犬さんと暮らすカバードポーチ付きの家を設計中♪

20170619-R6190585ss.jpg

純真無垢な瞳。
溢れんばかりの親しみ。

たまらないですね...(≧▽≦)

猫だけではなく、
犬も大好きな私たち。

↑ 去年の旅で、
↑ 川辺のコテージで暮らすように過ごした3日間、
↑ ずっと一緒だったオーナーさんの愛犬コービィ♡

犬さんと暮らすことは、
この人生で、いつかいつの日か...
叶えたいことのひとつです♪

さてさて、今ですが、
2匹の犬さんが同居する家を設計しています!


牛尾(夫)は、
幼い頃、犬と暮らしていた経験有りですが、
私は猫としか暮らしたことがありません。

これまで、ペットと暮らす家を設計するにあたり、
施主さんから、暮らしの様子をお聞きしたり、
「犬の飼い方」等、ペット本も併せて読んだりして、
その工夫を、設計のなかに落とし込むようにしていました。

↓ ラブラドールレトリーバーのコービィ♡

20170619-IMG_3249s.jpg

( あなたのこと、本当に愛おしかった♡ )
( 一緒に過ごせた時間を忘れません )

犬種によって、
大きさや性格も違う..

破壊力の凄さ等も...(^-^;

また、そのオウチの暮らし方によっても、
建築で必要な工夫が違いますよね。

↓ 中でも、この本を役立てていました。
( 私が持っているのは改訂版の前の本ですが... )

519s0Yk0SzL._SX343_BO1,204,203,200_.jpg

『犬・猫の気持ちで住まいの工夫』
( ↑ Amazonにリンク)

最近のネコブームで、
建築知識『猫のための家づくり』が、
ものすごく売れたようで、
第二弾も出たほど!

その人気の裏には、
専門誌なのに、建築屋さんだけじゃなく、
施主さん層にまで読者層が広がったから...
と、いうことが見受けられます。

今年、基本設計だけ協力させていただいた、
猫同居の施主さんも、持っていらっしゃいました。。

その犬版...『犬のための家づくり』も出ています!
( ↑ Amazonにリンク )

DSC04702s.jpg

こちらも、今回の家の設計にあたり、
ずっと、読み込んでます!!

ただ...こういう参考書は、
全て鵜呑みにするのではなく、
ヒントとして、参考にする使い方が良いですね。

ペットも心地よく過ごせる工夫は、
やっぱりその家々によって暮らし方も違いますし、
建築サイドの工夫に対して、
施主さんの捉え方・考え方が違うので...

' こういう意図で設計しました ' と、
施主さんに伝えて、それをジャッジしてもらう必要があると思うのです。。
逆も然りですよね。。

↑ あたりまえなことかも、ですが...
一方通行にならないためには、
必要な過程なのかなぁと思います。

私たち自身、やり過ぎ...too muchの設計は、
あまり好きでは無いので。。
施主さんによっては物足りなさも感じるかも。。(^-^;

けれど、念頭には、

 人が心地よく暮らしてこそ、
 一緒に暮らすペットも幸せ。。

というのが、理想としているので。

そうそう!

人生初設計した1997年竣工したお家にも、
ゴールデンレトリーバーくんが家族になりました。

↓ 元気いっぱいの、二歳の、あめちゃん♪

20180925-DSC04668s.jpg

↑ 先日、おうちランチに誘っていただいた時の写真♪

新築当時は、犬を飼うなんて考えもしなかったことなので、
建築的には、大変なコトもあるようですが、
( キッチンに入ってしまうなど... )
施主さんの愛情と、暮らしの工夫でカバー。。

でも、やはり大型犬には、
『広さ』という物理的なモノが必要なんだなぁ...と、実感。。

かれこれ、そのオウチも、
築20年以上経つのですねぇ。。(しみじみ)

施主さんの暮らしと家を、
変化と共に共有させていただけること、
ホント勉強になります。。

T子さん、いつもありがとうございますm(__)m

私の夢は、
亡き愛猫のる...みたいな犬(理想はゴールデン)と暮らし、
現場にも、、キャンプや旅にも、、連れていくこと!

そう...『僕のワンダフル・ライフ』という映画のように、
( 理想は...なんて書いてしまいましたが、、 )
どんな毛皮を着ていてもいい...
'のる' が戻ってきてほしいなぁって、願ってしまいます。。

ですが...猫×4Plus犬...は、
マンション暮らしじゃ難しいのでしょうね。。(^-^;

今、設計中の犬さんと暮らす家は、
南庭を臨むキッチンが併設する、
カバードポーチ付きの家!!

大きな犬さん達で、
ひとりの仔は、目が見えないので...
余計に建築的工夫も必要になるなぁと思っています。。

まだプラン段階ですが、
施主さんも犬さん達も、
心地よく暮らせる家にしたいなぁ...(*^-^*)

...と、鋭意設計中です!!

また、台風到来。。

皆さま、どうぞ、気を付けてお過ごしくださいね。。


  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 

Comments [2]

犬さんたちと暮らす家に取り組んでいらっしゃるのですね。ぜひぜひ、我が家にも取り入れたいです〜
床暖房もあめの肉球を過度に乾燥させてしまうので、使えなかったり、床もツルツルして脚を痛めるらしい…などなど悩みはつきません。
あめ が我が家に馴染んでいるお写真嬉しいです。また遊びに来て下さいね!

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • IMG_4262ss.jpg
  • d456f5177e1fb87305f416beff71598b385bd596.jpg
  • 52f8d3cb8fc0e087183a02c1c88591c0e6fbf26b.jpeg
  • khousestory2021spring.jpg
  • DSC_4738.jpeg
  • adachinoieyhouses.jpg
  • 20190403-P4030087s.jpg
  • IMG_1432.jpeg

アーカイブ

  1. 2021年4月
  2. 2021年3月
  3. 2021年1月
  4. 2020年12月
  5. 2020年10月
  6. 2020年9月
  7. 2020年7月
  8. 2020年6月
  9. 2020年5月
  10. 2020年4月
  11. 2020年3月
  12. 2020年2月
  13. 2020年1月
  14. 2019年12月
  15. 2019年11月
  16. 2019年10月
  17. 2019年9月
  18. 2019年8月
  19. 2019年7月
  20. 2019年6月
  21. 2019年5月
  22. 2019年4月
  23. 2019年3月
  24. 2019年2月
  25. 2019年1月
  26. 2018年12月
  27. 2018年11月
  28. 2018年10月
  29. 2018年9月
  30. 2018年8月
  31. 2018年7月
  32. 2018年6月
  33. 2018年5月
  34. 2018年4月
  35. 2018年3月
  36. 2018年2月
  37. 2018年1月
  38. 2017年12月
  39. 2017年11月
  40. 2017年10月
  41. 2017年9月
  42. 2017年8月
  43. 2017年7月
  44. 2017年6月
  45. 2017年5月
  46. 2017年4月
  47. 2017年3月
  48. 2017年2月
  49. 2017年1月
  50. 2016年12月
  51. 2016年11月
  52. 2016年10月
  53. 2016年9月
  54. 2016年8月
  55. 2016年7月
  56. 2016年6月
  57. 2016年5月
  58. 2016年4月
  59. 2016年3月
  60. 2016年2月
  61. 2016年1月
  62. 2015年12月
  63. 2015年11月
  64. 2015年10月
  65. 2015年9月
  66. 2015年8月
  67. 2015年7月
  68. 2015年6月
  69. 2015年5月
  70. 2015年4月
  71. 2015年3月
  72. 2015年2月
  73. 2015年1月
  74. 2014年12月
  75. 2014年11月
  76. 2014年10月
  77. 2014年9月
  78. 2014年8月
  79. 2014年7月
  80. 2014年6月
  81. 2014年5月
  82. 2014年4月
  83. 2014年3月
  84. 2014年2月
  85. 2014年1月
  86. 2013年12月
  87. 2013年11月
  88. 2013年10月
  89. 2013年9月
  90. 2013年8月
  91. 2013年7月
  92. 2013年6月
  93. 2013年5月
  94. 2013年4月
  95. 2013年3月
  96. 2013年2月
  97. 2013年1月
  98. 2012年12月
  99. 2012年11月
  100. 2012年10月
  101. 2012年9月
  102. 2012年8月
  103. 2012年7月
  104. 2012年6月
  105. 2012年5月
  106. 2012年4月
  107. 2012年3月
  108. 2012年2月
  109. 2012年1月
  110. 2011年12月
  111. 2011年11月
  112. 2011年10月
  113. 2011年9月
  114. 2011年8月
  115. 2011年7月
  116. 2011年6月
  117. 2011年5月
  118. 2011年4月
  119. 2011年3月
  120. 2011年2月
  121. 2011年1月
  122. 2010年12月
  123. 2010年11月
  124. 2010年10月
  125. 2010年9月
  126. 2010年8月
  127. 2010年7月
  128. 2010年6月
  129. 2010年5月
  130. 2010年4月
  131. 2010年3月
  132. 2010年2月
  133. 2010年1月
  134. 2009年12月
  135. 2009年11月
  136. 2009年10月
  137. 2009年9月
  138. 2009年8月
  139. 2009年7月
  140. 2009年6月
  141. 2009年5月
  142. 2009年4月
  143. 2009年3月
  144. 2009年2月
  145. 2009年1月
  146. 2008年12月
  147. 2008年11月
  148. 2008年10月
  149. 2008年9月
  150. 2008年8月
  151. 2008年7月
  152. 2008年6月
  153. 2008年5月
  154. 2008年4月
  155. 2008年3月
  156. 2008年2月
  157. 2008年1月
  158. 2007年12月
  159. 2007年11月
  160. 2007年10月
  161. 2007年9月
  162. 2007年8月
  163. 2007年7月
  164. 2007年6月
  165. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ