてみました~^^

近かったら、私再訪しています。
だって、絵本を集めたブースとか、画集のブースとか、
イロイロ気になる本もチラチラ見えていたので!!

行かれた方には、素敵な本との出合いがありますよう...(^_-)

私も、この連休、、出不精を解消して、
半分お仕事をしながら、
東京を愉しんでます(*^_^*)

素敵な休日をお過ごしくださいね。


  読んで下さった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...   

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!
  心を込めて♪ (出美)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかい応援クリックに日々感謝です♪

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 別冊いいひブログ はこちらから♪ ≫
「 (ほぼ)365日カメラが好き♪猫ときどき旅・花 」

Comments [2]

いいひさん、こんにちは。

古本市、いいですねぇ。
恥ずかしながら、古本→古文書、お茶の水、駿河台のイメージしか無かったので、お庭の写真集などあるなんて、新たな発見です。いつか機会があったら、是非足を運んでみたくなりました。

そして、ポール・スミザーの素晴らしさを実感されたご様子。こちらまで、嬉しくなりました。って、親戚でもなく、ただのファンのひとりですけど(笑)。
彼のレクチャーは共感、納得、参考になって、そして、あのユーモアのセンスは最高ですよね。
一番の見どころだった宝塚のお庭は、無残にも取り壊されてしまったけど、軽井沢のピクチャレス・ガーデンや清里の萌木の村(こちらはまだ若いみたい)など、機会があったら、行かれたらいいと思います。
あしかがフラワーパークや、はままつフラワーパークとはまたひと味違うお庭が見られます。
彼のつくる庭の植物たちは、無農薬、無化学肥料でも、とっても元気に大きく育っててびっくりさせられますよ。

お庭では、横浜のイングリッシュガーデンも近年なかなか、良いお庭になっているので、おすすめです。
私は、グリーンローズさんにお邪魔してみたいのですが、なかなか叶わずです。

ここしばらくヨーロッパの夏のようで、気持ちが良いですね。この季節、もう少し長いといいんだけどなぁ。
お元気で。

ふみめっこさま、おはようございます♪
コメントありがとうございました!!!

古本、私も神保町界隈しか知らなかったのですが、
良い意味で期待を裏切られた素敵ラインナップでした(笑)
特に今年は植物を特集していたようなので、
魅力的な本も多かったのかもしれませんね。

ポールさんのお話、本当に感銘を受けました。。。
以来、植物を観察するようになりました。
建物の設計もそうですが、身体が覚えている感覚が一番。
植物がどういう場所を好んで生きているのかを知ることで、
私も、もう少しガーデン&植物のコトを知って行けたらと思いました^^

萌木の村は訪ねたことがありました!
でももう一度訪ねて、違う視点で見てみたい…
軽井沢にもお庭があるのですね!
ぜひ訪ねてみたいと思います♪

横浜のイングリッシュガーデンは、
Y先生もお薦めされていましたね^^
時間を何とか作って、今シーズン訪ねようとしております!

庭好きには忙しい五月。
でも、草花&木々たちのチカラをいただき、
これから来る苦手な梅雨&猛暑を乗り切るべく、
パワーを充電したいと思います♪

ふみめっこさんも、どうぞ素敵な五月をお過ごしくださいね(^_-)


コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 20191210s.jpg
  • 20191101-R0001682s.jpg
  • 0FA23D9F-E15F-4670-8235-1CA908B344EF.jpeg
  • DSC_2280_d4afbebdae9a4961a4ecf04d7e84e12cs.jpg
  • F2D2A15A-30DC-49BB-9399-3D95EFC5B3DB.jpeg
  • khousejoto20191030s.jpg
  • mashikotokiichi2019Autumn.jpg
  • DSC_2074ss.jpg

アーカイブ

  1. 2019年12月
  2. 2019年11月
  3. 2019年10月
  4. 2019年9月
  5. 2019年8月
  6. 2019年7月
  7. 2019年6月
  8. 2019年5月
  9. 2019年4月
  10. 2019年3月
  11. 2019年2月
  12. 2019年1月
  13. 2018年12月
  14. 2018年11月
  15. 2018年10月
  16. 2018年9月
  17. 2018年8月
  18. 2018年7月
  19. 2018年6月
  20. 2018年5月
  21. 2018年4月
  22. 2018年3月
  23. 2018年2月
  24. 2018年1月
  25. 2017年12月
  26. 2017年11月
  27. 2017年10月
  28. 2017年9月
  29. 2017年8月
  30. 2017年7月
  31. 2017年6月
  32. 2017年5月
  33. 2017年4月
  34. 2017年3月
  35. 2017年2月
  36. 2017年1月
  37. 2016年12月
  38. 2016年11月
  39. 2016年10月
  40. 2016年9月
  41. 2016年8月
  42. 2016年7月
  43. 2016年6月
  44. 2016年5月
  45. 2016年4月
  46. 2016年3月
  47. 2016年2月
  48. 2016年1月
  49. 2015年12月
  50. 2015年11月
  51. 2015年10月
  52. 2015年9月
  53. 2015年8月
  54. 2015年7月
  55. 2015年6月
  56. 2015年5月
  57. 2015年4月
  58. 2015年3月
  59. 2015年2月
  60. 2015年1月
  61. 2014年12月
  62. 2014年11月
  63. 2014年10月
  64. 2014年9月
  65. 2014年8月
  66. 2014年7月
  67. 2014年6月
  68. 2014年5月
  69. 2014年4月
  70. 2014年3月
  71. 2014年2月
  72. 2014年1月
  73. 2013年12月
  74. 2013年11月
  75. 2013年10月
  76. 2013年9月
  77. 2013年8月
  78. 2013年7月
  79. 2013年6月
  80. 2013年5月
  81. 2013年4月
  82. 2013年3月
  83. 2013年2月
  84. 2013年1月
  85. 2012年12月
  86. 2012年11月
  87. 2012年10月
  88. 2012年9月
  89. 2012年8月
  90. 2012年7月
  91. 2012年6月
  92. 2012年5月
  93. 2012年4月
  94. 2012年3月
  95. 2012年2月
  96. 2012年1月
  97. 2011年12月
  98. 2011年11月
  99. 2011年10月
  100. 2011年9月
  101. 2011年8月
  102. 2011年7月
  103. 2011年6月
  104. 2011年5月
  105. 2011年4月
  106. 2011年3月
  107. 2011年2月
  108. 2011年1月
  109. 2010年12月
  110. 2010年11月
  111. 2010年10月
  112. 2010年9月
  113. 2010年8月
  114. 2010年7月
  115. 2010年6月
  116. 2010年5月
  117. 2010年4月
  118. 2010年3月
  119. 2010年2月
  120. 2010年1月
  121. 2009年12月
  122. 2009年11月
  123. 2009年10月
  124. 2009年9月
  125. 2009年8月
  126. 2009年7月
  127. 2009年6月
  128. 2009年5月
  129. 2009年4月
  130. 2009年3月
  131. 2009年2月
  132. 2009年1月
  133. 2008年12月
  134. 2008年11月
  135. 2008年10月
  136. 2008年9月
  137. 2008年8月
  138. 2008年7月
  139. 2008年6月
  140. 2008年5月
  141. 2008年4月
  142. 2008年3月
  143. 2008年2月
  144. 2008年1月
  145. 2007年12月
  146. 2007年11月
  147. 2007年10月
  148. 2007年9月
  149. 2007年8月
  150. 2007年7月
  151. 2007年6月
  152. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ