親孝行ご実家リフォームスタート♪_住宅改修、間取りは変えずに動線を整理して住みよくする

20160726-DSC03484s.jpg

会社員時代に手掛けた家の施主Mさんのご実家。

 高齢のご両親が、
 今よりも心地よく暮らせるように、
 リフォームしてあげたい...

そんな親孝行な想い溢れた、、
ご実家リフォームがスタートしました!!

工事初日、、
荷物が片付けられた茶の間の壁には、
訓示などが貼られていて、、
まっすぐに一生懸命に頑張ってこられた、
ご両親のお人柄が垣間見えてきて...(*^-^*)

ヨシ!頑張ろう!!と、改めて思った次第です。

さてさて、タイトルにもありますが、
「 間取りは変えずに動線を整理して住みよくする 」
という視点を、Tさんの事例を通してお伝えしたいと思います。


リフォームやリノベーションというと、
間取りや空間を変えることを思い浮かべるかもですが、、

高齢の方にとっては、
住み慣れた住空間をリフォームすることに対して、
実は気が進まない...と思っていらっしゃることも有ります。

DSC02719s.jpg

今回、ご実家に伺ってご要望を伺う際にも、
なるべくこのままが良い...と、仰ること多々でした。
( そのお気持ちもとても良く理解できます^^; )

ご要望をまとめると、、

▽ 階段が急なので、ゆるやかにしたい
( 洗濯物を二階で干すこと等、二階利用も有り )
▽ 内装をきれいにしたい

ご両親からのご要望の主な点はこの点。

でも、娘さんの立場からは、、
もっとこうしたら良いのに...という視点も有り。

▽ キッチンを安全に使うこと...茶の間からの見通しを良くしたい
( でもキッチンは既存のままが良い、、とのご両親からのご要望が有り )

両方のご要望を伺いつつ、
住宅改修のセオリーを鑑みて、
ご提案をすることにしました。

↓ 元々はこんな間取り。

20160726-DSC03487.jpg


写真内に 青で補足を書きましたが、
キッチン水周りエリア と 居住空間エリアは、
家の中央に玄関~廊下が有り、分断。

寝室から、グルリと回ってトイレにしか行けないこと...
これ、かなり不便だなぁと感じます。

そこで、、

~間取りは変えずに動線を整理してみる~
と、いうことをしてみます!!

どんなリフォームやリノベーションでも、
図面内で、まずやってみることです。

( リノベなどでは、間取り変更当たり前ですが、
 変えれば変えた分、、費用は掛かるので... )

個人的に、 回遊できる間取り好き というのも有りますが、
写真内二重丸の、壁を抜けば...!!
寝室とトイレが近くなることで、
ずいぶん住みよくなるなぁと感じました。

一案目は、施主さんのご要望通りの極力手を入れない案。
( 階段を緩やかにして、内装をきれいにするだけ )

二案目は、もうひとつ、設計者として...
【 こうしたら暮らしよくなる案 】をご提示しました。

↓ それがこちら。

DSC03517s.jpg

例の壁を抜いて入口を作り、、
寝室を板の間にする案です!

床の間がある和室を、
お父様は気に入っていらっしゃったので、
その設えや雰囲気は残しつつ、
床だけを板の間にする案をご提示しました。

難色を示されるかなぁと思ったのですが、
娘さんからの助言もいただくと、
「 こうなると随分良くなりますねぇ(笑) 」と、
ご納得いただけました。

↓ 玄関から入ると、トイレや洗面所入口が見えます。

DSC02663s.jpg

これも、実は少し気になっていらしたようでしたので、
お風呂上りなど、すぐに寝室に入れる動線は、
気に入ってもらえたようでした...ホっ(*^-^*)

あと、もうひとつ、キッチンのレイアウトも考えることに。。

DSC03518s.jpg

家具のレイアウトひとつでも、
動きやすくなることがあるのですが、
そんな単純なコトに、以外と気付かないもの。。

これは、福祉住環境を学んだときに教わった視点です!

 ▽ 住宅改修 = 生活の改善
 まず、その人の生活を知って、問題を把握し、適切な提案をする。

 → 工事だけを目的としない

 ... 家具の配置替えだけで、手摺代わりになったりすることもある。
 ... モノを減らすことで、動線が変わり住みやすくなる。
 ... 福祉用具の活用と、住宅改修との連携
 ... その上で、動線を変える間取り等まで提案


今回のリフォームでも活かせたかな。。

↓ 着工当日、不要品が運ばれるトラック。

DSC03471s.jpg

ご両親に代わってのお片付け~引越し。。

本当に大変だったと思いますが、
Mさんご夫婦は、一所懸命、頑張られました!!

そのお姿を見ていると、
なかなか真似できない、素晴らしいことだなぁと、
本当に感じ入りました。。

↓ 不要品を運び出した後は、早速工事着工!

20160726-DSC03482s.jpg

寝室...タタミから板の間に代わります。

さてさて、このリフォームのご相談を受けたのは、
実は、お仕事の予定も、、
頭も、、心も、、目一杯だった時。。(^_^;)

正直、お請けできるパワーも余裕もないなぁ...と思って、
一度はお断りしようとしたのです。。(^_^;)

でも、牛尾(夫)に、
Mさんでしょ...頑張ってあげなョ!と、
背中を押されたこと。。

もうひとつは、

Mさんの熱い親孝行な心を知って、
何とかチカラになれたら...と思ったこと。

ご要望される期日に、
施工できる工務店さんが見つかれば...という条件で、
お請けすることになりました。

今、どこも工務店さん忙しそうですが、
葛飾の家 を手掛けてくださった
暁建設さん が、手を挙げてくださり、計画が進んだ次第。

途中、お盆は挟みますが、
8月下旬に荷物が戻ってこれるよう、
暑い中ですが、現場、頑張ってもらっています!!!

また、ご報告したいと思います♪



  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...   

  家での暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて♪ (出美)



いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 別冊いいひブログはこちらから♪ ≫
「 おねだりFACE_キッチン時間の相棒♪ 」

≪ 過去ブログもよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 住宅医学びの備忘録_高齢者の家、住宅改修設計視点 」
「 木の家リフォームを勉強する本_出版記念セミナーでの学び 」
「 リフォームに向き合う時の迷い_快適さと健康と家 
「 ジューンブライド♪_仕合せな巡り合わせ 」
「 葛飾の家での女子会♪_晩秋の午後昇華した想い 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • R0000135s.jpg
  • 3464d3285abab50e8b961da7daa53313ffb3cf80.jpg
  • 2018trip_epilogue_S.jpg
  • nikkohouse20190825s.jpg
  • kamakurasanpo2019summer-s.jpg
  • c42312aeee42a8b0aeb0888dd108284717bd0a4e.jpg
  • 20190811-R0000224s.jpg
  • 20170620-R6200902s.jpg

アーカイブ

  1. 2019年9月
  2. 2019年8月
  3. 2019年7月
  4. 2019年6月
  5. 2019年5月
  6. 2019年4月
  7. 2019年3月
  8. 2019年2月
  9. 2019年1月
  10. 2018年12月
  11. 2018年11月
  12. 2018年10月
  13. 2018年9月
  14. 2018年8月
  15. 2018年7月
  16. 2018年6月
  17. 2018年5月
  18. 2018年4月
  19. 2018年3月
  20. 2018年2月
  21. 2018年1月
  22. 2017年12月
  23. 2017年11月
  24. 2017年10月
  25. 2017年9月
  26. 2017年8月
  27. 2017年7月
  28. 2017年6月
  29. 2017年5月
  30. 2017年4月
  31. 2017年3月
  32. 2017年2月
  33. 2017年1月
  34. 2016年12月
  35. 2016年11月
  36. 2016年10月
  37. 2016年9月
  38. 2016年8月
  39. 2016年7月
  40. 2016年6月
  41. 2016年5月
  42. 2016年4月
  43. 2016年3月
  44. 2016年2月
  45. 2016年1月
  46. 2015年12月
  47. 2015年11月
  48. 2015年10月
  49. 2015年9月
  50. 2015年8月
  51. 2015年7月
  52. 2015年6月
  53. 2015年5月
  54. 2015年4月
  55. 2015年3月
  56. 2015年2月
  57. 2015年1月
  58. 2014年12月
  59. 2014年11月
  60. 2014年10月
  61. 2014年9月
  62. 2014年8月
  63. 2014年7月
  64. 2014年6月
  65. 2014年5月
  66. 2014年4月
  67. 2014年3月
  68. 2014年2月
  69. 2014年1月
  70. 2013年12月
  71. 2013年11月
  72. 2013年10月
  73. 2013年9月
  74. 2013年8月
  75. 2013年7月
  76. 2013年6月
  77. 2013年5月
  78. 2013年4月
  79. 2013年3月
  80. 2013年2月
  81. 2013年1月
  82. 2012年12月
  83. 2012年11月
  84. 2012年10月
  85. 2012年9月
  86. 2012年8月
  87. 2012年7月
  88. 2012年6月
  89. 2012年5月
  90. 2012年4月
  91. 2012年3月
  92. 2012年2月
  93. 2012年1月
  94. 2011年12月
  95. 2011年11月
  96. 2011年10月
  97. 2011年9月
  98. 2011年8月
  99. 2011年7月
  100. 2011年6月
  101. 2011年5月
  102. 2011年4月
  103. 2011年3月
  104. 2011年2月
  105. 2011年1月
  106. 2010年12月
  107. 2010年11月
  108. 2010年10月
  109. 2010年9月
  110. 2010年8月
  111. 2010年7月
  112. 2010年6月
  113. 2010年5月
  114. 2010年4月
  115. 2010年3月
  116. 2010年2月
  117. 2010年1月
  118. 2009年12月
  119. 2009年11月
  120. 2009年10月
  121. 2009年9月
  122. 2009年8月
  123. 2009年7月
  124. 2009年6月
  125. 2009年5月
  126. 2009年4月
  127. 2009年3月
  128. 2009年2月
  129. 2009年1月
  130. 2008年12月
  131. 2008年11月
  132. 2008年10月
  133. 2008年9月
  134. 2008年8月
  135. 2008年7月
  136. 2008年6月
  137. 2008年5月
  138. 2008年4月
  139. 2008年3月
  140. 2008年2月
  141. 2008年1月
  142. 2007年12月
  143. 2007年11月
  144. 2007年10月
  145. 2007年9月
  146. 2007年8月
  147. 2007年7月
  148. 2007年6月
  149. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ