雑記 一覧

大小猫たちのぬくもりと重みで(笑)目覚めて...写真の猫たちに おはよって声掛けて、まだ暗いキッチンで珈琲を淹れ、明るくなるのを待つ。まだ泣いてしまうけれど、今朝も寒いけれど、そして鼻水が全然止まらないけれど、朝からグル... 続きを読む

 貝殻がぽつんと残された真っ新な白い砂浜。 波打ち際のレースのようなふちどり。 透明感ある水色から深い青色へのグラデーション。 波の音...潮の匂い... 潮風に身をあずけてぼんやり過ごすとき。 誰もいない何もない冬の海... 続きを読む

2015年。今年も残すところ、あと1日と少し。皆さまにとってどんな一年だったでしょうか。... 続きを読む

自分が車を持つのなら、ラシーンがいいなぁ...と、ハタチくらいの頃からずっと憧れていた車。私のもとにやって来てくれたのは、独立する前からだから...かれこれ12年...いや13年以上のお付き合い。一昨年に、ホワイトラシー... 続きを読む

Pray for Paris...Pray for World...ひとりの力は小さいけれど、祈ります。... 続きを読む

ひとりでも多くの方に知っていただきたい...そんな映画を観てきましたので、、今日は、その映画のことをご紹介させてください(*^_^*)一緒に暮らす 犬や猫 が、私たち人間にもたらしてくれるもの...それは、大きな大きな純... 続きを読む

薄紫色。ライラック色。優しいこの色に包まれたくなるのは、少し疲れた時。 理屈抜きに頭を撫でてもらえるような... 根拠なくても大丈夫だよって云ってもらえるような...おばあちゃんが好きだった色のせいか、その温もりを思い出... 続きを読む

大雨の被害に遭われた地域の皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。 ふわふわと愛らしく咲くお花は、夏の終わりから秋にかけて咲く、仙人草。「安全」「無事」という花言葉もありますが、私が好きな花言葉は、「美しい心」。 青いセー... 続きを読む

ガーベラの優しいピンク色に。穏やかで在ることが理想。。でも、生きていると、様々な想いをめぐらせてしまうこと、、仕方ないですよね。。ネガティブな想い...不安や恐れがある時こそ、ピンク色の優しい色に包まれると良いそうです。... 続きを読む

小さな我がベランダで、秋咲きの薔薇が咲き始めています♪こんな風に季節は確実に移り変わり、、9月に入り一年の後半戦ですが、どーーーーーーーーーーーーも、ワタシ自身が日々に付いていけていない、、今日この頃でした。(^_^;)... 続きを読む

*Love&Peace*を。

濃い緑の匂い。森を抜けるせせらぎの水音。木漏れ日の下、可憐に咲く、エゾノシモツケソウのピンク色の花。自分が生まれたその場所で、穏やかに静かに、その場所に佇む植物たちは、つくづくと美しい。朝露も、なめらかな葉も、美しくそこ... 続きを読む

- 戻らない季節の輝きを - 過ぎゆく一日の儚さを- はしゃぎ過ぎた夕暮れの寂しさを- あなたがおしえてくれた( 今井美樹 'あなたがおしえてくれた' より )土曜日の午後に、いただいた紫陽花♪青~紫へのグラデーションが... 続きを読む

Everyday Happiness*寄り添う小鳥たち。北欧のRosa Ljung(ロサ・ユング)デザイン、、陶器のオブジェ。ふっくらした胸元に描かれている、、菫色のお花が何とも可愛い♡♡大宮の雑貨屋さんで一目惚れ。- ... 続きを読む

こんなふうに美しい暮れ空に出合えた日は、ご褒美をもらえたようで、嬉しくなる。年明けてから、今日まで。。 思いもよらなかった出来事への悲しみと憤り、、 思い通りに生きられないモドカシサ、、 進む路を決められない歯がゆさ。。... 続きを読む

優しさが詰まったブーケのなかに、こでまりの白い花が...(*^_^*)愛猫あまちゃんが大好きだった花。朝の柔らかな光のなかでパチリ♪週末に、ご提出予定の初回プラン、、どうしても2案浮かぶのに、2案目をまとまりきれず、粘っ... 続きを読む

- 一緒に居られない日が来ても- ボクのことを 忘れないで- ボクは ずっと きみの心の中にいるから   A. A. Milne 作 『くまのプーさん』 プーさんと親友クリストファーロビンとの会話から。この文章は、メッセ... 続きを読む

日常を暮らす家が、心地よいことは、、人生の時間の幾分かは、、自動的に幸せだということ。。その家は、カッコつけ過ぎなくってもいい。経年を愉しめる漆喰壁や無垢板の家。大人可愛い木の建具や家具やキッチン。愛する家族、、愛するペ... 続きを読む

ぽってりと塗り込めた白い壁のニッチ。光を柔らかく受けている、優しいその表情。。アンティークのVirolの小瓶に、白いラナンキュラスを活けて、カメラを持ち出す花冷えの朝。久しぶりのマクロレンズくん登場 ↑↓ ^^贅沢に重な... 続きを読む

東京、、桜が満開です!!街を歩くと、フレッシュな新人さんたちが、ぎこちなさそうにスーツを着て歩いていて、本当に新しいシーズンが始まったのだなぁと実感。気分がLow気味な時、ジメジメな梅雨やどんより寒い冬だったりしたら、... 続きを読む

日常。時として退屈で、でも、この上なく幸福であるもの。日常、、家での暮らしを心地よく過ごせたら、人生の幾分かは自動的に幸せだと思って、家づくりの お仕事 を生業とする私。家での暮らしを心地よくする要素には、庭や草花の存在... 続きを読む

再生することを。穏やかな日常の暮らしが戻ることを。こうして、春のひだまりに咲く花たちも、冷たく暗い地面の下で、きっと、じっと春を待っていた。どんなに厳しい冬から、今、抜け出せないと感じたとしても。 枯れ地の下から、力強く... 続きを読む

- 何が在れば幸せになれる?ワタシ、結構、海外ドラマ好きなのですが、、(^_^;)久しぶりに観かえしたドラマの最終回、、あるワンシーンが、心に響いています。。... 続きを読む

小さな春、見ぃつけた!!冬枯れた野に、ひっそり咲く、、美しい青色の花、、おおいぬふぐり。こちらは、丘の家の奥さまと訪ねたカフェで発見(*^_^*)目を凝らさなければ見えない位、小さな花。でも、、この花を見つけると、、春... 続きを読む

窓辺の小さなニッチは、アイビーを摘んで飾ったり、季節の花をココットに活けたりするのにぴったり。小さな飾り棚には、季節ごとにポストカードを並べて、、ちょっとしたギャラリースペースに♪↓ 我が家のトイレ、、海外旅で買ってき... 続きを読む

朝の柔らかな光に充たされる窓辺。花瓶の水を入替えて、花とお喋りするカメラ時間。ピンクのチューリップの花言葉は、、「 愛の芽生え 」「 誠実な愛 」ぴったりな花言葉ですよね~(*^_^*)さて、今年いただいた年賀状を整理。... 続きを読む

プロフィール

写真:牛尾 出美

一級建築士
牛尾 出美
(ウシオ イズミ)

1973年2月生まれ。暮らしと家が大好きな女性建築士。東京都江東区のリノベーションしたSOHOマンションで住宅設計事務所を運営。
シアワセを感じるコト&モノは、猫・カメラ・旅・花・珈琲・映画・読書♪

いいひ住まいの設計舎 一級建築士事務所

代表:
牛尾圭一、牛尾出美
資格:
一級建築士2名
構造設計一級建築士1名
一級施工管理技士1名
住所:
東京都江東区東陽2-3-1-106
電話:
03-3648-5711
FAX:
03-3648-5712

事務所プロフィール

カテゴリ

サイト内検索

最近の写真

  • 06172017SUMMER.jpg
  • ECOLO-Village20190617-(1).jpg
  • AHOUSE-collage20200610S.jpg
  • okanoiecollage2020ss.jpg
  • IMG_5528.jpg
  • London2017summerPrivateGardencollage.jpg
  • khousemarch2020collages.jpg
  • 20170618-IMG_2312s.jpg

アーカイブ

  1. 2020年6月
  2. 2020年5月
  3. 2020年4月
  4. 2020年3月
  5. 2020年2月
  6. 2020年1月
  7. 2019年12月
  8. 2019年11月
  9. 2019年10月
  10. 2019年9月
  11. 2019年8月
  12. 2019年7月
  13. 2019年6月
  14. 2019年5月
  15. 2019年4月
  16. 2019年3月
  17. 2019年2月
  18. 2019年1月
  19. 2018年12月
  20. 2018年11月
  21. 2018年10月
  22. 2018年9月
  23. 2018年8月
  24. 2018年7月
  25. 2018年6月
  26. 2018年5月
  27. 2018年4月
  28. 2018年3月
  29. 2018年2月
  30. 2018年1月
  31. 2017年12月
  32. 2017年11月
  33. 2017年10月
  34. 2017年9月
  35. 2017年8月
  36. 2017年7月
  37. 2017年6月
  38. 2017年5月
  39. 2017年4月
  40. 2017年3月
  41. 2017年2月
  42. 2017年1月
  43. 2016年12月
  44. 2016年11月
  45. 2016年10月
  46. 2016年9月
  47. 2016年8月
  48. 2016年7月
  49. 2016年6月
  50. 2016年5月
  51. 2016年4月
  52. 2016年3月
  53. 2016年2月
  54. 2016年1月
  55. 2015年12月
  56. 2015年11月
  57. 2015年10月
  58. 2015年9月
  59. 2015年8月
  60. 2015年7月
  61. 2015年6月
  62. 2015年5月
  63. 2015年4月
  64. 2015年3月
  65. 2015年2月
  66. 2015年1月
  67. 2014年12月
  68. 2014年11月
  69. 2014年10月
  70. 2014年9月
  71. 2014年8月
  72. 2014年7月
  73. 2014年6月
  74. 2014年5月
  75. 2014年4月
  76. 2014年3月
  77. 2014年2月
  78. 2014年1月
  79. 2013年12月
  80. 2013年11月
  81. 2013年10月
  82. 2013年9月
  83. 2013年8月
  84. 2013年7月
  85. 2013年6月
  86. 2013年5月
  87. 2013年4月
  88. 2013年3月
  89. 2013年2月
  90. 2013年1月
  91. 2012年12月
  92. 2012年11月
  93. 2012年10月
  94. 2012年9月
  95. 2012年8月
  96. 2012年7月
  97. 2012年6月
  98. 2012年5月
  99. 2012年4月
  100. 2012年3月
  101. 2012年2月
  102. 2012年1月
  103. 2011年12月
  104. 2011年11月
  105. 2011年10月
  106. 2011年9月
  107. 2011年8月
  108. 2011年7月
  109. 2011年6月
  110. 2011年5月
  111. 2011年4月
  112. 2011年3月
  113. 2011年2月
  114. 2011年1月
  115. 2010年12月
  116. 2010年11月
  117. 2010年10月
  118. 2010年9月
  119. 2010年8月
  120. 2010年7月
  121. 2010年6月
  122. 2010年5月
  123. 2010年4月
  124. 2010年3月
  125. 2010年2月
  126. 2010年1月
  127. 2009年12月
  128. 2009年11月
  129. 2009年10月
  130. 2009年9月
  131. 2009年8月
  132. 2009年7月
  133. 2009年6月
  134. 2009年5月
  135. 2009年4月
  136. 2009年3月
  137. 2009年2月
  138. 2009年1月
  139. 2008年12月
  140. 2008年11月
  141. 2008年10月
  142. 2008年9月
  143. 2008年8月
  144. 2008年7月
  145. 2008年6月
  146. 2008年5月
  147. 2008年4月
  148. 2008年3月
  149. 2008年2月
  150. 2008年1月
  151. 2007年12月
  152. 2007年11月
  153. 2007年10月
  154. 2007年9月
  155. 2007年8月
  156. 2007年7月
  157. 2007年6月
  158. 2007年5月

このページの上部へ

このページの上部へ