竣工PHOTO♪シンプルナチュラルな意図_郊外に住むことを選んだ家_流山の家

khousestorymar2021.jpg

都内から郊外への移住を選ぶ。
そこで叶えられる暮らしの景。

お子さん3人。
共働き子育ての忙しい日々を助けるのは...

家事動線がよく
ワンフロアで完結する
広々とした空間。

調理・洗濯・掃除。
三大家事を助ける
お手入れ楽で丈夫な水まわり住設機器。

シンプルだけど上質な素材づかいで
永く住む家に飽きがこないように。。

と、意図してつくった流山の家。
完成したのは春浅い3月でした!

かなり遅いUPで恐縮ですが...(^-^;
今日は、竣工PHOTOをご紹介いたします!


まず玄関まわり。
玄関扉は、片引き戸を選ばれました。

20210311-IMG_2885s.jpg

お子さん三人連れての帰宅。
扉が開くスペースが不要な引戸タイプは、
スペースを広く確保できるメリット有り。

20210311-IMG_2904s.jpg

全体の外観PHOTOはNGなため、
部分的なご紹介で申し訳ございません(^-^;

外壁は、ラップサイディングを選ばれました。

↓ 玄関内部。

20210311-IMG_2818s.jpg

シューズクローク付プランも検討されましたが、
広々とした玄関を望まれていらっしゃったので、
シンプルな空間構成となりました。

20210311-IMG_2821s.jpg

リビング入口も引戸。

↓ 左手前(玄関へ)
↓ 真ん中(洗面脱衣へ)
↓ キッチン奥(洗面脱衣へ)と、ひとつの空間に3つ引戸が並びます。

20210311-IMG_2827s.jpg

扉が多いと、
ともすると煩くなりがち。

なので、以下のような工夫を♪

→ 引戸を → 
・天井高さと同じにする
・壁と同化する色を使う

こんな工夫をすると、
空間をスッキリとまとめられます。

↓ 今回、室内建具は既製品。

20210311-IMG_2839s.jpg

そのなかでも一番シンプルなものを
敢えて選んで主張しないようにさせました。

床は無垢フローリング。
オークの一枚ものを採用。

20210311-IMG_2807s.jpg

一枚モノでラフグレード。
板目や節がいい感じで入るので、
良い意味で綺麗過ぎず、
無垢感があってお勧め。

ガス温水式床暖房も入っています♪

↓ キッチン周り。

20210311-IMG_2835s.jpg

背面収納壁、
当初タイル案も出ましたが、

奇抜すぎず飽きないインテリアを...

と、施主さんが望まれたので、
アクセントウォール塗装をお勧めしました。

塗装の色は、将来塗り替えられるので、
しばらくは、この上品なグレージュ色を
楽しんでいただけたらいいな^m^

4c6d8a491c141005dc01fd31b5ba72db463b86a2.jpg

お仕事関係のバッグや書類を置ける
ワークコーナーもキッチンに併設。

吊戸棚や飾り棚もご提案しましたが、
まずはデスクだけで良いとのこと。

暮らして必要ならば、
整えていけばいいですよね♪

キッチン本体は、システムキッチン。

20210311-IMG_2716s.jpg

手元フラットのペニンシュラ型。

20210311-IMG_2719s.jpg

奥さまご実家でも愛用されていらした
タカラスタンダードを採用。

シリーズは『レミュー』です。

↓ 60cmの開口をつくって、
↓ ミーレ食洗機を組み込みました!

20210311-IMG_2810ss.jpg

幅60cmの大きな食洗機は、
一日分の鍋・食器類を洗ってくれる包容力。
洗剤自動投入など最新機能を搭載した機種。

セットしたらあとはミーレ任せ。
便利な設備機器を入れて、
日々に少し余裕を生むことも、
施主さんの家づくりの目的のひとつでした。

ミーレ食洗機。。

2021年7月現在、
今やその存在が幻のよう。。(^-^;
生産が追い付かず納期未定なのです。

コンロは、
すっきりでお手入れも楽な
IHクッキングヒーターを採用。

20210311-IMG_2724s.jpg

グリルがスッキリしてお手入れ楽そう!

パナソニックの上位機種ですが、
以前のモノより
パネル操作がわかりやすくなりました。

20210311-IMG_2727s.jpg

光るリングが安心です。
火加減の調整もしやすそう!

↓ レンジフード、今回はタカラスタンダード純正。

20210311-IMG_2729s.jpg

富士工業アリアフィーナを採用することが多いのですが、
ホーローの丈夫さやお手入れのしやすさに惹かれていらしたので。。^m^
ステンレスフェイスでデザインも良かったので採用♪

↓ 背面収納は造作です。

20210311-IMG_2834s.jpg

背面収納の後ろ側に
たっぷりとパントリー収納を配しています。

20210311-R0003821s.jpg

↓ パントリー内部。

20210311-IMG_2736s.jpg

買い置きの食品やらこまごましたものやら
たくさん仕舞えますが、
死蔵品は出ないように浅い奥行きの棚です。

↓ キッチンからリビング方向。

20210311-IMG_2737s.jpg

広々とワンフロアで、
キッチンに居てもリビング全部が見渡せること。

施主さんの希望によって生まれた空間。

本好きなご一家なので、
リビングに造り付け本棚を造作しました。

↓ 水周り、脱衣スペースからトイレ方向。

20210311-IMG_2754s.jpg

ランドリー&脱衣スペースと
洗面スペースを引戸で仕切っていますが、
開け放つと、ひとつの空間になります。

これも、施主さんのご要望でした!

壁は珪藻土壁で調湿効果を期待。

床は別の現場で没になり、
ずっと、いいひで在庫していた...
Pタイルを使っていただきました。
( こう見るといいですよねー(^-^; )

↓ キッチンから、ランドリーを臨む。

20210311-IMG_2755s.jpg

梅雨時期大活躍だという...
ガス衣類乾燥機、乾太くん。

5人家族...8Kgを採用です。

また、脱衣には、
ちょっとした室内干しができるランドリーパイプと、
その下に下着やタオルの収納スペースを設けました。

きっと日常の衣類も収納されると思われます。

↓ 階段下を利用したトイレ。

DSC_4862s.jpg

コンパクトな空間ですが、
横入りの引戸で使いやすさを意図。

お子さんって
「お風呂~っ!」と言って服脱いだ途端に、
「トイレ~っ!」となること。。
結構あるそうで。。

トイレを 洗面脱衣 動線に近くしたい...
というご要望、最近多いです(^-^;

↓ 洗面前から浴室方向。

20210311-IMG_2766s.jpg

洗面はサンワカンパニー。
周りは白いモザイクタイルを貼りました。

↓ 浴室もタカラスタンダード。

20210311-IMG_2751s.jpg

タカラの特徴は、タイル床。
ホーロー壁パネル&ホーロー浴槽。

 日々使うところだから、
 耐久性のある丈夫なモノが良い

との、ご要望に沿っての採用。

ダウンライトを採用し白でまとめることで、
スッキリとした浴室空間になりました!

↓ リビングから階段で2階へ。

20210311-IMG_2805s.jpg

↓ 階段を上って見えるのが...

20210311-IMG_2800s.jpg

ご家族の手形♪

お子さん3人を、
お父さんお母さんで囲んでいます(^^)v

二階はプライベート空間で、
当初室内干し場を兼ねたフリースペースを検討していましたが、

納戸的な部屋も欲しい...
子供にそれぞれの個室...

家族の成長と変化で、
如何ようにも使えるよう
部屋として仕切ることに。。

↓ 完成時には広い部屋。

20210311-IMG_2771s.jpg

将来、2室に仕切れるよう、ふたつ入口を設置。
ここは無理してでも引戸にしたかったのですが、
色々な兼ね合いでムズカシかったのが残念。。(>_<)

個室は、この部屋含め4部屋。

↓ 二階ホール洗面コーナー。

20210311-IMG_2779a.jpg

サンワカンパニーW600。
1階と同じく、
白いモザイクタイルを貼りました。

↓ 洗面台の隣にトイレ。

20210311-IMG_2784s.jpg

2階は、トイレ以外、
バーチ無垢フローリングを採用。

20210311-IMG_2794s.jpg

1階のオークに比べて、
優しい表情になりました♪

最後に...
『 シンプルナチュラル 』
という意図を。。。

家は、こだわればデザインも設備も
多種多様な選択肢が溢れていますね。

長くこのお仕事をしていると、
時に、コダワリすぎた家は、、
カナシイカナ...施主さんに飽きが来て、
愛されない家になるコトも
見てきているので...(^-^;

20210311-IMG_2798s.jpg

施主さんに強いご要望がなければ、
シンプルでナチュラルな
空間提案をすることが多いです。

 無垢の木と塗り壁の心地よさ。
 既製品の建具だけれど
 飽きのこないシンプルなデザインを選ぶ。

シンプルナチュラルな空間は、
インテリア...カーテンや家具によって、
どんなテイストにも変わっていける包容力があるから。

ベースをしっかりとつくることで、
永く住む家が愛される家に
育っていくことを信じています(*^-^*)

↓ 隣の空き地に咲くタンポポ。

20210311-IMG_2906s.jpg

お引渡しの日。

お子さん達が
その空き地をのびのびと駆け回り、
足元のタンポポに目を留めて...

「 ウシオさーん!お花が可愛いョ 」
と、教えてくれました。

その時、、

郊外に住むことを選ばれた
Kさんご一家の家づくりは、
成功したなぁと感じました(*^-^*)

そして、
とっても素敵な笑顔での
和やかな締めくくりとなりましたが、
お顔出しは残念ながら出来ないので、
ご家族の手形で〆させていただきます(*^-^*)

20210311-IMG_2799s.jpg

5年前の土地探しから、
都内を離れる決意をして、
郊外に住むことを選ばれた。

コロナ禍での家づくりでしたが、
まだウッドショックの影響も受けずに、
お引渡しとなったこと...幸いでした。

ご夫妻が決断したタイミング。
本当に良い時の決心だったと思います!!!

家づくり...大変お疲れ様でした。
そして、おめでとうございます!!!!

これからもご家族仲良く
お仕合せでありますよう
心から祈っております(*^-^*)

施工してくださった
桜井ハウジングさん!

久しぶりな現場でしたが、
良いお仕事をありがとうございました!!!

↓ 今日の猫PHOTO。

IMG_5337.jpeg

ちょっと映りがイマイチですが...
朝、寝ぼけまなこで、
コロコロりんしているしまちゃん。

この姿をみて、
じめりとした朝なのに和めました(^^)v
猫たち、ありがとうね♡

今日は七夕の日。
広い世界のどこかでは
星が輝いている筈(*^-^*)


 今日も明日も明後日も
 笑顔がうまれる 
 いいひ でありますよう☆



  読んでくださった皆さまにとって
  素敵な 'いいひ' が訪れますよう...

  家での日々の暮らしが心地よいことが
  住む人の幸せに繋がります!!

  心を込めて ♪ (出美) 



いつも、応援ありがとうございます。
↓ ↓ にほんブログ村に参加しております
↓ ↓ 皆さまのあたたかいクリックに日々感謝です

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


≪ 過去記事もよろしかったらどうぞ♪ ≫
設計させていただいた家々が
ご家族に愛される家に育ってくれますように...♡
「 夕焼けの詩「家を建てるなら」 」
「 愛されていない家愛されている家 」
「 家の記憶 '続'最後から二番目の恋 最終回に。 」

Comments [2]

はじめまして。現在間取りを検討中のものです。
たくさんの素敵なお家にいつもワクワクしています。
今回、おたずねしたいことがありご連絡しました。
こちらのお家の1Fパントリーの広さを教えていただきたいです。可能であれば、棚の奥行きや通路幅についても教えていただけましたら幸いです。
お忙しい中すみません、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 20210821-IMG_7532.jpg
  • Cornishware-800x314.jpg
  • sakan_kodairahouse.jpg
  • 2021SUMMERS.jpg
  • HANNOHOUSESTORY20210713.jpg
  • khousestorymar2021.jpg
  • kodairanoies.jpg
  • IMG_3518.jpeg

アーカイブ

  1. 2021年9月
  2. 2021年8月
  3. 2021年7月
  4. 2021年6月
  5. 2021年5月
  6. 2021年4月
  7. 2021年3月
  8. 2021年1月
  9. 2020年12月
  10. 2020年10月
  11. 2020年9月
  12. 2020年7月
  13. 2020年6月
  14. 2020年5月
  15. 2020年4月
  16. 2020年3月
  17. 2020年2月
  18. 2020年1月
  19. 2019年12月
  20. 2019年11月
  21. 2019年10月
  22. 2019年9月
  23. 2019年8月
  24. 2019年7月
  25. 2019年6月
  26. 2019年5月
  27. 2019年4月
  28. 2019年3月
  29. 2019年2月
  30. 2019年1月
  31. 2018年12月
  32. 2018年11月
  33. 2018年10月
  34. 2018年9月
  35. 2018年8月
  36. 2018年7月
  37. 2018年6月
  38. 2018年5月
  39. 2018年4月
  40. 2018年3月
  41. 2018年2月
  42. 2018年1月
  43. 2017年12月
  44. 2017年11月
  45. 2017年10月
  46. 2017年9月
  47. 2017年8月
  48. 2017年7月
  49. 2017年6月
  50. 2017年5月
  51. 2017年4月
  52. 2017年3月
  53. 2017年2月
  54. 2017年1月
  55. 2016年12月
  56. 2016年11月
  57. 2016年10月
  58. 2016年9月
  59. 2016年8月
  60. 2016年7月
  61. 2016年6月
  62. 2016年5月
  63. 2016年4月
  64. 2016年3月
  65. 2016年2月
  66. 2016年1月
  67. 2015年12月
  68. 2015年11月
  69. 2015年10月
  70. 2015年9月
  71. 2015年8月
  72. 2015年7月
  73. 2015年6月
  74. 2015年5月
  75. 2015年4月
  76. 2015年3月
  77. 2015年2月
  78. 2015年1月
  79. 2014年12月
  80. 2014年11月
  81. 2014年10月
  82. 2014年9月
  83. 2014年8月
  84. 2014年7月
  85. 2014年6月
  86. 2014年5月
  87. 2014年4月
  88. 2014年3月
  89. 2014年2月
  90. 2014年1月
  91. 2013年12月
  92. 2013年11月
  93. 2013年10月
  94. 2013年9月
  95. 2013年8月
  96. 2013年7月
  97. 2013年6月
  98. 2013年5月
  99. 2013年4月
  100. 2013年3月
  101. 2013年2月
  102. 2013年1月
  103. 2012年12月
  104. 2012年11月
  105. 2012年10月
  106. 2012年9月
  107. 2012年8月
  108. 2012年7月
  109. 2012年6月
  110. 2012年5月
  111. 2012年4月
  112. 2012年3月
  113. 2012年2月
  114. 2012年1月
  115. 2011年12月
  116. 2011年11月
  117. 2011年10月
  118. 2011年9月
  119. 2011年8月
  120. 2011年7月
  121. 2011年6月
  122. 2011年5月
  123. 2011年4月
  124. 2011年3月
  125. 2011年2月
  126. 2011年1月
  127. 2010年12月
  128. 2010年11月
  129. 2010年10月
  130. 2010年9月
  131. 2010年8月
  132. 2010年7月
  133. 2010年6月
  134. 2010年5月
  135. 2010年4月
  136. 2010年3月
  137. 2010年2月
  138. 2010年1月
  139. 2009年12月
  140. 2009年11月
  141. 2009年10月
  142. 2009年9月
  143. 2009年8月
  144. 2009年7月
  145. 2009年6月
  146. 2009年5月
  147. 2009年4月
  148. 2009年3月
  149. 2009年2月
  150. 2009年1月
  151. 2008年12月
  152. 2008年11月
  153. 2008年10月
  154. 2008年9月
  155. 2008年8月
  156. 2008年7月
  157. 2008年6月
  158. 2008年5月
  159. 2008年4月
  160. 2008年3月
  161. 2008年2月
  162. 2008年1月
  163. 2007年12月
  164. 2007年11月
  165. 2007年10月
  166. 2007年9月
  167. 2007年8月
  168. 2007年7月
  169. 2007年6月
  170. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ