子育てする家のスタディコーナー_暮らしに寄り添う家か?設計の答え合わせ!お宅訪問_7年目のBさんの家

R9112833s.jpg

東京、桜咲く季節が到来。

春がどんどん進んでいくさまに、
ちょっと早すぎるんじゃなぁい?
と、少々焦ってしまうくらいのスピード。

まだ全然春写真を撮れていないので、
オウチのラナンキュラスをパチリ☆

先日、築7年目のBさんの家へ、
ホント久しぶりにお邪魔してきました!

奥さまの同僚Yさんのご家族の家づくりを
いいひでさせていただくことになり、
Bさんの家...お宅見学と相成った晴れの休日。


少しだけBさんの家づくり当時のことを...

当時まだご主人が20代で、
ご夫婦とお子さんがふたりの4人家族。

いずれ、もうひとりお子さんを...と、
将来設計しての家づくりでした。

当然子育て真っ最中。
お仕事と子育ての両立を助ける家になれば...
と、設計させていただいたことを覚えています。

その後お子さんがふたり誕生し、
ご夫婦+お子さん4人の大家族に!!

P3050037s.jpg

お宅見学の日、
心底!嬉しかったのは...

奥さまが家のなかを案内しながら、
当時の設計意図を説明くださったこと!

 リビング続き間和室のこと...
 こだわって作ったウッドテラスの活躍ぶり...
 いい感じに経年変化中のチーク無垢フローリング...
 乾太くんとリネン収納が活躍する脱衣室...
 子供室のひとつを繋げてつくった広々とした寝室...
 珪藻土を収納内部など家じゅうに塗ったメリット...

等々...

設計打ち合わせや
現場打ち合わせを重ねる折に、
説明させていただいたことを、
鮮明に覚えていてくださり、
意図に沿った暮らしを営んでくださっている!!

これって、ホント設計者冥利に尽きることなのですョ(*^-^*)v

ひとつひとつが記事になるので、
これは、また追々と綴りますが...
ひとつだけ備忘録的にメモ。。

なるほど!やっぱり!と思えたのは、
リビングに併設するスタディコーナーのこと。

設計当初はテレビ周りとスタディコーナーを、
造り付け家具で製作する予定でしたが、
現場進行中に、その造り付け家具を中止。

シンプルな計画になり、
テレビボード周りだけをIKEAで揃えました。

そして今回...家づくりから7年後...

スタディコーナーに...と予定していたスペースに、
無印良品のオーク無垢材デスクと収納ボックスを配置。

↓ Bさん一家の今の暮らしに合わせて、
↓ 使い勝手良くレイアウトしていらっしゃる。

20200320-IMG_1175s.jpg

お子さんが成長し個室で勉強するようになる頃は、
またきっと別の使い方として活きる場所に代わる...

 リビングダイニングに併設する
 スタディコーナーやテレビ周りを、
 暮らしに合わせて
 可変できるようにすること。

子育て世代のお家には
良い選択だったのだなぁと、
Bさんの暮らし方を拝見して実感しました。

( 色々な考え方や暮らし方があるので、
  勿論人それぞれだとは思います...^m^ )

あとあと。。

ご自身達で取捨選択して選び取った仕様...
東レラップサイディングだったりを、
今でもとっても満足してくださっている!!!

IMG_1195s.jpg

予算をかけたトコロが、
他の方からの褒めポイントにもなっているよう♪^m^

うん!お家全てが、
いい感じに活きていました!!

Bさんが家づくりで諦められたのは、
階段で上れる小屋裏収納だったりでしたが、
これもBさんの暮らしには正解だったみたい。

もともとすっきり暮らせる方なので、
必要以上のモノだったのだと思います。

家づくり渦中って、
そのことにフォーカス...一点集中してしまうから、
つい良い仕様ばかりを求めてしまいがちですが...
予算は青天井になっていくので。。(^-^;

 割り切るトコロは割り切る
 こだわるトコロはこだわる

そんな姿勢を貫いてくださったBさんだからこそ、
このいい感じの暮らしがあるんだなぁと実感!!

家族構成の変化、
ご家族の成長に合わせて、
暮らしに寄り添う家であったこと。

本当にシアワセでした(*^-^*)

R9112831s.jpg

そして自らの設計者としての立ち位置。

家という箱はしっかりとシンプルにつくり、
( モチロン色々を検討し想定したのちのシンプルという意 )
暮らしのエッセンスは各施主さんに委ねること。
施主さん色が映えるシンプルさをつくること。
( モチロンこだわりたい施主さんとはとことん一緒に追求します♪ )

独立した時に抱いたこの姿勢は、
決して間違っていなかったのだなぁと感じました。

最近は、彼方此方で映え写真を見ることが多く、
シンプルだと素っ気なく見えたりするのだろうなぁ...
なぁんて感じる場面も正直あり、
映える家を...なんて変な欲もゾロ見えがちな我が心に、
改めて喝が入れられました!

Bさん、本当にありがとうございました(*^-^*)

Yさんの家も良い家になるようにガンバリマス!!

P3050038s.jpg

施主さんの暮らしが一番の学びです。。

そう!

今年は施主さんの暮らしを訪ねよう!

と、自分の中で決めていましたので、
いいひのOBの施主さま方々、
どうぞ宜しくお願いいたします<(_ _)>


さてさて...
今、設計案件をまとめるのに必死で、
久しぶりのブログ更新となってしまいました。。(^-^;

ブログモードをONにしたはいいけれど、
UPしたい記事が多すぎるので、
まずは最近のことからUPさせていただきました!

丘の家の子猫ちゃんのこと。。
青梅の家の竣工PHOTO。。
日光の家の竣工PHOTO。。
( リクエストいただいています(^-^; )

いい感じで現場が進んでいる品川の家のこと。。
ラシーンとのお別れのこと。。

次回以降に順次UP予定です。
また、のぞいていただけると嬉しいです(^^)v

今、いろいろと暗い時勢を感じますが、
今出来ることを一所懸命に向き合う。。
これしか出来ませんよね。。(^-^;

そしてこの春は一度きり!

春の到来も楽しみながら、
気を付けて頑張りましょうね(*^-^*)



  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 



いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 過去記事もよろしかったらどうぞ♪ ≫
「 三郷中央の家完成!夏に嬉しいウッドデッキ_LDK続き間和室の窓廻りインテリア 」
「 注文住宅 土地探しのポイント_着工@三郷中央の家 」
「 お気に入りのジーンズのような家_施主さんの暮らしを訪ねて@伊興の家 」
「 設計した家に再会するヨロコビと不具合からの学び_実にのびのびリラックスな空気感♪@目黒の家 」

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 20170619-DSC09192.jpg
  • 20150524-P5240030s.jpg
  • 06172017SUMMER.jpg
  • ECOLO-Village20190617-(1).jpg
  • AHOUSE-collage20200610S.jpg
  • okanoiecollage2020ss.jpg
  • IMG_5528.jpg
  • London2017summerPrivateGardencollage.jpg

アーカイブ

  1. 2020年9月
  2. 2020年7月
  3. 2020年6月
  4. 2020年5月
  5. 2020年4月
  6. 2020年3月
  7. 2020年2月
  8. 2020年1月
  9. 2019年12月
  10. 2019年11月
  11. 2019年10月
  12. 2019年9月
  13. 2019年8月
  14. 2019年7月
  15. 2019年6月
  16. 2019年5月
  17. 2019年4月
  18. 2019年3月
  19. 2019年2月
  20. 2019年1月
  21. 2018年12月
  22. 2018年11月
  23. 2018年10月
  24. 2018年9月
  25. 2018年8月
  26. 2018年7月
  27. 2018年6月
  28. 2018年5月
  29. 2018年4月
  30. 2018年3月
  31. 2018年2月
  32. 2018年1月
  33. 2017年12月
  34. 2017年11月
  35. 2017年10月
  36. 2017年9月
  37. 2017年8月
  38. 2017年7月
  39. 2017年6月
  40. 2017年5月
  41. 2017年4月
  42. 2017年3月
  43. 2017年2月
  44. 2017年1月
  45. 2016年12月
  46. 2016年11月
  47. 2016年10月
  48. 2016年9月
  49. 2016年8月
  50. 2016年7月
  51. 2016年6月
  52. 2016年5月
  53. 2016年4月
  54. 2016年3月
  55. 2016年2月
  56. 2016年1月
  57. 2015年12月
  58. 2015年11月
  59. 2015年10月
  60. 2015年9月
  61. 2015年8月
  62. 2015年7月
  63. 2015年6月
  64. 2015年5月
  65. 2015年4月
  66. 2015年3月
  67. 2015年2月
  68. 2015年1月
  69. 2014年12月
  70. 2014年11月
  71. 2014年10月
  72. 2014年9月
  73. 2014年8月
  74. 2014年7月
  75. 2014年6月
  76. 2014年5月
  77. 2014年4月
  78. 2014年3月
  79. 2014年2月
  80. 2014年1月
  81. 2013年12月
  82. 2013年11月
  83. 2013年10月
  84. 2013年9月
  85. 2013年8月
  86. 2013年7月
  87. 2013年6月
  88. 2013年5月
  89. 2013年4月
  90. 2013年3月
  91. 2013年2月
  92. 2013年1月
  93. 2012年12月
  94. 2012年11月
  95. 2012年10月
  96. 2012年9月
  97. 2012年8月
  98. 2012年7月
  99. 2012年6月
  100. 2012年5月
  101. 2012年4月
  102. 2012年3月
  103. 2012年2月
  104. 2012年1月
  105. 2011年12月
  106. 2011年11月
  107. 2011年10月
  108. 2011年9月
  109. 2011年8月
  110. 2011年7月
  111. 2011年6月
  112. 2011年5月
  113. 2011年4月
  114. 2011年3月
  115. 2011年2月
  116. 2011年1月
  117. 2010年12月
  118. 2010年11月
  119. 2010年10月
  120. 2010年9月
  121. 2010年8月
  122. 2010年7月
  123. 2010年6月
  124. 2010年5月
  125. 2010年4月
  126. 2010年3月
  127. 2010年2月
  128. 2010年1月
  129. 2009年12月
  130. 2009年11月
  131. 2009年10月
  132. 2009年9月
  133. 2009年8月
  134. 2009年7月
  135. 2009年6月
  136. 2009年5月
  137. 2009年4月
  138. 2009年3月
  139. 2009年2月
  140. 2009年1月
  141. 2008年12月
  142. 2008年11月
  143. 2008年10月
  144. 2008年9月
  145. 2008年8月
  146. 2008年7月
  147. 2008年6月
  148. 2008年5月
  149. 2008年4月
  150. 2008年3月
  151. 2008年2月
  152. 2008年1月
  153. 2007年12月
  154. 2007年11月
  155. 2007年10月
  156. 2007年9月
  157. 2007年8月
  158. 2007年7月
  159. 2007年6月
  160. 2007年5月

最近のコメント

このページの上部へ

このページの上部へ